1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.
Mid-career
デジタルマーケティング
on 2020-10-09 510 views

1商品1つの会社!まるっと1商品のマーケティングをお任せします!

株式会社ウェルヴィーナス

株式会社ウェルヴィーナス members View more

  • 新卒で株式会社ワークスアプリケーションズに入社し、エンジニアとして勤務。その後データベーススキルを活かし、クレジットカード会社、通販会社のマーケティング業務に従事し、現在の会社では入社1年後に代表に就任いたしました。

    前職の化粧品通販会社では、一顧客あたりの集客コストを半分にし、集客数を2倍以上に拡大。
    現職においても、一顧客あたりの集客コストを維持しながら集客数を3倍以上に拡大させており、CV目的のデジタルマーケティングを得意としております。

    上記に加え、前職の化粧品通販会社では、基幹システムリプレイスのプロジェクトマネージャーとして、要件定義、選定、導入をメンバーと共に行っており...

  • コンタクトセンター、広告代理店の営業を経て2016年に当社入社。2019年4月より現職。
    代理店時代より通販企業に特化した支援事業を経験。
    現在はプロモーション、CS、フルフィルメント領域を統括。

  • 新卒で新日本製薬株式会社に入社しました。1年間オペレーターとしてお客様対応した後、第二新卒として株式会社ウェルヴィーナスに入社しました。

    入社を決めた1番の決め手は、年齢や経験に関係なく手を挙げれば自分の1番やりたい「商品企画」に携われることです!

    現在の主な業務は、
    前職を生かしてコールセンターの実績・品質管理、あとは全く未経験で自社製品『White One』のweb運用、お客様にお届けする毎月の会報誌の企画・制作などです。多岐にわたって色々な業務に関わることができておりとっても刺激や学びがあって楽しいです!

  • 大学卒業後、在学中からアルバイトをしていた外資系アパレル企業へ入社。
    接客での販売促進やトレーニングを専門に、4店舗経験し、
    10~100名規模のチームマネジメントを経験しました。
     
    現在は、経理・労務・人事等バックオフィス全般の仕事に携わっております。
    全領域未経験なので、アパレル仕込みの気合と根性で日々奮闘中です。

What we do

  • 弊社の主力商品である「北国の恵み」
  • 社員からの発案で生まれたまつげ目元美容液「Eyebloom」

◆「一つの商品は、一つの会社」自社で企画・開発した健康食品や医薬部外品、化粧品の通信販売を手がけています。

高い商品力と少数精鋭のチームを軸に、現在7商品を発売しています。
弊社の主力商品は、北海道産の天然鮭由来の非変成Ⅱ型コラーゲンと非変成プロテオグリカンを配合したサプリメント『北国の恵み』。2013年の発売以来、順調に販売数を伸ばし続け、累計販売数は150万袋を突破し、さらに現在も販売数は伸び続けています。そのほか現在発売しているプラセンタサプリ『プラセンタエクセレント』、ひざ用サポーター『ぐっと支え~るW』も好評です。設立以来11期連続で売上は拡大中で、業績は右肩上がりを続けています。

ウェルヴィーナスでは、商品=会社と捉えています。
それぞれの商品について担当するメンバーがおりますが、ウェルヴィーナスでは「1つの商品を一人のメンバーに任せる」=「1つの会社を任せる」と考えています。

皆さん、社長として会社を運営することをイメージしてください。色々な業務が発生するはずです。その商品に対して一切の業務を行うことになると、市場調査/競合分析、各種広告クリエイティブ企画、効果測定、分析、改善策の導出、各種広告媒体の出稿判断、各種KPIや予算管理、制作ディレクション・タスク進行管理、広告代理店との折衝など、全てを担当いただくことになります。

一般的な通販企業は、業務が縦割りになっている場合が多く、上記すべての業務を担当することはほぼありません。
例えば、ある有名商品を取り扱うマーケティング担当は、合計10名弱の規模になりますが、その10名弱のメンバーがリスティング広告担当、ディスプレイ広告担当、アフィリエイト広告担当などチャネル別で分かれているのです。
有名商品に携わる魅力はあるかと思いますが、業務が限定的で全体感を把握することは難しく、スキルも限定的になるかと思います。

