1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.
Mid-career
企業アライアンス推進Mgr
on 2020-10-22 189 views

新規事業・企業アライアンス推進マネージャー

株式会社RevComm

株式会社RevComm members View more

  • 大学在学中、社団法人ThinkAct Foundationや、学生団体Applimの設立に従事。
    2011年から三菱商事株式会社に入社し、自動車のトレーディング、海外市場での販売/マーケティング施策の企画・立案・実行、クロスボーダーの投資案件・新会社設立、政府向け大口入札案件、M&A案件等に従事。
    2014年から1年間サウジアラビアに赴任し、現地にて新SUVのローンチプロジェクトに従事し、中東地域における販売/マーケティング施策の企画・立案・実行を行う。
    2016年にはウクライナにて現地パートナーとJV出資で自動車販売会社を設立し、同年ウクライナ国家向け大口案件を獲得。この他にも、トルコ...

  • 2019年10月より、株式会社RevComm参画。VP of finance and strategyとして、資金調達、経営企画、マーケティング領域を担当。2月1日よりCFO就任。

    2018年10月に執行役員として、trippiece参画。以降、経営企画、財務、法務、経理、人事、総務、労務を幅広く管掌。2020年4月をもって執行役員を退任。以降はアドバイザーとして同社に継続関与。

    それ以前はデロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー合同会社(以下、デロイト)および日系金融機関にて、主にM&Aアドバイザリー業務に従事。大手製造メーカー、総合商社等の東証一部上場企業を主なクライアント...

  • 大学院卒業から2年間、株式会社NTTドコモにて法人向けIoTサービスのセールスエンジニアとして従事。高可用性・高セキュリティを実現するネットワーク基盤を設計・提案し、計8社の受注による53万モバイル回線の受注、単年約6.7億円の回線収益に貢献。

    その後、同部署内にてサービス企画部門に異動し、産業機器分野におけるIoT新規ビジネスの企画を担当。新規ビジネスの0→1ステージを実現するため、市場シーズ調査のために顧客訪問、戦略パートナー作り、顧客とのPoCまでを実行。

    2018年から現在までは米国シリコンバレー拠点のCVC部門異動。最先端技術を活用したスタートアップの発掘、本社とのビジネス...

  • Chiaki Ishikawa
    Business (Finance, HR etc.)

What we do

私たちは、BtoBサービスの第一弾として「MiiTel(ミーテル)」というAI搭載型クラウドIP電話サービスを提供しています。端的に言うと、電話営業・顧客対応を人工知能で解析・可視化する事により企業の生産性を飛躍させるサービスです。電話営業や顧客対応の内容をAIがリアルタイムで解析し、成約率を上げ、解約率と教育コストの低下に繋げます。また、顧客管理システムとの連携により、顧客名をクリックするだけで簡単に発信できたり、着信時に顧客情報を自動表示し、生産性向上に役立てます。会話内容は顧客情報に紐付けてクラウド上で自動録音されるので、振り返りたい録音データにいつでも・どこでも・すぐにアクセスすることができ、教育目的やコンプライアンス目的など、多業界で幅広くご活用いただいております。

MiiTellは2018年10月にリリースし、約2年で約11,500ユーザーにご愛用いただいており、今後の展望としては、Vertical・Horizontal・Parallel・Geographical夫々のレイヤーで大胆に経営戦略を描き、緻密に戦術を練っています。Verticalには「人間を電話営業から解放すること」、Horizontalには「経営判断AIを創出すること」、Parallelには「SaaSからPaaSに展開すること」、Geographicalには「グローバル市場、特に東南アジアへの展開を可及的速やかにすること」を考えています。ただし、中長期の考えにあまり固執せずに、お客様の役に立つサービスを提供してお客様に寄り添って、どこにどのようなチャンスがあるのか、アンメットニーズがあるのか、を探りながら経営戦略・戦術にアジャイルに反映させていきたいと考えています。

◆B Dash Camp 2019 SpringのPitch Arenaにて優勝
https://jp.techcrunch.com/2019/05/24/b-dash-camp-2019-spring-pitch-arena/

◆TechCrunchTokyoスタートアップバトル2019にて優勝
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000037840.html

◆MiiTel 富士通アクセラレーターで最優秀賞獲得
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000015.000037840.html

◆RevCommが Google for Startups Accelerator に選出されました
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000016.000037840.html

◆リモートワーク環境を早期実現する『MiiTel』の第2期無償提供を実施
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000022.000037840.html

Why we do

  • ミッション
  • AI搭載型クラウドIP電話「MiiTel」

少しでも多くの”本当の意味でのコミュニケーション”が行き交う豊かな社会。それが、私たちの創りたい世界観です。その実現の為に、HAPPYな仲間(下記、Valueご参照)と日々成長しながら事業を展開しています。

代表の会田が商社に勤務していた頃、世界中の人と仕事をする中で「日本の生産性はG7の中で最下位とされているが、本当にそうなのか」という疑問を持つようになりました。生産性=能率×効率だとすると、日本人は教育水準・倫理観共に高い為、能率は担保されています。従って、効率が悪い為に生産性が低いことになります。効率が悪い理由は有象無象にありますが、主要因は「コミュニケーションコストが高いこと」という結論に至りました。すなわち、日本社会では「何を言ったか」ではなく、「誰が誰に言ったか」や「どう言ったか」に焦点が当たるようなコミュニケーションが多いということです。私たちは、このコミュニケーションのあり方をテクノロジーで変えることが出来れば、日本の生産性は劇的に上がると考えています。

