1
/
5
プロダクトマネージャー
Mid-career
on 2021-08-12 491 views

スーパーマーケットの理想のアプリを一緒につくるプロダクトマネージャー募集

D&Sソリューションズ株式会社

D&Sソリューションズ株式会社 members View more

  • 検索連動型広告のセールスや大手GMSのネットスーパー/ネット通販のサービスの立ち上げやマーケティングに携わって、2008年に博報堂プロダクツに入社。大手流通グループのマーケティング支援、ECサイトの立ち上げ・運営をはじめとして、流通まわりのネットサービスの開発・コンサルティングなどを主に担当したのちに、小売企業様向けのスマホアプリのサービス「Katta!」を立ち上げました。現在は食品卸の日本アクセスでマーケティングを担当し、IT子会社のD&Sソリューションズにてリテールテック事業の推進をしています。

    小売領域で働くみんなが、やりたいマーケティングにどんどんチャレンジできるように、その先...

  • 結城 駿
    CTO

  • Unix系システムの運用エンジニアからキャリアスタートし、世紀の変わり目前後は、大手電機メーカの社内イントラWebシステムの運営に携わる。
    2007年4月から2019年3月までIDCフロンティアに在籍。前半は、データセンター内お客様ネットワークの提案、プリセールス、構築時プロジェクトマネージャ、運用設計等に従事。後半は、ビッグデータ活用基盤サービス専任のソリューションアーキテクトとして、業種を問わず数々のデータ分析の導入PJに参画。
    2019年4月現在は小売企業のデータ活用を推進する事業にて、サービス開発、データ連携、ITインフラ等を担当中。

What we do

  • 小売サービスにとって重要なのは基幹システムとの連携。この連携をヘッドレス化により柔軟なサービス開発ができる構造に変える取組をしている。
  • D&Sの仕組みはスーパーマーケットという業態に特化したバーチカルSaaS。小売企業特有の売り方に対応したさまざまなモジュールを用意しているから、開発不要ですぐにサービスが実現できる仕組み。

D&Sソリューションズ株式会社は、日本の食のインフラを支えている食品卸の1つである「日本アクセス」の100%子会社です。日本の小売業界のDXを支援するため、社内ベンチャーとして「情報卸」事業をはじめました。

ー 情報卸とは ー

私たちのサービスは、小売、なかでもスーパーマーケット業態に特化した仕組みです。スーパーマーケットに携わる人たち、つまり、製造・配送・販売に関わる小売業界で働く人たちの課題を解決するためのアプローチをしています。

基幹システムなどから、情報卸にデータ連携をするだけで、D&Sが独自で開発をしているスマホアプリ、LINEミニアプリ、POS分析アプリ、そして、3rd Partyが作るさまざまなサービスにすぐに連携が可能になります。

スーパーマーケットのITが遅れているのは、構造的な課題であると私たちは考えています。
情報卸ではその構造的な問題の解決のため、自社プロダクトを開発してSaaSとして提供しています。

独自開発したリテールプラットフォーム「RETAILSTUDIO」
・独自のダイナミックプライシング
・スーパーマーケットに特化したLINEミニアプリ

がすでに複数の小売企業で採用されています。

▼リテールDX、はじめました。
https://note.com/mczkhrs/n/necb0ffd9406c

▼いなげやのLINEミニアプリ
https://www.ds-solutions.co.jp/news/detail/2021/0304.html

▼阪急オアシスのLINEミニアプリ
https://www.ds-solutions.co.jp/news/detail/2020/1028.html

▼コープさっぽろのダイナミックプライシング
https://www.ds-solutions.co.jp/news/detail/2020/1026.html

ー レガシーな卸が挑戦する、小売業界の未来をつくるスタートアップ ー

小売業のITの取組みが遅れている。 これはたくさんの小売業さまが感じていること。実際に、とても多くの小売業さまからこのことを言われます。

・構造的に利益率が低い業界。
・店舗や基幹システムなどの設備に膨大な投資がかかり、他に投資する余裕がない。
・ITを推進する人材がいない。

海外の大手小売業界では、IT企業を買収したり、自社でエンジニアをたくさん抱えて、とても便利なサービスをつくりあげています。ただ、日本では異なる状況です。私たちはこれを構造的な課題であると認識しています。だからこそ、この業界が抱えている構造的な課題を解決したい。