それに対してウェルヴィーナスでは、特定の商品を担当することにより、様々な業務を、裁量権を持って担当をすることができます。
つまり、1つの会社を運営するような経験を積むことができます。

◆1人あたりの生産性は1億円。売り上げの基盤を軸にした組織体制が武器です。

(1) "本質的な業務"のみへ集中
EC、通信販売の会社には様々な業務が存在します。商品企画に始まり、製造、マーケティング、受注処理、物流、お客様対応などです。企業によって「業務を完全に内製化する」、「アウトソーシングを活用する」など運営手法は様々です。
ウェルヴィーナスは"本質的な業務"のみを内製化しており、その他の業務については、できる限り社内で"やらない"(=アウトソーシングを活用する)方針で事業運営をしております。だから、メンバーには売上や利益に直結する"本質的な業務"(主にマーケティング)に集中させることで、少人数で会社の業績を上げることができるのです。

(2)商品発案の権限を全メンバーに付与
ウェルヴィーナスでは商品開発のみを担当する専任者を置いていません。商品開発は全メンバーに権限を与えています。
商品開発は通販企業にとって根幹の業務になりますので、一般的には経験に長けた一部のメンバーが担当することが普通です。当社であればCEOの飯島や、COOの橋本が該当しますが、両者ともに40歳前後の男性であり、全トレンドを網羅的に理解しているかというと、そうではありません。20代・30代の若手社員が肌で感じるトレンドもあります。
消費者のニーズが多様化している中で、トレンドに対するアンテナを全方位に張り巡らせるためには、商品開発の専任担当を置くのではなく、商品開発の権利を全メンバーに付与した方がヒット商品を生み出せる可能性が高くなると考え、このような組織体制にしております。

Why we do

◆100億円企業を目指し、売り上げ10億円の商品/事業を10個生み出すことを目指しています。

現在の主力商品の売り上げは右肩上がり、そのため11期連続で売上は好調。
しかし、それに頼りきるわけではなく、次なる商品や事業をうみだす必要性があると考えています。現在、複数の事業や商品企画プロジェクトが走っている状態ですが、常に未来を作るためにこの状態を継続していく予定です。

◆ウェルヴィーナスの商品企画には大きな2つの軸があります。

「その商品に対する熱量があるかどうか?」
「その商品が必ず、最低でも1億円の売上を創る可能性があるか?」

この2つを満たしていれば、誰でも最上流工程から携わることができます。
経験や年齢ではなく商品に対する想いやこだわり・こんな商品があったらいいという、開発者の想い入れがある商品の方がヒットする確率が高いと考えているからです。
もちろん、若手であればあるほどできない業務は多岐に渡ります。そのため、取締役を含めたサポート体制を敷いており、挑戦しやすい土壌を構築しています。
これは、代表である飯島の「仕事を通して各々の理想像に向かっていただきたい」という思いに起因しています。

◆ 急成長するEC・通販市場での事業展開を行っています。

国内のECの市場規模は、年々伸びている状況です。
2010年には約7.8兆円の市場規模だったのが、2018年には約18兆円と10年経たないうちに約2.3倍も成長しています。
また、全ての商取引の中でEC化されている取引は6.2%しかないため、今後も伸びていく余地はまだまだあると考えています。
これからも市場にFitする商品開発を積極的に行い、事業を成長させていきたいと思います。

◆ウェルヴィーナスのダイナミズムとは「数値」です。

マーケティングにはあらゆる姿があるかと思いますが、ウェルヴィーナスのマーケティングは全てが数値で算出されます。
ウェルヴィーナスの経営陣が「良い」と判断した施策でも、好ましくない結果になってしまうこともありますし、逆に社員が考えた施策が上司の考えを上回ることもあります。
上司が必ず正解なわけではなく、より良い「数値」が出た施策が正解なのです。