昨今、気合と根性による営業にメスが入り、インサイドセールスやカスタマーサクセスに注目が集まっています。確かにインサイドセールスやカスタマーサクセスにより生産性は向上するのですが、効果を最大化する為にはテクノロジーの導入が欠かせません。実際CRMやSFA等のツール導入が進んでいるのですが、これらのツールは「How(どのように)」に主眼を置いたサービスであり、「Why(なぜ)」という観点が欠落しているため、結局「なぜ成約・失注したのか、なぜパフォーマンスにバラつきがあるのか」分からず労働集約型の属人的営業に陥っているのが実情です。これは、担当者と顧客が何をどの様に話しているか分からない「ブラックボックス問題」が常態化している為です。そこで、何をどの様に話しているかをAIで解析・可視化してブラックボックス問題を解消する事で、日本企業の生産性向上に貢献していきたいと考えています。

How we do

  • 代表取締役 會田武史
  • 社員一同

「最先端のテクノロジー」を「実際に使えるサービス」に実装する為には高い開発力はもちろんのこと、顧客のニーズをしっかり汲み取りプロダクトに落とすマーケットインの考え方が重要です。カスタマーサクセスが顧客に寄り添いニーズを汲み取って、それをプロダクトに反映させる為に開発チームが圧倒的なスピード感で実装する。そうすることで、初めて「顧客の成功」にコミットできます。顧客の成功にコミットする為には、メンバー一人一人がOwnershipを持って主体的に動きながら常に高いパフォーマンスを出し続ける必要があります。
そして、どういう人の集まりかを一言で定義したのが、私たちのCorporate Valueである「HAPPY」です。

H:Happiness
常に笑顔で

A:Accountability
人から信頼され

P:Passion
何事にも情熱的で

P:Professionalism
世の中への提供価値にこだわる

Y:Youthfulness
柔軟で創造的な人

RevCommは、このような人の集まりです。
Valueを共通言語として会社の文化つくりにも積極的に社員が参加する組織です。また、アウトプットを求める過程はなるべく社員が業務に集中出来るようにと考え、リモートワークも多く、無駄と思えるMTGは積極的になくしていくことで、一人当たりの生産性を最大化するような創意工夫をすることに全員がコミットしています。

As a new team member

主な事業内容
「コミュニケーションを再発明し 人が人を想う社会を創る」、それが私たちが挑戦していることです。
AI × Voice × Cloudのソフトウェア/データベースの開発を行っており、法人向けサービス第一弾として、電話でのコミュニケーションをAIで解析し可視化するSaaSソリューション「ミーテル」を提供しています。

ミーテルは電話営業やコールセンター業務における、会話のラリーの回数や、話す量・聞く量、会話のジャンル、声の高低・遅速などをAIで検出し、高精度のフィードバックを行うことで商談獲得率・成約率向上を実現するIP電話システムです。
顧客と担当者が「何を」「どのように」話しているか分からない、というブラックボックス化問題を解消し、成約率を上げ、解約率と教育コストの低下に繋げます。担当者自ら学ぶセルフコーチングツールとして、リモートワーク環境の早期構築ツールとして幅広い業界でご活用いただいております。

コアターゲットセグメントは、現在トレンドとなっているインサイドセールス・カスタマーサクセス領域としています。最先端のテクノロジーを用いたプロダクト開発と、市場戦略が奏功しサービスリリースから2年で約400社、約11,500ユーザーを超えるお客様にご愛用頂くまで成長しています。

業務内容
以下の中でご自身の得意領域をご相談の上、業務をお任せ致します。

・MiiTel Speech APIの事業開拓

・新たな事業の芽となる企業連携案件の推進

必須要件
1. マインドセット

・Missionへの共感

Mission:コミュニケーションを再発明し 人が人を想う社会を創る

・Corporate Value『HAPPY』を体現していること

『HAPPY』
Happiness   :常に笑顔で
Accountability  :人から信頼され     
Passion     :何事にも情熱的で
Professionalism :世の中への提供価値にこだわる 
Youthfulness  :柔軟で創造的な人

2. スキルセット

・システム開発経験。(デモコーディングなどを出来る)
・音声通信(SIP, VoIP)サービス、ネットワーク機器、クラウドサービスの理解
・リーダーシップを発揮し、各ステークホルダーとの利害関係の調整を行った経験
・PMOとしてプロジェクトマネジメントした経験

歓迎要件
・クラウドサービスもしくは、通信サービス、ソフトウェア、ハードウェアなどIT製品のカスタマーサポートまたはプリセールス、技術営業の経験
・スタートアップでの事業立ち上げ経験
・多くの案件の優先順位を付けて前進できる人

求める人物像
・チームワークを重視して仕事を進められる方
・論理的に物事を考えることが得意な方
・自己成長意欲の高い方
・柔軟性を持って新しい仕事にチャレンジできる方
・新しいトレンドに興味を持ち、勉強して仕事を進めるのが好きな方

勤務時間
フルフレックス制(コアタイムなし)

試用期間
6か月(給与・待遇は試用期間終了後と同様です)

雇用形態
相談の上、正社員もしくは契約社員のいずれかでご入社頂く予定です

Highlighted stories

【社員インタビュー】音声情報処理のベテランエンジニアは語る。「RevCommならきっと、腰を据えて仕事に打ち込めると思った」
【社員インタビュー】「自分が働いたことで世の中に変化をもたらしたい」RevCommに感じた可能性
クロスボーダーM&A案件等を50件以上担当してきたCFOが語る、RevCommで働く魅力
Other users cannot see whether or not you're interested.
1 recommendation
Company info
株式会社RevComm
  • Founded on 2017/07
  • 80 members
  • Funded more than $1,000,000 /
    Funded more than $300,000 /
  • 東京都渋谷区渋谷1-3-9 ヒューリック渋谷一丁目ビル7階
  • 新規事業・企業アライアンス推進マネージャー
    株式会社RevComm