1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.
Mid-career
自社プロダクトの企画・開発管理
on 2020-09-21 158 views

VR,MR等のB2B向けソフトウェア製品開発を先導して下さい!

カディンチェ株式会社

カディンチェ株式会社 members View more

  • 2003年に慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修士課程修了後、ソニー株式会社入社。Corporate R&D A3研究所にて画像信号処理アルゴリズムの研究開発に従事。2006年に退職後、慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科博士課程に進学し、2008年にカディンチェ株式会社を共同設立、同社代表取締役。翌年、同大学より博士(政策・メディア)取得。専門分野はセンサーネットワーク、ユビキタスコンピューティング、画像信号処理。

    Trained to be help of others.

  • 1974年生まれ。1999年慶應義塾大学環境情報学部卒。
    (株)ソニー・コンピュータエンタテインメントで家庭用ビデオゲームの企画に携わった後、(独)理化学研究所 戎崎計算宇宙物理研究室 へ。国立天文台に出向し、4次元デジタル宇宙プロジェクト(4D2U)において、広報活動のプロデュース・コンテンツのデザインディレクション業務に従事。同プロジェクトで制作した可視化映像「渦巻き銀河の形成」がSIGGRAPH2007 Electronic Theaterに入賞。ウェブコンテンツ4D2U Navigator が カンヌ国際広告祭 サイバーライオン部門において銅賞受賞。インタラクティブ宇宙データビュ...

  • Akinori Inada
    Director/manager

  • 東京工業大学工学部制御システム工学科を卒業後、フランス・ルノー社にて企業研修(1年間)。その後、東京工業大学大学院理工学研究科機械制御システム専攻修士課程を修了。ソニー株式会社に入社する(Corporate R&D A3研究所配属)。ソニー株式会社を退社後、カディンチェ株式会社を共同設立。IPA未踏『スーパークリエータ』 認定。専門分野は画像処理、深層学習、機械工学。

What we do

  • Photogrammetryを用いたVRコンテンツ開発
  • Mixed Reality Hololens 2やMagic Leapを用いたアプリケーション、システム開発

カディンチェ株式会社では2008年の会社設立当初より、一貫してVR(Virtual Reality)ソリューションの受託開発に取り組んでいます。私たちは、 現実世界の空間といった「数値化できない視覚的・感覚的なもの」をデジタルコンテンツとして再構築し、共有し合うことに価値があると考えています。VRコンテンツプラットフォームの構築を主軸に、コンテンツ制作からソフトウェア開発まで幅広いソリューションを提供しています。

◆自社サービス
〇XR Metaverse System: 3D CGによるVRメタバースを構築し、その仮想空間内でアバターを利用して他ユーザとのインタラクションが取れるサービス開発をしています。

◯360 Live Streaming:360度VR動画ライブストリーミングサービス
・360度カメラ等でのライブ配信が可能なライブストリーミングサービス
・双方向リアルタイム通信によるVRテレビ会議システム
・使用プロトコル:RTMP、RTSP、WebRTC等
・利用実績:オンラインミーティング、音楽ライブ、イベント 等

◯PanoPlaza Movie:360度VR動画共有サービス
・2014年12月にローンチ
・Youtubeよりも早く360度VRに特化した動画の投稿・配信を実現
・THEATA V や Insta360 ONEなど個人
・OEM提供やカスタマイズ提供などBtoB向けにも展開
・利用実績:ゲーム、ホテル、出版社 等

◆クライアントワーク
〇ソフトウェア
・各種HMDやスマホ向けのVR動画視聴アプリ
・360カメラを使用したVideo Management IoT System
・WebRTC を使った VR コミュニケーションシステム開発
・複数人参加型 VR プラットフォーム開発
・Vtuber向けモーションキャプチャシステム開発

〇VRコンテンツ制作
・モーションキャプチャ:VTuber向けのモーションキャプチャ
・3D CG: フォトグラメトリを使用したVRコンテンツ開発
・360動画:報道、住宅案内、企業案内、工場案内、安全教育 等

◆今後取り組む予定の事業内容
■1,実写VR・360度動画
360度動画CMSやライブストリーミングシステム開発の実績を基に、より各業界の問題解決・利便創造に向けて、360カメラを用いた監視システムやそれに用いられるコンピュータビジョン技術の開発
■2,Virtual Reality & Metaverse
3次元仮想空間・リアルタイムコミュニケーション・モーションキャプチャ等を用いた、エンターテインメントや教育向けアプリケーションの開発
■3,Mixed Reality
Hololens や Magic Leap One といったMRヘッドセットを用いたエンタメ用・業務用システム開発

