This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

世界一周して体育会だったのに全く就活で無双できなかった

就活の話しをする前に過去の話をします。

大学入試を受けると決めた時に『将来色々な国に行って仕事をしたい!』という安直な理由から商社で働きたいと思っていました。その為には慶應大学商学部に受かれば行けると思い、大学入試の勉強を開始。

高校入学時から成績は最下位に近いくらい良くなかったけれど、高校2年時からは必死に勉強して、学年の上位10%に入ることが出来たり、英語のテストでクラス2位を取ったりしていました。

ですが、蓋を開けてみると受かったのは滑り止めで受けた東洋大学のみ。

自分よりも出来ないと思っていた人たちの方が自分よりも良い大学に受かっていたりして、これほどの悔しい思いをしたのは当時が初めてでした。

何とか、補欠だった学習院大学から繰り上げられ入学することが出来ました。

浪人することも考えましたが、勉強があまり好きではなかったこと、浪人すれば必ず受かる保証もなかったので進学することに。

入学してから、体育会だと就活に有利というある種の都市伝説を信じていたこと、単純にバスケが好きだったことから体育会に入ることを決意。入ったものの周りとの差があり、練習についていくことがやっと。

毎回怒られて、遅刻や物忘れをして迷惑をかけまくって自分でも何で辞めないのか疑問で仕方なかった。同期のやつらが良いやつじゃなかったら絶対に辞めていた。

そんなある日、たまたま本屋に寄ったら

"学生でも世界中の国々を旅することが出来る"ことを知った。

直感で自分もやってみたいと思った。気づいたら旅のことをひたすら調べてた。

19歳の時に父親から「20歳の誕生日は何が欲しい?」と聞かれ、「世界一周したい!」と答えたのを今でも覚えている。

始めはいろいろと反対されたが、何度も言っていくうちに納得してもらい大学3年時に休学。所属していた部活も休部し、半年間アルバイトをし、残りの半年間でフィリピン留学と27ヵ国の旅をした。「旅とかただの遊び」「何も意味ない」とか色々言われたけど、旅して良かったと思う。そう思わないとやってられない。

旅した後に会う人に「何も変わってない」「何も学んでない」とか散々言われたけど、そうかもしれない。旅して変わるようだったら今までの残りの時間はなんだったのだろうかと思ってしまう。旅をしていた期間よりも旅をしてない期間の方が圧倒的に長い。旅をしていない期間から変わらないと人は変われないと思う。

こうしてブログを書くようになったことも自分の中の変化の一つのように思える。

「旅したら人生変わる」ってよく言われるけど全くそうは思わない。

旅をしたら変わるのではなく、旅が変わるきっかけをくれるだけ

部活の話や旅の話は置いておいてこれからは就活の話。

タイトルにある通り就活は本当に苦労した。

就活解禁の3ヶ月前に最終面接をやっていたこと、難関インターンの選考をパスしたことから、就活はイージーだと完全に勘違いしていた。油断は禁物なのに油断しかしていなかった。 世界一周したし、体育会だから絶対に余裕だと思っていた

だけど現実は違った。ESは通り1次面接には進めるものの2次面接で落とされたり、3次面接で落とされることが多かった。

最終まで行ったのは大手証券会社2社、アパレル1社、通信1社と不動産1社と内定をもらった人材会社の合計6社。30社以上ESを出したのにも関わらず受かったのは春から勤務予定の1社のみ。しかも学校の推薦で。

どうして受からなかったのかを振り返ると

肩書きだけで中身が全くなかったから

ただ、体育会に所属して、旅をしてただけだったから。これに尽きる。

言うならばそこそこ良いピストルを持っていたが手持ちの弾がない状態

そんなんじゃ内定という的を射ることはできない。逆に言えば良いピストルを持っていなくても手持ちの弾が高性能だったり、保持している弾の数が多い人だったり、カスタマイズ出来ている人は自分の行きたい企業から内定をもらえる。

この記事を読んでくれている人には是非とも

良い弾を事前に補充しておいて欲しい。

じゃあどうやって?と思う人も多いかもしれないが、やり方なんていくらでもある。例えば、資格を取ることだったり、本を読んで知識を得ることだったり、長期インターンで結果を残したり、留学したりなど。

ここから言えるのは人に語れる努力をしようということ。

自己満だけの何の意味もない努力をするのはやめよう。

目標、目的を持ってそれまでのプロセスをしっかり自分で考えてPDCAサイクルを回そう。そうすれば人に語れる努力をきっとできるようになる。

ぐちぐち言って行動しない、まだ本気を出してないと言い訳するのが一番ダサい。

まずはやる。やってからぐちる。そうしないといつまで経っても口だけになってしまう。自戒を込めてこの文章を書いてます。

「中途半端が一番よくない」同じ中学、高校、予備校だったやつがこの前飲んだ時に言っていたセリフ。本当にそう思う。どうせやるなら全力で。

就活で良い会社、行きたい会社から内定が欲しかったら「その企業が何がなんでも欲しい!」と思うような人材にならないといけない。

その為には行動しないといけない。自分を変えられるのは自分だけ。変わるなら今から。

自分みたいな過ちをしないでください。皆さんの健闘を祈っています。