1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.
New grad/entry level
22卒新卒採用・総合職
on 2020-11-28 811 views

新しい時代に不可欠なIT領域でチャレンジしませんか?KDDIグループでありながらベンチャー気質を持つ、EC事業会社が新卒オープンポジションを募集

auコマース&ライフ株式会社

auコマース&ライフ株式会社 members View more

  • auコマース&ライフ株式会社
    Other

What we do

私たちauコマース&ライフは、KDDIグループの一角としてEC事業を行う企業です。設立は2019年の4月。株式会社DeNAからEC事業を譲渡される形で生まれた「KDDIコマースフォワード」「株式会社LUXA」が合併して誕生しました。

運営するサービスは

・総合ショッピングモール「au PAY マーケット」
・au PAY マーケット内の自社販売事業「au PAY マーケット ダイレクトストア」
・「お得に贅沢体験」をテーマに、厳選したサービス・商品をプレミアム・タイムセールを中心に展開しているショッピングサイト「LUXA」

など。モノ(商品)だけでなく、コト(体験)消費にも対応した、幅広い商品を扱っています。

auコマース&ライフはこれらの運営に関わる22年卒の新卒の方を募集。マーケティング・ECコンサルタント・プロダクト開発のいずれかに配属される総合職です。
今回は各職種で活躍する先輩社員から、auコマース&ライフでの業務とそのやりがいを語ってもらいます。

profile

マーケティング編成部(兼プロモーション推進グループ)部長

what 鈴木 敏裕


新卒として大手カメラメーカーの販売会社に入社後、家電量販店向けにエリア営業を担当。より大きな裁量を求めて、2007年に株式会社DeNAに転職。入社後はECコンサルタントや広告商品企画、広報、企業アライアンスや事業の立ち上げなどゼネラリスト的に業務に関わり、合併後は自社プロダクトのマーケティングに関わる。

profile

営業本部ストアコンサルティング2部部長

what 田部井 雄紀


大学卒業後、人材会社に入社して3年間法人営業を担当。2014年に株式会社DeNAへ転職し、合併前から現在まで一貫してECコンサルタント専任。

profile

マーケットプラットフォーム本部デジタルマーケティングサービス部部長

what 三橋 佳明


企業のECサイト運営担当者として、7年間オペレーションやECショップ店長業務を担当。転職後、ECコンサルタントとして複数店舗のコンサルティングに関わる。2016年に株式会社DeNAに入社。合併を経てプロダクトマネージャーに任命される。

急成長するEC事業で、KDDIグループ全体の飛躍を後押しする

profile

── 近年、ECは成長領域として注目されていて、KDDIグループ内での期待も高まっていると思います。KDDIグループのなかでauコマース&ライフはどのような役割を求められているのでしょうか?

how 鈴木 私たちのミッションは「暮らしのカタチをつくる」こと。そのミッションを通して、KDDIグループ全体の収益に貢献することが求められています。

KDDIグループの主力事業は通信領域でのキャリアビジネスです。しかし、人口減やキャリア間のシェア争いの影響から、成長率は鈍化しています。

端末の利用料金だけに頼っていては今後の成長は難しい。そこでauはユーザーに向けてECショッピングモールをつくり、新たなキャッシュポイントを設けました。EC事業は新しい収益の柱として注目されていて、auユーザーだけでなく、auの通信サービスをご利用でないお客さまにも使っていただけるECモールを目指しています。

── EC事業は、グループ全体の成長の一翼を担っているんですね。

how 鈴木 その通りです。KDDIグループは「コマース・金融・エネルギー・エンタメ・教育」など、様々な事業を抱えています。将来的にはECショッピングモールでそれらのサービスを販売することも視野に入れ、複数の事業と連携する予定です。私たちはユーザーと接点をつくる牽引役なので、グループのなかでも多くのリソースが注がれています。