たとえば、スーパーマーケットはセルフで買い物をする業態。
だからこそ、商品の良さを店頭で伝えるには限界がある。
これも構造的な課題です。

製造・配送・販売の流れのなかで、実は「情報流」の進化だけが取り残されています。
そして、もはやこの構造は1社では解決できないくらいのとても大きな課題になっています。

なのであれば。
業界すべてを巻き込んで、製配販の流れに、みんなで力をあわせて解決できる仕組みをつくることで、解決できるのではないだろうか。

日本最大規模の売上を誇るレガシーな卸が、スタートアップのように挑戦するとどうなるのか。
やり方はスタートアップさながらに。
でも、大手企業のなかでのスタートアップならではのいいとこ取りを徹底的にしていく。

普通のスタートアップの挑戦とはまた違った戦い方。
見える世界が変わってきます。

顧客の課題に徹底的に向き合い、課題に対する解像度を徹底的に高めていく。
プロトタイプをつくり、顧客と対話し、超高速でテストを繰り返しながら精度をあげていく。
あたりまえの在るべき姿を、あたりまえのように実現していく。

「みんなの力で、いつものお買い物にわくわくを実装する」
基幹システムと連携しながらも、基幹システムの制約にしばられない自由なサービスをつくっています。

Why we do

  • 情報卸は、データをおあずかりすることで、様々なITサービスに一瞬でつなぐことができる。開発コストだけでなく、失敗リスクも大幅に減らすことが可能。

日本最大規模の卸だからこそ、できることがある。
私たちは、大きな会社の新規事業としてのスタートアップですが、バックボーンがとても特殊です。

そもそも食品卸は海外ではあまり例がありません。日本の独特の文化として発達した食品卸は、小売企業とメーカー企業の間にいる中間流通として、その価値を提供してきました。
日々、とてもたくさんの商談を通じて、小売企業とメーカー企業双方の悩みを聞いてきたのです。
だからこそ、私たちが提供できることがあります。

ー 圧倒的に解像度が高い「業界課題」への理解が強み ー

レガシーな卸が、いままでとまったく異なるアプローチで、業界が抱える構造的な課題を解決するためのテクノロジーチーム。1stプロダクトをリリースしてまだ1年も経っていませんが、成功事例も出てきて、導入企業がどんどん増えています。

その秘訣は、圧倒的に解像度が高い「業界課題」への理解。

親会社の日本アクセスでは2,000社の小売企業さまと10,000社のメーカー企業さまとの取引に恵まれており、業界の課題への理解や業務の解像度が圧倒的に強い。そのなかで挑戦をするスタートアップチームは、徹底的に課題解決のど真ん中に向き合っています。

たとえば、購買データ、商品マスタ、在庫の問題、配送の課題、商談でどういう課題が存在しているのか。そして小売企業が売場で何に悩み、メーカー企業が日頃何に悩んでいるのか。ここまで圧倒的な業務への解像度を深めてくれる環境は、日本最大規模の卸の存在があってこそ。

スーパーマーケットはセルフで買い物をする業態ですが、だからこそ

その中のスタートアップチームとして、取組むべき課題が明確です。
お金はもちろん大切ですが、目の前の日銭を稼ぐことより、より大きく、本質的な問題解決に向き合う。これが私たちが自信をもっていえる私たちのバリューそのものです。

小売企業やメーカー企業にとってのまったく新しいサービス開発チームになっていく。
業界の構造的な無駄を減らすことで、見えてくる未来がある。

ー プロダクトを自分たちで開発するからこそ、次の打ち手が見えてくる ー

私たちは、受託開発を一切しません。
受託・委託の関係ではなく、小売企業・メーカー企業・ITサービス企業とパートナーシップを組むことで、業界にとってのよりよい変化を促すためにできるやり方がある。
だからこそ、自分たちでリスクを負って、自分たちがプロダクトをつくっていく。
そうすることで、圧倒的にはやいスピードでプロダクトの改善が実現していく。

