1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.
バックエンドエンジニア
on 2019-11-27 2,212 views

VR業界の伝説を創る可能性を秘めた企業でバックエンドエンジニア募集!

株式会社VARK

株式会社VARK members View more

  • 移動機システムのエンジニアとしてBtoBの業界で経験を積み
    スマートフォンの発展とともにBtoCへの興味から
    ソーシャルゲーム業界に転職
    高負荷を支えるサーバーサイドとして
    負荷に耐えるデータベースのテーブル設計や
    キャッシュを利用した負荷の軽減等の実績を積む

    OculusやHTCのHMDの登場で技術的な興味と
    VTuberやVRライブの登場でコンテンツの興味が重なり
    VR業界に転職し現職に至る。

What we do

  • 「Kaede Higuchi VR LIVE『Gekka-Bijin』」を開催
  • 「Cinderella switch 〜ふたりでみるホロライブ〜 vol.1」を開催

私たちは「新しい活躍の場所を創り、新しい人生を届けること」を目指し、「世界で一番活躍できるバーチャルな場所」を創っています。

■□ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  VRで新しい人生を
━━━━━━━━━━━━━━━━━━ □■
私たちのミッションは「新しい活躍の場所を創り、新しい人生を届けること」です。
最終的には誰もが活躍できるVRのSNSのようなサービスを展開するべく、
まずその第一歩として、様々な才能を持ったアーティストが最高に輝き、自由に表現・活躍することができる【VRライブプラットフォームVARK】を自社開発・運営し、その上で開催するイベントの企画・プロデュース・制作を行っています。
https://vark.co.jp/

■□ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  『VARK』とは
━━━━━━━━━━━━━━━━━━ □■
VARKはアーティストのパフォーマンスをあたかも自分がコンサート会場にいるかのように体感できるサービスです。

最近ではバーチャルイベントも増えてきましたが、様々なプラットフォームがある中、『VARK』はVRを駆使した圧倒的なライブ演出とクオリティが強みです。
出演者様やそのファンの方のことを第一に考え、それに合った「最高の体験」を追求した企画開発により、圧倒的な満足度実績を誇っています。

特に、「アーティストが目の前に来て歌ってくれる」「観客がアクションでライブを盛り上げることができる」など、現実のライブでは困難な多種多様な演出で『VRならではのライブ体験』を存分に味わえます。

【VARKの実績】
◆Twitterトレンド1位獲得!VTuberが大集合した伝説のバーチャルフェスライブ
2019年8月24日、25日の2日間にバーチャルライブ史上伝説のバーチャルフェスライブ「Vサマ!」を開催しました。
ミライアカリさん、YuNiさんをはじめ、18名のVTuberが登場。またゲストとして初音ミクさんが登場するなど大きな盛り上がりをみせ、当日のTwitterトレンドではなんと「1位」を獲得しました。
https://vark.co.jp/event/virtual-summer-fest-2019/

◆HMDが店頭から消えた伝説のイベント
「VARK Presents. hololive Virtual LIVE series in VARK『Cinderella switch ~ふたりでみるホロライブ~』vol.1」
2020年9月27日、ホロライブ所属「宝鐘マリンさん&天音かなたさん」によるライブを開催しました。
このライブでは二人組の一人がステージ上でライブをし、もう一人が『連番者』となって”あなたの隣で”一緒にライブを観て盛り上がる全く新しいライブ形式で開催されました!
ライブ開催に伴い、全国のHMDレンタルショップからHMDがSOLD OUTしてしまう緊急事態が発生。「VRライブ=VARK」というブランディングが確立したイベントになりました。
https://lp.vark.co.jp/futaride_miru_hololive/

Why we do

  • VRライブハウスサービス「VARK」

■□ ━━━━━━━━━━━━━━━━━
  「最高の時間を過ごしてもらう」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━ □■
VRでのライブ事業を行う上での根底として、とにかく「人生で最高の体験を提供したい」という考えに基づいています。
会社のミッションである「新しい人生を届ける」上で、この「新しい人生」が「旧い人生」よりも輝いている必要があるからです。
そのために、VARKが提供するものについてはとにかく「今までにない体験で最高に楽しんでもらう」ことが命題となります。
だからこそ、

