This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.
Mid-career
プロダクトマーケティング
on 2020-02-17 118 views

世界で勝負するプロダクトの製品企画を募集!ビジネスモデルの変革に挑戦!

株式会社FRONTEO

株式会社FRONTEO members View more

  • ウェブ制作会社、SIerにてソフトウェア開発とサーバー運用のイロハを学んだあと、2002年から技術評価→投資を専門に行うベンチャー企業にて、自然言語処理、統計解析、財務・株価情報分析を用いた、技術・企業の評価アプリケーション開発を手掛ける。2009年FRONTEO入社後は、機械学習を駆使した情報発見アプリケーション群、Lit i Viewシリーズにより、人工知能搭載フォレンジックツール、人工知能搭載自動メール監査ツールといった世界初のアプリケーションを世に送り出している。2013年CTO就任。技術もプロダクトもチームも戦略も、作ること、機能させることの楽しさは変わらない。

What we do

  • FRONTEO独自開発AI「KIBIT(キビット)」
  • AI「KIBIT(キビット)」の仕組み

株式会社FRONTEOは創業以来、国際訴訟支援を事業として行い、証拠発見という妥協の許されない業務において、「KIBIT(キビット)」という人工知能を開発しました。

現在KIBITは、国際訴訟における証拠発見という分野を飛び超え、金融、知財、人事領域などのビジネスインテリジェンス分野、医療、製薬領域などのヘルスケア分野、ロボット領域などのデジタルコミュニケーション分野に展開。さまざまな領域のデータ解析にチャレンジし続けています。

【KIBITビジネスソリューション】
 http://www.kibit-platform.com/

Why we do

FRONTEOは、企業の誇りと価値を守るという理念のもと、2003年8月の設立以来約15年で、不正調査と国際訴訟支援の分野で存在を認められる企業に成長しました。
特に、訴訟大国アメリカでのビジネス体制を早期に構築すべく、子会社の設立やナスダック上場、企業の買収と、絶えず変革と進化を続けたことで、事業の安定成長を実現しています。

これらの取り組みの中からAI「KIBIT(キビット)」が生まれました。KIBITは、個人の経験や知恵・感覚を理解しデータ解析を行うという卓越した能力を備えています。
2015年にはKIBITによる、ビジネスインテリジェンス、ヘルスケア、デジタルコミュニケーションという新しい領域の事業化・収益化を実現し、社会や産業界の注目を集めています。

FRONTEOは人と社会にとっての未来を創造し、Bright Value Creatorとして人と先端科学の未来に向かう輝ける価値を創造します。

How we do

  • AI・人工知能EXPOで企業ブースを出展しました。
  • 人工知能学会やIEEEなどアカデミックのスポンサーにもなっています。

【FRONTEOの3つの特徴】

- 最先端のAI技術を自分たちで作り出しています -
FRONTEOが開発しているAIアプリケーションは、四半期に一度、新バージョンのリリースを行うというビジネス向けとしては驚異的なスピードで進化を続けています。
このような環境に身を置き、仲間たちと切磋琢磨しあうことで、挑戦、成長のチャンスを自分のものにすることができます。

- グローバル・ダイバーシティ -
FRONTEOは、米国・韓国・台湾ほか海外に11拠点を持っており、グローバルに事業展開を進めています。

- デュアルリスティング(日米双方で株式公開)-
FRONTEOは、日本の東証マザーズと米国のナスダックに上場しており、2つのマーケットの動きを常に感じられることで、世界のビジネスの動きを体感できます。

 
【行動情報科学研究所とは】

FRONTEOの行動情報科学研究所では、行動情報科学という当社独自のコンセプトのもと、アルゴリズムの研究開発を行い競合他社との差別化を図っています。この行動情報科学とは、FRONTEOが提唱する、大量のデータを人の思考および活動結果の集合体と捉え、そこから人の思考や行動を分析しようというもので、近年は人間のどのような思考や活動に対し、どういったアルゴリズムを当てはめれば自動化することができるのか、という点にフォーカスした研究、開発を推進しています。そして、R&Dと開発が一丸となって業務を遂行することで、AI技術のビジネス活用を加速させています。

【FRONTEOの事業ドメイン】

- リーガルテックAI事業 -
リーガルテックAI事業(ディスカバリやフォレンジックの支援)では、顧客企業の担当者や米国の弁護士と意思疎通を図り、米国・韓国・台湾にある海外グループ会社と連携しながらグローバルな体制で業務を推進しています。当社の独自AI「KIBIT」は、このリーガルテックの現場から誕生しました。

- AIソリューション事業 -
金融、知財、人事領域といったビジネスインテリジェンス分野に自社AI、KIBITの導入を推進しています。近年さらに、AI BizDevOps Lab.を設立、お客様の様々な課題に最適なアルゴリズム、手法の提案、実装、運用のサポートを提供します。