Why we do

  • カディンチェ株式会社ロゴ

私たちは、「驚き」という感覚を大切にしています。
「驚き」は、記憶されていた情報と新たな情報の間に大きなギャップがあって、初めて生まれる感情です。

不可能が可能になるときの驚き。
期待を超えた何かに触れたときの驚き。
そして、未知のものに出会ったときの驚き。

テクノロジーが飛躍的に進歩し、ありとあらゆるものが当たり前となっている今だからこそ、私たちは自分たちにしかできない「驚き」を創り出し、そして世界に貢献したいと考えています。カディンチェは技術、スピード、発想、品質、サービスで、世の中に驚きを与える会社を目指し、さらに進化し続ける努力をしています。

How we do

  • 3D インタラクティブディスプレイを用いたアプリケーション開発

■社員構成
現在は約20名のチームで、創業者2名は過去にソニー研究所にて映像処理に取り組んでいた技術者です。その他にもIT企業やメーカーの出身者、新卒社員など多様なバックグラウンドを持つ仲間が集まっています。特にエンジニアが半数以上を占める開発中心の会社です。また複数名の外国籍社員が在籍しており、多様性を重視しています。

■機材構成
東急目黒線 西小山駅徒歩3分に位置するオフィスでは、Hololens 2、Magic Leap 1、Oculus Quest、Oculus Rift S, HTC VIVE などの各種HMD、HoloLense, RoboMaster S1, Azure Kinect DK, RealSense, Looking Glass, zSpace などの最新ガジェットに囲まれながら日々業務に取り組んでいます。またKadinche XR Labでは光学式モーションキャプチャシステムを稼働させております。

■社内ルール
・信頼関係が構築された上でのリモートワーク制度
・各個人がそれぞれの判断で使用可能な個人予算制度
その他、チームとしてのアウトプット最大化・生産性アップを目指して、随時社内ルールの改善改良に取り組んでおります。

As a new team member

■現状に対する課題感
当社は創業13年目に入るXR Engineering Firmです。エンジニアリングに強いチームを志向してきて、主にB2B業界において、様々な企業さんとVRやARを用いたシステム開発に取り組んできました。360度系コンテンツ管理システム、ライブストリーミングシステム、VRメタバースシステム、MR観光アプリケーションなど自社で研究開発を進め、そのテーマを基に受託での開発依頼を受けるケースが多いのが現状です。この自社での研究開発を、自社での製品開発までに進化させて、より多くの企業やユーザに当社開発のプロダクトを届けたいと考えております。既存メンバーの多くが、どちらかというと受託開発の進行管理や開発に工数が割かれている現状、自社製品開発を進めるには、それに特化したプロダクトマネージャーを採用したほうが良いと考え、今回の募集をする次第です。

■募集内容
当社が保有する技術やソフトウェア資産をベースに、以下のような課題を解決して、自社製品開発の先導を担当するプロダクトマネージャーを募集しています。

・マーケティング:技術的なシーズと社会的なニーズのマッチング
・製品開発管理:プロトタイピング→実証実験→製品化までの進行管理
・製品企画:製品化に際しての方針・仕様・デザイン等の決定
・外部連携:デザイン、開発、営業等の一部において外部協力会社との連携

なお、当社はB2B向けの技術開発が多いため、当面はB2B向けの自社製品開発を想定しています。

■将来性
当社では、B2C向けエンターテイメントの領域においては、松竹株式会社と株式会社侍とともに、ミエクル株式会社( http://miecle.com/ )という合弁会社を運営しています。この会社ではXRを使用した次世代エンターテイメントシステムの開発に取り組んでいます。松竹や侍が持つ伝統芸能、映像制作、スポーツ等を最先端のVR等と組み合わせるための3社連携です。
ミエクルで実現したように、自社製品開発を検討する過程で、該当領域での分社化・合弁会社化なども視野に入れて取組んでいます。自社単独で取り組むのでも良いですし、プロと連携するのでも構いません。市場に製品を届けるのに最適なアプローチを検討できればと思っています。

Highlighted stories

ミエクル株式会社のご紹介
スマートフォン端末で8Kストリーミング配信をお楽しみ頂ける「My 8K」 On Demandの開発を行いました
【360°バーチャル ライブ『STADIUM LIVE IMAGINATION』の配信サポートを行いました。】
Other users cannot see whether or not you're interested.
0 recommendations
Company info
カディンチェ株式会社
  • Founded on 2008/08
  • 18 members
  • Expanding business abroad /
    Featured on TechCrunch /
    CEO can code /
  • 東京都品川区小山6-5-10 千代田ビル2,4階
  • VR,MR等のB2B向けソフトウェア製品開発を先導して下さい!
    カディンチェ株式会社