1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.
Mid-career
マーケティング
on 2020-08-11 4,611 views

日本酒を世界酒に!WAKAZEの国内マーケティングを担うメンバー大募集!

株式会社WAKAZE

株式会社WAKAZE members View more

  • 現状:
    株式会社WAKAZEの代表取締役CEOとして、”日本酒を世界酒に”というビジョンを掲げて国内外で事業を展開。日々イノベーティブなSAKEを世に送り出すことに全力で向き合っています。「和の風を世界に送り込む」「新しい価値をSAKEに生み出す」ことに関心のある熱い仲間を常に探し続けています!

    経歴:
    立教の小中高から慶應理工に進み、2年間のフランス留学を経て流体力学分野で修士号を取得。新卒としてBoston Consulting Groupに入社し、2年間務めた後に株式会社WAKAZEを創業。

  • 【経歴】
    2010年に一橋大学社会学部を卒業し、同年4月から2017年6月までの7年間、楽天株式会社に勤務。楽天トラベル、ウェディング、教育事業などで、営業、企画、マーケティング、新規事業策定などを担当。2017年7月からはWAKAZEで営業、ECなどを担当。

    【WAKAZEへの想い】
    横浜で100年続いた酒屋(小売店)の息子。実家のような「売場」が盛り上がるためにも、もっと面白いお酒を造る「製造」から酒業界を変えていきたい。ビールもワインも好きだけど、やっぱり日本の伝統である日本酒が世界を席巻していく瞬間に立ち会いたい。

  • 【経歴】
    1841年創業の群馬「聖酒造」に生まれ、東京大学および大学院農学生命科学研究科に進学。2013年4月新卒1期生としてOisixに入社し、2年半でEC、店舗、経営企画・IRを経験。代表の稲川と共にWAKAZEを創業し、3年間酒造り修行開始。2018年7月より再合流、「WAKAZE三軒茶屋醸造所」で杜氏を務める。

    【WAKAZEへの想い】
    修行先の新政酒造(秋田)、桝田酒造店(富山)、阿部酒造(新潟)、聖酒造(群馬)で学んだ思想と技術をWAKAZEに還元し、兄が8代目を継ぐ実家を含めた日本酒業界の次の時代を創っていきます。

  • 耐えられることを仕事にするのではなく、好きなことを仕事にしたい、
    人生に背負いすぎず、楽しく過ごすためにはどうすべきか。


    生き物と日本酒が何より好きです。

    〈在学〜前職〉
    生き物のなりたちに心動かされ、分子生物学を専攻。
    在学中に取得した国家資格を活かし2014年に放射線関連商社に入社。


    〈好きなこと・これから〉
    ●生き物が好きです
    あらゆる生き物が好きです。

    ●お酒が好きです
    日本酒と赤ワインを中心に、醸造酒がすきです。
    温度を変えても寝かせても味わいを楽しめる日本酒ってすごい。

What we do

  • フランス・パリでの自社醸造所「KURA GRAND PARIS(クラ・グラン・パリ」)
  • 三軒茶屋醸造所とWhim SAKE & TAPAS

WAKAZEは日本酒のメーカーです。大きく分けて3つの事業を展開しています。

■フランス・パリでの清酒製造
2019年11月にフランス・パリで酒蔵を設立し、ヨーロッパ各国に販売・展開しています。日本にも逆輸入して商品を展開し、ブランドの確立に取り組んでいるところです。

フランスで製造している清酒「セラヴィ」は100%フランス産の原料を用いており、フランスという世界における食文化の発信地から現地の気候、水、米の良さを活かしたこれまでにないSAKE(もはや日本だけの酒ではなくなるので日本酒と呼びません!)を造り、世界でSAKEが造られ、飲まれる文化を作る先頭に立ちたいと思っています。

■国内委託製造事業
日本では、自分たちで作りたいお酒のレシピを設計し、製造を酒蔵に委託する「委託醸造」というモデルをとっています。

2017年に開発された、WAKAZEのファーストブランドであるワイン樽熟成日本酒『ORBIA(オルビア)』は香りの高さ、ボディの強さ(味の濃厚さ)が特徴で、油脂分の多く味付けの濃い洋食と合わせることができる日本酒です。

