This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.
臨床支援
on 2020-02-21 378 views

介護福祉・医療でGOKURIの臨床活用をアカデミックとビジネスの両輪で支援

PLIMES株式会社

PLIMES株式会社 members View more

  • 下柿元智也

  • Industrious, Intense, Sports Addict Entrepreneur with a PhD in Assistive Robotics. Passion for Research, Product Design & Development and striving to use Deep Tech innovations to improve Quality of Life.

  • 死ぬまで編集者。2015年4月に株式会社ZINEを立上げ、代表取締役編集長としてがんばっています。

    医療系スタートアップ PLIMES株式会社の取締役CCO

  • 近道って、人それぞれ違うと思うんですよね。
    最短距離なのか、最短時間で到達することなのか、労力を最小限に抑えることなのか。

    きょろきょろする私は、たとえそれが左折だと言われても、目の前の正面に向かってしまう。見たらさいご、これが私のまっすぐとばかりに、曲がりくねった道を行く。

    私はいつも近道探して遠回り。
    最高の近道を探して、行き止まりで後戻り。
    あちこちの道を試して、うろうろして、これは違った、これは楽しかった、これは美しいと、心が何かに満たされればそれでいい。
    なんなら予定通りにつかなくたって構わない。
    草むらから飛び立つキジに驚き、野兎と並走し、大麦畑に描かれる風の軌跡に足を止...

What we do

  • 2019年、「G20茨城つくば貿易・デジタル経済大臣会合」でGOKURIを河野太郎 外務大臣をはじめ関係閣僚に説明
  • アメリカ、スウェーデン、デンマークなど海外との連携を強化中

PLIMES株式会社は、飲み込みの正しさを測る「GOKURI」を開発しました。
GOKURIは、人工知能が嚥下を測るウェアラブルデバイス。筑波大学及び筑波大学附属病院における研究成果である、頸部装着型嚥下モニター(特許第5952536号)と情報システムがもとになっています。首に装着したセンサで嚥下音や姿勢を計測し、AI技術とクラウドデータベースが解析(特許出願中)。正しく嚥下できたかどうか、嚥下能力がどの程度なのか定量化します。

Why we do

  • はじめてのGOKURI出荷
  • 開発中の様子

高齢になったり、病気などで、誰もが徐々に、当たり前だと思っていたことがむつかしくなります。
食事や飲み物を上手に飲み込む「嚥下」もその一つ。特に、高齢者の肺炎の多くは、この飲み込みの失敗、誤嚥が原因ともいわれています。
嚥下を正しく理解すること、そして誤嚥を防ぐことが、医療、健康福祉、公共政策、さらには食品産業にとって世界的な社会問題として、共通のテーマとなっています。
私たちPLIMESのポリシーは、人々の当たり前の暮らしをテクノロジーによって支援し、自立した生活を促すこと。
科学技術の社会実装とともに、社会問題を解決し、少し良い未来のため人々の生活を「シンプル」にするというチャレンジです。

How we do

  • 勉強会やイベントも積極的に開催
  • 経営陣によるワンデーキャンプ。経営企画会議は気分を変えて、あえて社外で

私たちは「GOKURI」のお客様は、医師、歯科医師、看護師、介護士といった医療福祉に携わる方々です。患者様の嚥下データを計測しながら、セミオーダーメードで、それぞれの施設・ユーザー様に適したサービスを提供しています。
継続して嚥下機能を見ることで、誤嚥の予防になると考えています。また、ベッド上で食事をするときなど、嚥下時の姿勢は重要です。あごを引くことで、肺へ食物が行きにくくなるなど、誤嚥の予防には姿勢の指導が有効です。GOKURIは、このような適切なリスク管理・処置に対し、嚥下時の姿勢(頸部姿勢)といった定量的な値を提供できます。

As a new team member

これまで、摂食嚥下に関する学会大会などでGOKURIを出展してきました。毎回、医師、看護師、言語聴覚士、介護福祉士の方々に関心を寄せていただいています。GOKURIを臨床的に使っていただく際の不安や疑問を丁寧にヒアリングし、解決へ導くサポートをお願いしたいと考えています。施設や病院勤務の方も、並行して非常勤でコミットしていただくことも想定しています。

◆ 仕事概要
・介護福祉系、医療系の臨床場面でのGOKURI運用支援

◆ 応募条件
・総合病院での摂食嚥下に関わる経験:5年以上
・摂食嚥下に関する専門性を高めるモチベーションがある方
・嚥下機能評価(頸部聴診法・食形態の改善指導等)の実務経験

◆ あるとよいスキル
・摂食嚥下関連学会での症例報告経験

◆ こんな方を求めています
・グローバルマインドのある方
・医療や福祉で本当に必要としている人に届くものを作りたい方
・社会問題の解決に真剣に取り組みたい方
・新しい産学連携の形に興味がある方

Highlighted stories

いつまでも、おいしく食べられる幸せを
GOKURIを知ってほしい
Other users cannot see whether or not you're interested.
2 recommendations
Company info
PLIMES株式会社
  • Founded on 2018/04
  • 7 members
  • Funded more than $300,000 /
    Expanding business abroad /
    CEO can code /
    Funded more than $1,000,000 /
  • (つくば本社) 〒305-8577 つくば市天王台1-1-1 産学リエゾン共同研究センター棟201室
  • 介護福祉・医療でGOKURIの臨床活用をアカデミックとビジネスの両輪で支援
    PLIMES株式会社