そして、そこで産み出された価値に対して対価を頂く。
プロダクトの開発費用は頂かず、Enterprise SaaSとしてサービス利用費を頂いています。
継続的に使って頂けるようにするためにはどんな機能が必要なのか。
もっと効果を高めるためにはどんなプロダクトであるべきなのか。
より使いやすいプロダクトのために、解決するべきボトルネックがなにか。
私たち自身が、プロダクトに全力で向き合う環境があります。

とはいえ、まだチームは10人ほど。
レガシーの強みと、スタートアップの強みを掛け合わせた、まったく新しいチームです。

スタートしたばかりの新規事業ですが、もっと強いプロダクトにしていきたい。
そのために、一緒になってプロダクトにわくわくしながら全力投球するメンバーを募集しています。

How we do

ー 雰囲気・文化 ー

D&Sソリューションズの情報卸チームは、まだまだはじめたばかりで中途採用のメンバー中心です。
そのため、組織はとてもフラット(フラットすぎ?)で、まさに創業期、という感じ。30-40代のメンバーが中心となっていて、すこし大人なスタートアップな雰囲気です。

といいつつも、社内ベンチャーならではのスピード感をはじめとして、独自性・本質志向・オープンさ・挑戦を大切にするカジュアルな雰囲気です。(執務室は日本アクセスのオフィスの一部を間借りしています)

少し変わっていると言われるのは、そのフラットさが開発チーム全体にまで浸透していること。開発チームのメンバーの一部は業務委託メンバーなのですが、まるで自社メンバーのようにあまり「会社の境目」がなくフラットにプロジェクトの担当をしています。情報はできる限り透明化しています。

また、プロジェクトのスタイルとしては、開発メンバーの全員が同じ執務室にいるわけではないので、必然的にSlackやZoom、Jira、Confluenceなどでの業務が中心。オフィスにいなくても基本的に業務ができる状態がデフォルトです。クライアントともプロジェクト管理ツールを活用しながら、MTGを重ねています。

もちろん規定など親会社の日本アクセスの基準に準ずる部分もありますが、独自に環境などを用意していて、できるだけ働きやすい環境を目指しています。

※現在はリモートワークが中心ですが、フルリモートを推奨しているわけではありません。業務の状況や必要に応じて出社したほうが効率がよい場合もあるため、チームごとに状況をみながらプロジェクトの推進をしています。

創業期あるあるなのですが、まだまだ整っていないことだらけで、ひとりひとりの裁量がとても大きく、さまざまな意志決定にメンバーの熱い想いが反映しがちです。

メンバーに共通しているのは、ぼくらが提供するサービス・プロダクトが、きっとこの世界をよく出来ると信じていること。プロダクトを単につくるだけではなく、それを届ける世界の大きさがとても大きいことが、ワクワクする要素のとても大きい部分だなと思っています。

ー 働く環境 ー

D&Sの執務室は日本アクセスの本社(大崎)の一部のスペースを間借りして推進しています。日本アクセス自体は歴史が長く、ややお堅めな雰囲気かもしれませんが、D&Sの新規事業チームは、Tシャツにジャケットなどのビジネスカジュアルな服装で働いている人が多いです。

As a new team member

小売企業に現在提供している「スーパーマーケットに特化したLINEミニアプリ」をさらにバージョンアップさせるべく、理想のアプリを一緒につくるプロダクトマネージャーを募集します!
LINEミニアプリだけではなく、ネイティブアプリの開発プロジェクトもスタートしました。

また、スーパーマーケット特有の売り方に対応した仕組みになっているうえに、基幹システムからのデータ連携ができる仕組みになっているため、これまでにできなかった深い次元での機能を開発することが可能です。

わくわくするような理想のアプリ開発を、ぜひ一緒にやりましょう!