◆当たり前のことを当たり前にやる。ことがモットーです。

Webやインターネットショッピングモール、紙媒体・テレビCMによる告知などといった複数の販路がありますが、多数のマーケティングにあたっては、当たり前のことを徹底的にやり抜くことを心がけています。
通信販売は、どの広告からどれだけのお客様に買っていただいたのかが数字として出てきます。
その結果を毎週しっかりと精査・分析して改善し、また、一つの広告媒体でも複数のクリエイティブを作ってどれが良かったかを検証します。
もちろん従来からの手法だけでなく、常に新たな広告も採り入れて、トライアンドエラーを繰り返しながらチャレンジしています。

◆経営陣2名のマネジメントスタイルは「自由」です。

自身のやりたいことに対して待ったをかけることはない、自由と責任を伴ったマネジメントスタイルです。当社の活躍しているメンバーは、最初からマーケの経験者や商品開発のスペシャリストだったわけではありません。
まずは、できることから始めていき少しずつ職域を広げていくことを奨励しています。ただし、完全に手離れをするというわけではなく、個性・能力をさらに伸ばしていただきながら、やりたいことのために会社を使ってもらうようなイメージです。
社員の気持ちよく挑戦をしてもらうために、会社として下記のようなものをご用意しています。

How we do

  • CEO 飯島
  • COO 橋本

◆CEO飯島の経歴について

2004年に大学を卒業後、WAP新卒2期生として入社。
主にシステムエンジニアとして『COMPANY』という管理部門向けパッケージソフトウェアの開発に従事。仕事自体は楽しかったものの、優秀なエンジニアが社内に多数存在しており、本音としてプログラミングが好きでなかったため、別のフィールドで勝負をしたいと思い、転職を決意。

その後、クレディセゾンに総合職として入社し、1千万人以上のクレジットカード会員のデータベースを活用した分析・マーケティングが主な業務とした、企画業務に従事。WAPで培ったデータベーススキルを活用できたこともあり、やりがいを感じていましたが、ジョブローテーションによる法人営業の部署への異動。企画職での専門性を高めたいと考え、転職を決意。

その後入社した大手通販会社では、データ分析業務を担当。
やりがいがある業務で、スキルアップを実感していたが、大企業ならではの縦割り制度にやりづらさも感じていたため、上流から下流まで携われる規模の会社で働こうと考え、社員5名の起業メディアの会社に営業職として転職を決意。

入社後、営業職として仕事に従事するものの、しばらくしてキャリアを振り返って考えてみたときに、営業よりも「企画職」、toBよりもtoC、そして「通販」業界が自分には向いていると気がつき、通販会社への転職を決意。

その後、入社早々に転職先の通販会社がバイアウトされ、親会社の化粧品OEM営業に異動するという珍しい経験をし、次の転職先であるプレミアアンチエイジング株式会社においてWebマーケティングの責任者を務め、株式会社ウェルヴィーナスにWebマーケティングの責任者として入社。
入社から1年後に、前任の社長の退任に伴い社長に抜擢。

◆CEO飯島より

一貫してデータベースを使った分析、そして分析結果を踏まえての施策設計・実行という強みを活かして複数社を経験してきました。その強みは、一社目のWAP時代にデータベースの開発をしていたことがベースになっていると考えております。エンジニアにはデータベースの開発やデータ抽出のプログラムを書ける方がたくさんいる、通販業界にもデータ分析を基にした施策を立てることができる方は多くいますが、その両方を一人でできる事が私の最大の強みだと考えています。

◆COO橋本の経歴について

2005年にメガベンチャー企業に入社。B2B領域のコンタクトセンター部門に従事。業務の進行や、オペレーターの方々の管理を行うSV業務に携わり、クライアントとの折衝やマネジメントなど幅広くビジネススキルを身につけ、音声によるコミュニケーションのみで、企業の課題解決/事業推進を担う電話対応業務の奥深さに触れました。

