1
/
5
Mid-career
プロジェクトマネージャー/医療
on 2021-06-22 100 views

医療機器分野において共に社会インパクトを目指す プロジェクトマネージャー

株式会社Splink

株式会社Splink members View more

  • Hirohumi Shido
    UI/UX デザイナー

  • ScaleOutでHadoop等を用いたデータ解析の基盤開発に従事した後に、東京大学博士後期課程に進学。専攻はデータベース工学。博士号取得後、株式会社SplinkにてAI研究向けのデータ基盤開発に従事。

What we do

◆医療AIを用いたブレインヘルスケア®を提供するテックカンパニー
 人生100年時代となり、私たちが生涯現役で幸せに暮らしていくためには、身体の健康はもちろん、脳が健康であることも必須です。
 当社は「ブレインヘルスケア®」という言葉を創出し、脳科学×AIにより、認知症をはじめとした脳神経疾患の早期診断・予防に繋がるソリューションの開発・提供を行い、多くの人々が100歳でも自分らしく、人々のつながりのなかで活き活きと暮らせる未来づくりを目指します。
 
 現在、クリニック・病院施設に検査事業を展開しており、事業を通じて得られた知見とデータを生かした、医療機器開発に取り組んでいます。今後は、医療機器メーカー等、外部との事業提携に伴い、更なる事業拡大を進めていきます。

 下記URLにて、会社・事業・組織についてご紹介しておりますので、ぜひご確認ください。
ttps://www.figma.com/proto/uIWmolYulEYVW7tzAyWCK1/Splink_Company_Deck?node-id=50%3A0&scaling=min-zoom

【私たちの事業】
◆Clinical SaaS事業
早期段階で脳の健康状態を可視化できる検査サービスを提供しています。
AIによる早期発見・早期予防行動を促し、発症を未然に防ぐことを目的としたサービスです。既存技術の限界により従来はカバーできなかった健康状態までも、サイエンスとテクノロジーによって可視化し、人々に対し広く使われる検査サービスとして提供しています。医療機関や大手企業の顧客を中心に拡大中です。

◆全脳解析技術基盤(開発中)
臨床学会トップの医師の知見とディープラーニングをハイブリッドした脳データ解析基盤の開発を進めています。データベースが深層化し、アプリケーションが無限に拡大していく可能性を秘めた、現在新規企画及び開発中のプロジェクトです。

Why we do

◆高齢化課題先進国から、世界最先端のモデルを作る
当社代表である青山は株式会社キーエンスで海外現地法人の立上げや経営に携わっていました。メキシコ駐在時代、青山は父の脳疾患の事態を知り、専門医による検査で疾病がわかったものの、10年以上前から父は病気を患っていたことが明らかになります。この事実に強い憤りを覚えた青山は帰国を決意。医療先進国であるアメリカやヨーロッパに渡り、世界の健康・医療問題の事情を研究し、脳科学分野における様々な医師や科学者の協力を得ながら、Splinkを始動。
高齢化課題先進国であるからこそ、その課題解決のノウハウはグローバルに活用できると信じています。

※よろしければ、代表の青山のインタビュー記事もご参照ください
https://mynavi-agent.jp/helpful/startup/category_it/splink.html

How we do

  • 社内イベント🍻
  • 初詣🎍

◆ダイバーシティの高い専門家チームで、高みを目指す
アーリーステージのベンチャーとしては珍しく、デザイナーや弁理士、外国人エンジニアなど多様なバックグラウンドと高い専門性を持ったメンバーで構成され、ダイバーシティの高いチームになっています。

◆カルチャー、雰囲気
・互いの専門性を尊重し合うメンバーが多いので、メンバー間のコミュニケーションもストレスなく、オープンに生産的な議論や提案ができる環境です。
・ベンチャーとして立ち上げフェーズでもあるため状況や環境の変化は激しく、柔軟な対応が求められます。一方チームファーストで利他的なメンバーが多いので、協力しながら進められる環境です。
・理数系博士号持ちの社員が多数在籍していることもあり、新規技術の研究開発への理解度が高いです。また業務として学会や勉強会への参加が可能など、自己の研鑽が積極的に推奨されています。
・フレックスやリモートワークを活用し、生産的な働き方ができる環境です。