国内ではミシュラン星付きのレストランで採用され、海外ではパリ、香港をはじめとした7ヶ国に進出しており、世界中のグルメたちを唸らせています。

2018年の新商品FONIA(フォニア)はお米の発酵段階にハーブやスパイスを投入する、新しい製造方法で造ったお酒です。後から果汁を添加するリキュールとは違い、複雑で奥行きのある薫りを楽しむことができます。酒税法上は「日本酒」ではなく「その他の醸造酒」というジャンルに分類されるのですが、独特で新しい味わいと香りで、着実にファンを増やしています。

現在、40都道府県、200店舗におよぶ全国の小売店でWAKAZEのお酒が購入できるようになりました。

■三軒茶屋の醸造所併設バル「Whim SAKE & TAPAS」
2018年7月、WAKAZEのお酒の発信拠点として東京・三軒茶屋でブリューバル(醸造所併設バル)をオープンしました。お店の名前は「Whim(ウィム) SAKE & TAPAS」。Whimとは「ちょっとした思いつき」という意味です。お店を出すことに決めたのもちょっとした思いつきであれば、そこに来るお客様にも美味しいお酒を飲み語らいながら、ちょっとした思いつきを得てもらいたい、そんな思いで作られたお店です。

最大のウリは、その場で造ったどぶろくをフレッシュな状態でバルで提供できること。今までにほとんどなかった斬新な店舗です。醸造所では「その他の醸造酒」の製造免許を取得し、どぶろく、ミード(蜂蜜酒)、玄米酒、ボタニカル酒などでオリジナルの美味しいお酒を少量生産、高速回転で製造していきます。

もちろんWAKAZEのお酒は全部飲めますし、合わせる食事もスパイスをふんだんに取り入れたタパス(小皿料理)で、こだわり抜いたペアリングでご用意しています。

お酒を「造る」だけでなく「伝える」「発信する」拠点として活用しています。

Why we do

  • フランスでの酒造りの様子
  • 100%フランス産原料の清酒「セラヴィ」

酒業界全体に目を向けると、毎年のように日本から酒蔵が減っています。日本人の趣好の変化や、若者のアルコール離れなどの影響で、日本酒の消費量が減っているためです。

一方で海外輸出は伸びています。しかしその額はまだまだ微々たるもの。フランスはワインを年間で1兆円輸出していますが、日本の日本酒の輸出額は222億円ほど。そこには50倍ほどの差があります。

この差は何か、それはワインが圧倒的に多種多様で、多様さが世界中の食事とのペアリングを可能にし、その結果世界中で飲まれているからに他なりません。世界中で飲まれるようになった結果、世界中で造られてもいます。

日本の伝統文化である日本酒も、そうなる可能性があるはずだ。そう思った私たちは、自らが造り手になることを考えました。ただし、現在の日本の法律では酒造への新規参入の門は固く閉ざされています。それなら委託醸造でと造ったのが洋食とペアリングのできる日本酒「ORBIA」です。

私たちの考えていた通り、洋食とのペアリングに特化したことで海外への急速に展開し、開発からわずか半年で5カ国に進出しました。

そしてORBIAのリリースから2年半後の2019年11月、念願だった自社醸造をフランス・パリで実現しました。海外で酒を造ることで、より海外に日本酒が浸透していくことにもつながりますし、海外の独自の発想を持って、日本酒がさらに進化していく可能性を秘めています。WAKAZE自身も、酒造りを国内、海外で実現することで、よりアイデアの幅を広げ、自由で、革新的なお酒を造ることができます。

このようにして、誰もが自由に世界中で日本酒を造ることができる世界が来れば、お酒と一緒に日本の素晴らしい文化も世界に広めることができますし、いちお酒好きとして、画一的な商品だけでなく、より面白いお酒と日々出会うことができるようになればこれほど素晴らしいことはないと思っています!(クラフトビールが少しずつその世界を実現しようとしてますね!)