2008年、前職の関係者が立ち上げた会社に転職し、新たな領域であるB2Cに挑戦。
具体的には通販会社からの受託案件に従事。この時、瞬く間に数億~数十億の売上を作る通販業界の盛り上がりを目の当たりにしたことがキャリアの転機でした。その後、コンタクトセンターから営業へ配置転換。コンタクトセンター業務の受託だけではなく、オフラインの広告媒体の提案も行う広告代理事業にも従事。通販の重要な要素である「新規顧客獲得」~既存顧客向けの「CRM」までを一気通貫で提案→受託する経験を積みました。
この頃、Web広告の台頭によって徐々に世の中の広告がオフラインからオンラインへとシフトしていた為、「web×通販」に加え、社長直下の経験・スピード感を求め転職を決意。Web広告はほぼ全ての過程、結果を明確にデータ化することができるため、オフラインでは仮説を前提とするしかないような部分もクリアになり、事実を基にしたPDCAを回すことができ、施策改善の視野が拡がりました。

2016年に、前社長から「CSの責任者を探している」という話を受け自ら手を上げ、ウェルヴィーナスへ入社。コンタクトセンター~広告代理店と、通販領域に特化したキャリアでしたが、潜在的な欲求として「支援側」ではなく、「事業主側」を経験してみたいという思いがあり、支援側からは見えにくかった、CS、フルフィルメント、システム、商品開発といった領域に挑戦することができています。

◆COO橋本より
通販業界特化したキャリア、またその業界の支援側⇔事業主側と双方の経験があることは私にとって大きな強みだと考えております。また複数社経験する中で、数字をベースにしたロジカルな意思決定、数字で読み取れないものを導き出す想像力や、複眼的な視点で全体像を把握するスキルを身に付けることができ、本質的な部分を最重要視しながらも、それに固執しすぎることなくバランス感覚を持った意思決定ができることも強みだと考えています。

As a new team member

【業務内容】
自社商品のWebマーケティング業務全般をお任せ致します。
担当商品の魅力をより多くの方に知っていただき、新規顧客の開拓をしていく、会社の最前線で活躍できる業務です。
また「商品を0から自分で企画し、実際に立ち上げ、広げていく」仕事ができます。
会社としても、商品企画への挑戦を歓迎しており、商品企画の過程でCEO/COOと共に立ち上げていくご経験ができます。

【具体的な業務内容】
<webマーケティング>
- 市場調査/競合分析
- 各種広告クリエイティブ企画、効果測定、分析、改善策の導出
- 各種広告媒体の出稿判断
- 広告代理店との折衝
- 制作ディレクション・タスク進行管理
- 各種KPIや予算管理

<商品企画>
- 商品企画/立案

【求める人物像】
- 自身で課題抽出し、課題解決に向けて能動的にアクションをとることが出来る方
- 成長意欲が高く、業務に対して素直かつ前向きに取り組める方
- 論理的思考ができる方
- チームプレーが好きで、円滑なコミュニケーションを重視できる方

【必須条件】
- Web広告の入稿~出稿~実績確認までの一連の流れがわかる方
- Excelでのデータ管理、処理ができる方

【歓迎条件】
- 自身で広告の運用をしたことがある(代理店を通してでも可)
- 広告代理店出身でWEBプロモーションをご担当されていた方
- Accessでのデータ管理、処理のできる方

Highlighted stories

挑戦の数=成長の数。PDCAを繰り返し、人を動かすデザインを追求する第二新卒デザイナー奮闘記
やる気があれば、経験や年齢に関係なく商品企画に携われる。ウェルヴィーナスの魅力お届けします!
弊社の事業や魅力についてまとめた採用ピッチスライドを公開しました!
Other users cannot see whether or not you're interested.
4 recommendations
Company info
株式会社ウェルヴィーナス
  • Founded on 2010/12
  • 15 members
  • CEO can code /
  • 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1丁目16-5 大下ビル8F
  • 1商品1つの会社!まるっと1商品のマーケティングをお任せします!
    株式会社ウェルヴィーナス