This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

飛鳥 石川

株式会社モンスター・ラボで副部長を担当しております。私の部門では、クライアント企業向けにITコンサル、ITシステム開発のサービスを提供しています。その中で、私の役割は、各プロジェクトがその目的を着実に達成するようマネジメントすることと、自社組織が成長するための施策の立案と実行をすることです。 高校、大学、大学院はイギリスに留学し、主に情報科学を勉強していました。約10年の留学期間の中で、日本人としてのアイディンティティを意識するようになりました。その中で、日本の製造業に対して誇りを持つとともに、留学の経験を日本の製造業の海外進出に生かしたいと思い、株式会社 東芝に入社しました。 2006年当時、日本の携帯の技術力の高さに感銘を受け、携帯電話の組み込みソフトウェアの開発に従事しました。その後、東芝の携帯電話の事業は2010年に富士通に事業譲渡されることになります。東芝、富士通在籍時は、ガラケー、Windows Mobile・CE、Android端末の組み込みソフトの開発を担当しました。これまで、インド、中国、台湾、ベトナムにて、オフショア開発プロジェクトを担当しました。 2014年からはリクルートキャリアに入社し、主に人事・採用のBPR(Business Process Re-engineering)プロジェクトに携わりました。リクルートキャリアでの業務やカルチャーはとても魅力的ではありましたが、COOというキャリア目標に速く近づきたいという思いが強くなり、事業全体を俯瞰しやすく、様々な業務に接することができる企業への転職を考えました。 以下を軸に転職活動をしておりましたが、モンスター・ラボが合致すると思い、入社しました。 ①会社の仕組みを体系的に把握できること。幅広く業務に挑戦できること。 ②海外への事業展開を積極的に実施している。 ③働いている人が魅力的であること。 モンスター・ラボに入社して約1年になりますが、概ね目的を達成できていることを実感しています。

Tools 飛鳥 石川 uses