- ヘルスケア事業 -
当社の子会社であるFRONTEOヘルスケアは、患者を第一に考え、エビデンス(根拠)に基づいた研究開発を推進し、医療の向上に貢献することを理念の柱としています。人工知能 Concept Encoder であらゆるデータを客観的に評価し、解析過程を明示し、安心して使用を継続できるサービスを実現します。

As a new team member

■ポジションの魅力
・ 米国向けLegal TechソフトウェアでNo.1シェアを目指す
KIBIT Automator、Lit i ViewはeDiscovery向けのLegal Techソフトウェア製品であり、eDiscoveryの主戦場はアメリカです。アメリカの競合製品に勝つためのプロダクト計画と販売・利用推進を実施する中で、プロダクトマーケティングとしてのさらなる成長が期待できます。
・ AIソフトウェアを使ったビジネスモデルの革新
KIBIT Automatorは訴訟に関連する証拠文書を読み判断することを弁護士に代わって実施したり、サポートしたりするソフトウェアです。また、ソフトウェアの効果と新たなビジネスモデルの提案を行う事により、エンドユーザーに大きなメリットを与える事が可能になります。あるドメインの革新に立ち会う経験は希少であり、大きなキャリアにおける強みとなります。

■募集背景
プロダクトについて、開発部門がドリブンする形で性能や機能に重点を置いて作成してきましたが、差別化要因を明確にしより競争力の高い製品にするために、製品企画やマーケティング、UXの専任者を設け活動を強化する目的での増員です。

■行動情報科学研究所とは?
行動情報科学研究所では、行動情報科学に基づいたビッグデータ解析技術および人工知能の研究開発を行っています。自然言語処理、機械学習、データマイニングを始めとする研究やソフトウェア開発などを推進し、サービスの運用から得られるユーザー体験を、研究開発へとフィードバック。実際に社会に働きかけながら、研究開発のサイクルを加速しています。

■今後の該当事業展開見込み
リーガルテックAI事業を中心に”KIBIT”というAI(自然言語処理)エンジンを使用した製品を打ち出しています。特にアメリカのE-Discovery業界においてはKIBIT Automatorという新しい製品によるビジネスモデルの変革を目指しています。

■具体的な業務内容
(1) eDiscovery市場を調査し、市場の中にあるニーズや機会を捉え、市場規模についての仮説を立てる。
(2) 競合調査を行い、差別化要因を定性・定量的に定義する。
(3) 見込み客の想定と商流の定義およびプライシングを営業・営業マーケティング部門と共同で行う。
(4) 新プロダクトについての事業計画(売上計画・投資計画)を関係者と調整の上立案し、承認を得る。
(5) 新プロダクトの販売を推進する上で必要な見込み客のリストアップとペネトレーションプランを営業・営業マーケティングチームと共同して計画化し、推進する。
(6) 新プロダクトのネーミングやプロモーション計画を営業・営業マーケティングチームと共同して立案し、推進する。
(7) 新プロダクトを開発する上で必要な識者やフレンドリーカスタマーとの関係を構築し、有用なフィードバックが得られるようプロジェクト化する。
(8) マニュアルなどのプロダクトに関わるコンテンツの制作の推進。

■USとのかかわり方
ユーザーの中心はUSになりますので、USとのWeb会議や、必要に応じてUS出張があります。

================================================
■必須条件
以下の要件を全て満たす必要があります。
(1) プロダクトマーケティングを3年以上経験していること
(2) ソフトウェアビジネスの事業計画立案経験
(3)日本語:ネイティブレベル
(4)英語:ビジネスレベル

■歓迎条件
(1) データ分析に関連する事業の計画立案経験(AI、自然言語処理分野であれば尚可)
(2) プライシングに関する業務経験
(3) ビジネスモデル構築に関する業務経験

■こんな方は是非!
以下の(1)~(4)のすべてに当てはまる方:
(1) ユーザーや業務の事をよく理解し、ユーザーに利用価値をもたらすソフトウェア製品を作る事に情熱を持つ方
(2) ユーザーと開発との橋渡しを行うための高いコミュニケーション力を発揮できる方
(3)経営的な視点をもって、ビジョン・戦略を創造し、業務を遂行できる方
(4)目標を達成するために、組織・メンバーを動かし成果を出せる方

■キャリアパス
プロダクトマーケティングとして、グローバルでの製品企画全体のマネージメントを手掛けて頂くキャリアパスや他のAIプロダクトに関してもご担当頂くキャリアパスも考えられます。

Highlighted posts

人工知能学会合同研究会2019に参加してきました!
台風上陸、どうなるWebDB Forum 2019!
「みんなで楽しく仕事をするチームを目指していきたい」製品開発BSチームの石山さんにインタビューをしました。
Other users cannot see whether or not you're interested.
0 recommendations
Company info
株式会社FRONTEO
  • Founded on 2003/08
  • 350 members
  • Expanding business abroad /
  • 東京都港区港南2-12-23 明産高浜ビル
  • 世界で勝負するプロダクトの製品企画を募集!ビジネスモデルの変革に挑戦!
    株式会社FRONTEO