IT業界で働く基礎は、auコマース&ライフの仕事のなかで身に付けられる

profile

── この事業の中で、皆さんはどのような仕事を行なっているのでしょうか? 今回募集する、マーケティング・ECコンサルタント・プロダクト開発の業務紹介をお願いします。

how 鈴木 マーケティングは、季節毎のセールやキャンペーンの企画・実行、UI(ユーザーインターフェイス)改善、集客など、ECショッピングモール全体の活性化を担います。そのほか、広告運用やデータ分析も業務の一環です。一般的に「マーケター」は数字を分析するデータアナリストとして見られることもありますが、auコマース&ライフでは多角的にサービス運営に関わることが求められます。

how 田部井 ECコンサルタントの仕事は、ECショッピングモールに出店する店舗さまの課題解決です。悩みや目標をヒアリングして、KPI(数字指標)やロードマップを設定。出店・運用をサポートし、店舗さまの売り上げを最大化することがミッションです。

how 三橋 プロダクト開発の仕事はシステムの改善・開発で、鈴木さんや田部井さんに比べるとエンジニアに近い立ち位置です。ECショッピングモールの裏側では、注文や顧客データ、入金や出品などを管理するために多数のシステムが動いています。これらをエンジニアと共に改善して、より使いやすくすることがプロダクト開発の業務です。

── それぞれ、「ECショッピングモールの活性化」「出店者のサポート」「システムの改善」を行なっているのですね。業務内容を聞くと、UIやシステムの改善など、部署を越えて連携が必要な仕事もありますよね。部署間で連携することも多いのでしょうか。

how 鈴木 協力する機会は多いですね。UIやシステムを改善する際はデザイナーやエンジニアの力が必要ですし、キャンペーンを打つ時はカスタマーサポートや営業部署とも連携します。

how 田部井 さまざまな部署のメンバーと共に動く機会が多いので、どの部署にいても幅広い知識が必要です。他部署との交渉や調整、デザインやシステムの開発ディレクション、企画、データ分析、数字設定など幅広い業務に関われるので、個人的には最初の就職先としてめちゃくちゃおすすめしたい。IT業界で働く基礎は、auコマース&ライフの仕事のなかで身に付くと思います。

── それはどの部署でも共通しているのでしょうか?

how 三橋 そうですね。プロダクト開発部署でもゼネラリストのスキルが求められます。現状分析をして、課題を定義して、何をするかを決めていくので、論理的思考力も必要です。プロダクトをつくる過程で他部署の意見を聞くことも多く、データアナリストや検索エンジンの専門家などさまざまな人と接するので、知見が広がる職場だと思います。

how 鈴木 さらに、グループ各社と親会社と向き合って仕事をする機会もあります。たとえば過去に全国のauショップにお願いして、契約時に「au PAY マーケット(ECショッピングモール)に登録しませんか」とユーザーに声をかけてもらいました。この事例のようにKDDIグループのアセットが使えますし、広く世の中に関われる。調整は大変ですが、社会に与える影響力は大きいと思います。

── 社内だけでなくグループ他社の社員と関わることもあるのですね。多くの人と仕事を進めるなかで、視野が大きく広がりそうです。

Why we do

利用者が喜ぶ姿を見られる。だから仕事を続けている。

profile

── ここからは「なぜこの仕事を続けているのか」、それぞれ仕事のやりがいを教えてください。

how 三橋 私のやりがいは、開発したサービスを多くの人に使ってもらえることです。Pontaポイントとの連携も進み、au経済圏内の会員基盤は1億人をも超えています。幅広いユーザーをターゲットにできますし、データを分析すれば数字の上がり下がりがすぐに分かる。規模が大きいので、もしかしたらトレンドをつくれるかもしれないし、商習慣を変えてしまうかもしれない。それだけの影響力がこの仕事にはあるんです。

how 田部井 僕は誰かの役に立っていると感じられるから、この仕事を続けています。いま地方ではシャッター街が増えているじゃないですか。ECショッピングモールは中小企業の新たな販売チャネルになり、それらの企業を支援できるんです。

僕自身、地方出身なのでやりがいを感じていて。地方で頑張っている小さな店舗さまも多いので、「au PAY マーケットに出店したら、会社の売り上げが伸びた」と報告をいただいた時は本当に嬉しかった。一気に月3,000万円の売り上げを達成された店舗さまもいらっしゃいましたし、「これで事業を続けられる」と仰っていただいた時は感動しました。

how 鈴木 僕もECコンサルタントをしていた時は、田部井さんと同じやりがいを感じていました。ECショッピングモール全体が活性化すれば出店店舗さまの売り上げが上がる。いまはマーケターとして、ECショッピングモール全体の活性化に使命感を感じています。

