1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.
データエキスパート
on 2020-10-21 1,435 views

将来データサイエンティストとして活躍したい即戦力の若手募集!第2新卒歓迎!

Fracta Japan株式会社

Fracta Japan株式会社 members View more

  • Hiroaki Sengoku

  • Kazuma Minoda
    データサイエンティスト

  • 菅原 奈菜美

  • Kaichi Momose
    Director of Engineering/Data Scientist/Software Engineer

What we do

  • 日本支社代表 樋口
  • データサイエンティストチーム

Fractaは、米国カリフォルニア州シリコンバレーで生まれたソフトウェア技術ベンチャー企業であり、AI(人工知能)/機械学習用いて各種インフラの劣化状況を予測するソフトウェアサービスを提供しています。

米国では、昨今、水道管の老朽化が社会問題*となっており、この問題に対して、Fractaは、AI(人工知能)/機械学習を用いた高精度の破損/漏水予測によって、水道管の更新投資を最適化するソリューションを提供しております。既に全米27州において60以上の水道事業者様にFractaの製品・サービスをご導入頂いています。

今後日本の水道事業及びインフラ事業のお客様に向けて、水道管路向けのソフトウェアサービスや各種インフラ劣化予測ソリューションをご提供するべく、2018年より日本での事業活動に着手しました。

その一環として、2018年5月には、水処理の世界大手企業である栗田工業株式会社(東京証券取引所一部上場)との約40億円規模の資本業務提携をスタートしました。​

​2019年1月には、欧州へ水道管劣化予測のソフトウエアサービスを展開するべく、水道管老朽化への対策が喫緊の課題となっている英国での実証実験・事業展開に着手しました。

2019年7月には、ガス管向け劣化予測のソフトウエアサービスを展開するべく、日本での実証実験・事業展開に着手しました。
* 米国では、水道管の破損/漏水が年間24万件も発生し、2050年迄に水道管更新に必要な費用が1兆ドル(110兆円)と予測されており、喫緊の社会的課題となっています

【​企業概要】
会社名:Fracta (フラクタ)
設立:2015年6月
本社所在:米国カリフォルニア州 (シリコンバレー)
日本事務所:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2丁目10−2 渋谷2丁目ビル3F
代表者:CEO 加藤 崇
事業内容:AI(人工知能)/機械学習に基づく水道管等のインフラ劣化予測のソフトウェア開発
従業員数:36名(2019年8月末現在)

Why we do

  • 仕事風景
  • データサイエンティスト

【インフラの未来を構築する】

Fractaは「AIを通じて社会インフラの未来を構築する」というミッションのもと、シリコンバレーで2015年に設立されました。誰もが必要とする水道・ガス・電車などの社会インフラは、古くは100年以上前に構築されており、現在グローバルなレベルで老朽化が進んでいます。
私たちは、インフラの老朽化を社会問題と捉え、既存の社会インフラを再構成することをめざし、事業パートナーとともにテクノロジーでインフラの未来となる新しい保守・運用のかたちを社会に実装していきます。
2018年5月からは、水処理の世界大手企業である栗田工業株式会社(東京証券取引所一部上場)(栗田工業)との約40億円規模の資本業務提携をスタートしました。(プレスリリース:https://www.kurita.co.jp/aboutus/press180530.html

米国では、昨今、水道管の老朽化が社会問題となっており、この問題に対して、Fractaは、AI(人工知能)/機械学習を用いた高精度の破損/漏水予測によって、水道管の更新投資を最適化するソリューションを提供しております。既に全米27州において約60の水道事業者にサービスを導入ています。

How we do

  • GISデータスペシャリスト
  • データサイエンティスト

【求める人材】
ビジョンへの共感

・「世の中を変革することへの執着」があること。
インフラ領域におけるAIソリューションは、世の中への影響があります。未来のためになにが正しいのかを考えることが重要です。業界を問わず課題があれば解決することに情熱を燃やすような人材を求めています。

・「サイエンスへのリスペクト」をもっていること。
インフラ領域における良質なデータは、設備を理解することで知ることができます。コンピュータサイエンス領域以外の科学分野に飛び込んでいける人材を求めています。

・「現場へのリスペクト」をもっていること。
かつて「未来のあるべき姿」とされたのが現在のインフラ設備です。これらの設備を計画・保全されてきた現場のプロフェッショナルの経験・知識を、最新テクノロジーでラッピングするのが私たちの仕事です。
世の中を守る仕事をしている人々へのリスペクトと、対話にワクワクできる人材を求めています。

As a new team member

ポジションについて
データサイエンティストは、機械学習モデルの設計、構築、検証、保守を行い、Fractaのロードマップに直接的かつ有意義な影響を与えます。 AIのベストプラクティスを特定、維持、適用します。他のデータサイエンティストや製品オーナーとの話し合いを通じて、製品の要件に応じてゼロからモデリングを設計します。

必要な資格
・統計、データマイニング、機械学習(ディープラーニングを含む)、最適化に関する深い知識と経験
・テーブルデータなどの「構造データ」の分析に関する豊富な経験(画像やNLPなどの「非構造化データ」の分析の経験は不要)
・Python、SQL(BigQuery)を使用した分析の優れた経験
・新技術の調査に関する資料化
・優れた口頭、書面、および対人コミュニケーション能力。アイデアを明確にし、技術者以外に対して複雑な分析を提示する能力

その他
・勤務地は日本ですが、アメリカ本社とのコミュニケーションのため会話・ビジネスレベルの英語が必要です。
・クライアントと対話をして、ニーズを引き出すコミュニケーション力歓迎(日本語ネイティブ歓迎)
・年齢や性別等関係なく、スピード昇進の可能性あり
・本社があるアメリカ、シリコンバレーでの研修の可能性あり

※インターンご応募の方にも以下の項目を必要とします
・Python言語、Jupyter Notebook、Pandasの基礎的なスキル
・自主的に機械学習やGISを学んで課題に取り組んだご経験
・社会インフラ、社会問題への解決意識

Highlighted stories

CEO加藤が語る、Fracta流の採用基準とは?
「水×機械学習」社会問題の解決に、データで挑む!
天才データサイエンティスト蓑田が、社会課題に挑む!水道管のメンテナンスコスト削減で、水道料金が下がる未来は来るのか!?
Other users cannot see whether or not you're interested.
7 recommendations
Company info
Fracta Japan株式会社
  • Founded on 2019/09
  • 10 members
  • Funded more than $1,000,000 /
    Expanding business abroad /
    CEO can code /
  • 東京都渋谷区渋谷二丁目10-2 渋谷二丁目ビル3階
  • 将来データサイエンティストとして活躍したい即戦力の若手募集!第2新卒歓迎!
    Fracta Japan株式会社