How we do

  • WAKAZEのブランドプロミス「人生に、ワクワクを仕込もう。」
  • WAKAZEチーム

日仏合わせて社員は13名で、アルバイトスタッフなどを含めると40人のメンバーが所属しています。社員は主に「経営」「営業」「マーケティング」「広報」「醸造」「事務」「飲食店店長」「飲食店キッチン」をなどを分担して担当しています。それぞれがリーダーシップを持って、かつ役割やチームを超えて助け合いながら、仕事のできる環境です。

2020年から21年にかけては新商品「セラヴィ」のリリースもあり製造量が増えていきます。その販路を拡大ももちろんですが、ブランドプロミス(お客様への約束)である「人生にワクワクを仕込もう」を体現すべく、常にお酒を通じたワクワクの機会を提供したり、また社員自身が日々の仕事に対してワクワクを感じて働くことで、WAKAZEのファンを増やし、日仏ともに大きな飛躍を遂げて「日本酒を世界酒に」のビジョンに向かっていきます。

As a new team member

WAKAZEのビジョンは「日本酒を世界酒にする」であり、お客様とのブランドプロミスは「人生にワクワクを仕込もう」を掲げてます。画一的な商品ではなく、多様性溢れるお酒を造り提供することで、常にお客様に「次はどんなお酒を造るんだろう」と楽しみにしてもらい、ワクワクする日々を提供したいのです。

フランスで造った革新的な清酒「セラヴィ」はもちろんのこと、山形で造っているブランド「ORBIA」「FONIA」、三軒茶屋で造っている「どぶろく」をどのような人に対して、どんなアプローチで届けていくかを、またファンになってくれた方をどのようにして楽しませて続けるかを考えるのが「WAKAZEのマーケティング」です。

今回の募集では戦略構築(仮説設定)から実行までを牽引してくれる方を探しています。具体的には例えば「新商品をリリースする際にプロジェクトリーダーとなり、PR、営業、SNS、製造、出荷、CSなどの各チームと連携して、売上を最大化していく」というような仕事が中心となります。

【仕事内容】
・商品プロモーションの立案、実行
・オンライン販売の売上管理
・イベント企画
・WEB広告ディレクション

【こんな方を探しています】
■WAKAZEが大切にしている3つのバリューに共感、実践してくれる方

《 1. Think Outside the Box 》
非連続的な思考を持ち、従来のやり方に囚われない革新的アプローチで取り組む
《 2. Be Quality Concious 》
表面的ではない本質を見据え、常に過去最高のクオリティを追い求める。
《 3. Take Initiative 》
全員がリーダーとして、社会に対してイニシアチブを発揮して、CRAFT SAKE革命をリードする。

■One for all, All for oneの精神で、チームで力を合わせて仕事をすることが好きな方
■スタートアップ特有の「あらゆるリソースが潤沢でない」環境に対して、工夫を重ねて前向きに取り組める方
■不慣れなことや新しい仕事に対して、成長意欲を持って取り組める方
■お酒が好き(強くなくても大丈夫です)な気持ちと、熱意と元気がある方

【キャリア構築の可能性】
能力と成長度合いによっては海外赴任、新規事業立ち上げなど様々な業務に関わる可能性があります。

新しいことにチャレンジしたい!という方はぜひ、まずは気軽にオフィスに遊びに来て下さい。美味しいお酒を用意してお待ちしております。

Highlighted stories

【社員インタビュー vol.4】SAKEの力でお客さんのワクワクを生み出したい!WAKAZEのマーケティングスタッフにインタビュー!
【社員インタビュー vol.3】パリで日本酒の魅力や多様性を伝えたい!WAKAZE三軒茶屋醸造所のスタッフにインタビュー!
【社員インタビュー vol.2】地元・東北の力になりたい!WAKAZEの直営店「Whim SAKE &TAPAS」の店長にインタビュー!
Other users cannot see whether or not you're interested.
5 recommendations
Company info
株式会社WAKAZE
  • Founded on 2016/01
  • 13 members
  • Featured on TechCrunch /
    Funded more than $1,000,000 /
    Funded more than $300,000 /
    Expanding business abroad /
  • 東京都世田谷区三軒茶屋1-39-7-406 ライオンズステーションプラザ三軒茶屋
  • 日本酒を世界酒に!WAKAZEの国内マーケティングを担うメンバー大募集!
    株式会社WAKAZE