This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

病弱だったじぶん

私は幼い頃から病弱で、幼稚園には半分も行ってないのではないでしょうか。

入退院を繰り返し、医師に新種の病気かもしれないと研究材料にされたことも

母親とかけっこをしていたら息が出来なくなって、心臓マッサージを受けたことも


いまとなっては笑い話です、両親には心配と迷惑を掛けましたが。


でも、年を重ねるにつれて丈夫で健康な体になりました。

喘息も突然治るし、今では風邪も引かなくなりました。

年中マスクをして、痩せっぽっちで小さかった自分が今となっては懐かしいです。

病弱だった数年間を経て、私は生きているだけで幸せだと思うようになりました。

だからこそ、両親に感謝しているし、本当に信頼出来るようになったんだと思います。

夢を持つことさえ叶わなかったかもしれないこの体で、今本当にやりたい仕事を追い続けられること。

これってすごく幸せなことなんです。

あの時の自分に、今はテレビ局の中で憧れの人たちと仕事をしているよ。

やりたかったドラマの仕事も出来たし、出演者の人にも褒められたんだよって伝えてあげたい。

友達も出来て、大切な仲間も出来て、走り回って、今私は心の底から笑えてるよって。


そう伝えてあげたいです。