How we do

KDDIグループなのに意外と堅くない。ベンチャー気質を残した社風

profile

── やりがいといえば、自身の成長も仕事のモチベーションになりますよね。特に新卒は成長機会を求める人も多いと思います。

how 田部井 その点で言えば、auコマース&ライフは、他の会社より成長できる期間が長いです。まだ若い会社なので常に新しいポジションがあり、先ほど述べたように求められる知識も幅広い。人材会社で働いていた時は関わる領域が狭く2〜3年で成長が止まりましたが、いまはずっと伸び続けていると感じています。

how 鈴木 個人に大きな裁量を持たせてくれることも、成長機会につながっていますよね。

how 三橋 そうですね。さまざまなシステムやサービスを構築している最中ですし、DeNAやLUXAから受け継いだベンチャー気質が残っています。だから、手をあげれば個人の意見を活かしてくれる。社歴などは関係なく幅広い業務に就けますし、ゼロベースでプロジェクトを立ち上げることができます。中途には大手ECショッピングモールからの転職者も多いんですけど、「前職と違って、システムや運営方法を自分で考えられるので張り合いがある」と話していました。

── 先ほど、三橋さんが「ベンチャー気質が残っている」と話していましたが、具体的にはどのような雰囲気なのでしょうか?

how 鈴木 コミュニケーションは活発ですし、比較的フラットな社風だと思います。新卒入社のメンバーは「KDDIグループだから堅いイメージだったけど、入ってみたら自由で驚いた」と話していました。

how 田部井 役員や代表にも直接意見を伝えられますし、新卒でも現場で意見を求められることは多いです。もちろん数字に裏付けられた根拠は必要ですが、仮説がしっかりしていれば「とりあえずやってみよう」と取り入れてもらえます。

As a new team member

リモートワークも推進中。仕事とプライベートを両立できます

profile

── 最後に、働き方について教えてください。最近ではリモートワークに対応する企業も増えてきましたが、auコマース&ライフではどのような環境を用意していますか?

how 鈴木 業務によって変わりますが、すでにリモートワークに対応していて、社員の多くはオンラインで勤務しています。最近中途で入社したメンバーも7名中3名はリモートワークですし、人事もビデオチャットで面接しています。

how 田部井 ECコンサルタントは僕は業務上、比較的出社しています。でも、働き方は自由な方だと思いますよ。他社から転職したメンバーにも「そんなに管理されなくていいんですか!?」と驚かれます。

how 三橋 働き方が自由なところは私も助かっていて。子どもが2人いるんですけど、スケジュールをある程度自由に組めるので、仕事をしながらお迎えができています。プライベートに合わせた働き方ができますし、育休から復帰する女性社員も多いんです。

how 鈴木 大手ECモールと比べると、まだまだ発展途上な面は多いのですが、KDDIグループのバックアップを得ているので、経営基盤は強固です。働きやすく挑戦もしやすい、珍しいポジションの会社ですので、興味を持たれた方はぜひお話を聞きに来てください。

Highlighted stories

消費者ニーズの「今」を捉えろ!モールの鮮度の要、ダイレクト事業部に寄せる期待とは。
事業を紐解き、繋ぎ合わせるプロフェッショナル。「データ領域」から事業を牽引する彼らに迫る。
「共に成長、変革し続ける」共通の価値観で繋がる仲間へ【auCL culture story #002】
Other users cannot see whether or not you're interested.
0 recommendations
Company info
auコマース&ライフ株式会社
  • Founded on 2010/10
  • 500 members
  • Funded more than $1,000,000 /
  • 150-0002 東京都渋谷区渋谷1-23-21 渋谷キャスト
  • 新しい時代に不可欠なIT領域でチャレンジしませんか?KDDIグループでありながらベンチャー気質を持つ、EC事業会社が新卒オープンポジションを募集
    auコマース&ライフ株式会社