▼お任せしたい業務内容
・リテールDXの推進を支える「情報卸」のプロダクト開発をお任せします。
・現在はCTO、サーバサイドエンジニアの2名がフルタイムです。
・すでに開発してリリースしているプロダクト以外にも、これから開発がはじまるプロダクトが複数同時並行で走っています。すでに複数の顧客に採用頂いている既存プロダクトのアップデートと、新規プロダクトの企画から開発、そして開発チームのマネジメントも担って頂きたいと考えています。

プロダクトの範囲はサービスの特性上とても広く、フロントエンドからバックエンド、分析からメディア開発・広告配信まで幅広い領域が担当範囲となります。ただ、非常に領域が広いため、どの領域をカバーするかについては協議のうえで役割分担をする可能性もあります。

機能単位の追加やアップデートのみならず、全く新しいプロダクトの開発についてもお任せします。開発チームのマネジメントだけでなく、状況によってプロトタイプの開発もお任せします。

・各プロダクトのロードマップの策定
・新プロダクトの企画・要件定義・開発(プロジェクトの進行管理も含む)
・既存プロダクトのアップデート
・開発チームのマネジメント
 - 現在は業務委託メンバーもふくむ、得意領域が異なる複数社から構成される約30名程度の開発チーム
 - 全て準委任での開発体制をとっています。
・新規得意先に対する導入のプロジェクトマネジメント・開発

▼ポジションの魅力
・新規事業立ち上げメンバーとして、組織の立ち上がりを経験できるタイミング。
・小売業界の課題に対する解像度がとても高いメンバーとともに開発するプロダクトのフィードバック環境は、リテールDXのプロダクトを作るにあたって日本最高水準。小売業界の業界構造/商習慣/システム/オペレーション/マーケティング等に対する圧倒的な高い解像度でとても濃度の高い経験を積むことができます。
・小売・メーカー・卸のすべての業態からフィードバックがもらえる環境。
・大手食品卸を親会社に持つこともあり資本的に安定しているがゆえに、プロダクトの開発と課題の解決に対して本当の意味で全力投球できます。
・まだだれも達成できていない「リテールDXのあるべきプロダクト」についての解の提示に挑戦できます。
・小売企業からサービス開発に必要な大量のデータをお預かりするので、そのデータを駆使したさらなるサービス開発が可能です。

▼こんな方におすすめ
・リテールのDXをやりたい!
・難易度の高いプロダクト開発ほどわくわくする
・仕様が決まっていない段階から、あるべき理想と現実のすり合わせができる
・時間軸でプロダクトの成長段階をイメージして言語化できる

▼技術構成
React / Nuxt.js / PHP / GCP / AWS など

▼必須要件
・課題に対する解決策について、チームに共有/浸透させることができる言語化能力
・様々な現象から課題および解法を導く抽象化/構造化能力
・チームのベクトルを合わせることができるリーダーシップ
・ITの知識がない相手に対して懇切丁寧説明し、共通理解を構築できる根気とコミュニケーション能力
・HTML/CSS/TypeScriptのプログラミングスキル
・Reactを用いたSPAの開発経験
・デザインやUIへの興味・関心
・Webアプリケーションのバックエンドの開発、運用経験
・認証、認可、セキュリティの基礎知識
・Gitでの開発経験

▼歓迎要件
・AWS/GCP/AzureなどのIaaSクラウド上での開発、運用経験
・ユーザー体験を考慮したインタラクション/アニメーションの実装スキル
・エンタープライズ向け業務アプリケーションの開発・運用経験
・スクラム開発、ペアプログラミングの経験
・小売領域のサービス開発経験
・データ分析への興味・関心

Other users cannot see whether or not you're interested.
2 recommendations
Company info
About D&Sソリューションズ株式会社
D&Sソリューションズ株式会社
  • Founded on 2002/06
  • 14 members
  • 東京都品川区西品川一丁目1番1号 住友不動産大崎ガ-デンタワー
  • About D&Sソリューションズ株式会社
    スーパーマーケットの理想のアプリを一緒につくるプロダクトマネージャー募集
    D&Sソリューションズ株式会社