As a new team member

認知症による経済損失は14兆円を越えます。
高齢化が進むにつれて、認知症が社会や人々に与える影響は益々大きくなっています。
現在はクリニック・病院施設に検査事業を展開し、事業を通じて得られた知見とデータを生かし、医療機器開発に踏み込んでいます。
今後、広くこのサービスを広げ、社会インフラの一つとして、日本(ひいては、世界)が抱える高齢化問題に貢献することを目指しています。

▼Splinkにおけるプロジェクトマネージャーの役割・業務内容
プロジェクトマネジメントとして、主に認知症における診断支援の医療機器プログラムに関わるプロジェクトマネジメント業務を行っています。
「組織横断的にマネジメントする役割」としてこれからの高いニーズが期待されることから、組織を更に拡大していく方針です。
<具体例>
・プロジェクトのスケジュール管理・進捗管理・リカバリー対応
・社内外のステークホルダーとの調整、体制構築
・プロジェクト管理ルールの策定
・業務プロセスのPDCA
・社内チームと連携し、課題解決や最適ソリューションを企画提案・実施

▼Splinkのプロダクトマネージャーにおける魅力
・「ブレインヘルスケア」という高齢化の中心となるサービスのフロントランナーとして、成長スピードを上げていく刺激的なステージで、プロダクトの企画・機能検討に携わり、顧客や市場の反応を間近に感じることができます。また、そのプロダクトを通じて新しい市場を作り上げていくことができます。
高齢化社会におけるクオリティ・オブ・ライフを向上させるプロダクトを企画するやりがいを感じることができます。
・経営陣、事業開発メンバー、研究開発メンバーとの連携も活発なため、事業上の課題や研究開発の検討などを身近に経験、提案していくことができます。
・少人数でありながら、多様なバックグラウンドと専門性をもつメンバーがそろっているため、深く広い知識と経験を得ることができます。

[業務Key Words ]
認知症/医療/ヘルスケア/AI/医療機器開発/医療機関/製品企画/プロダクト企画

▼ 必須スキル・経験
・医療機器の申請経験・申請業務に携わった経験
・薬事申請経験
・大卒以上(理系卒)、あるいは異学系専門分野を就学された方(または、同等の知見を有する方)
・医療系企業においてプロジェクトマネジメント経験を有する方
下記、いずれか
・医療機器開発におけるプロジェクトマネジメント経験
・ソフトウェア開発プロジェクト管理経験(3年以上)
・医療機器の薬事申請経験(3年以上、承認・認証)

▼ 歓迎スキル・経験
・医療系企業においてソフトウェアプログラムのプロジェクトマネジメント経験を有する方
・組織を横断してプロジェクトマネジメントをした経験
・アジャイル開発など、ソフトウェア開発に関する知識と理解

▼求める人物像・マインド
・ロジカルさ:端的かつ論理的に会話できる
・素直さ  :相手が誰でも自身を飾らず会話し、良いことも悪いことも認められる
・好奇心・向上心:自身の仕事以外のことにも興味を持ち学ぶ姿勢
・これまでのご経験を活かし、医療AIの領域で腕試しをしたい方
・医療機器プログラムに興味のある方
・医療機器のプロジェクトリーダーへのキャリアに興味のある方
・社外のステークホルダーはもちろん、社内チームとの対話を通じて、最適なリレーションシップを築く力のある方
・社会課題の解決に対して情熱を持ち、困難な課題解決に喜びを感じられる方

Highlighted stories

Splink JAM
海外・国内のベンチャー系ニュースサイト"TECHABLE"にも掲載いただきました!
Splink HPリニューアル
Other users cannot see whether or not you're interested.
0 recommendations
Company info
株式会社Splink
  • Founded on 2017/01
  • 20 members
  • Funded more than $1,000,000 /
  • 東京都千代田区霞が関3丁目3−2 新霞が関ビルディング18階
  • 医療機器分野において共に社会インパクトを目指す プロジェクトマネージャー
    株式会社Splink