・最高の視覚的情報量を与えられるデバイス(VR)で
・ライブというとびっきりの『ハレの日』に
・最高に輝いているあの人を
・最高の座席で応援できる

というシステムをとりました。
ライブ開催についても、利益を追求しようと思えばもっと高頻度で行うことは可能ですが、社内で定めたクォリティラインが達成できる頻度で、一つ一つのイベントを「最高の体験」に仕上げるよう動いています。

How we do

  • パーテーションなどの隔たりがない、フラットな職場環境です。
  • 仕事の合間に、休憩できるスペースも完備。

■□ ━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ミッションへのアプローチ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━ □■
◆① 短期目標『サービスの成功事例を増やして認知度を上げる』
「最高の体験」を提供することで、ライブイベントとしての成功事例を積み重ね、VARKとVRサービスの認知度を上昇させます。
既にVRライブとしては他の追随を許さないクォリティを達成できているため、現在はこれをもとに実績を積み上げてゆくフェーズであると考えています。

◆② 中長期目標『アメーバ的にどんどん広がるVARK』
上述の通り、現在は一つ一つ丁寧にイベントと向き合ってより良いものを創っていく段階なので、ライブも月に1~2本に制限しています。
しかし、大きな活動に繋げていくためには、『VARK』がアメーバのように勝手に世界に広がるようにサービスを進化させなければなりません。

そのため、今後は新しい才能を持ったアーティストの方からの、「自分でイベント開催したい!」という要望にも応えてゆきます。
先日実装した「VARK LIGHT STAGE」がその一つで、誰でも簡単にVARKでライブイベントが開催することができます。
さらにその一方で、ユーザーさん同士でコミュニケーションを取れるような機能も入れていきたいなと思っています。VR空間でのライブを中心にしたコミュニケーションをもっともっと増やしていき、「みんなが当たり前にVARKを使う」ようにしていきたいと考えています。

◆③ 最終目標『誰もが活躍できる「もう一つの世界」を創る』
VARKというバーチャルの世界では、自分のやりたことがやりたいようにできる。
そして多くの人がそれを見つけ、称賛してくれる。そして、それが現実世界と同じ、またはそれ以上の価値を持つ。
YouTubeがYouTuberを生み出し、YouTuberとして成功した人が人生の成功者と評されたように、VARKでの生き方がその人にとって現実世界以上の意味を持つ。バーチャル上にそんな「もう一つの世界」を生み出すことを目標としています。

■□ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  充実した福利厚生、働き方も柔軟です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━ □■
VARKは設立4年目のベンチャー企業ですが、福利厚生は充実しており、従業員の働き方も柔軟に対応しております。

(1) 開発に必要な機材はお好きなものを調達可能
VARKはエンジニア、クリエイターが8割を占めています。それが故に開発に用いる機材は重要であり、最大限メンバーの希望に沿った機材を選んで購入をするようにしています。

(2) 副業も可能です
エンジニア、クリエイターなど技術系職種は、フルタイムのお仕事をしながら空いた時間に副業も可能です。もちろん実業に支障がないように動いていただいておりますが、今まで得たご経験をVARK以外において副業で活かしていただいております。

(3) 企画から実装までをスピーディーに実行可能
業務スペースにパーテーションなどの隔たりがなく、社長も交えて常に活発に意見が飛び交っています。自分のアイデアをカタチにしやすい環境です。

As a new team member

Elixirで一旗上げたいと考えている方、VRプラットフォームのバックエンド開発を募集中です。

弊社のバックエンドは主にElixir/Erlang(一部Python)で構築されていますが、実務経験ではなく、ポテンシャルや意欲で飛び込んできてくださる方を歓迎します。

■ 以下のことをElixir/Erlangで実現しています
・大規模持続的同時接続
・UDPベースの高速なpub/sub
・メディアストリーミング
・モダンなマイクロサービスAPI群

■ その他の特徴
・急成長フェーズのプロダクトに携わる
・経験豊富なフロントエンドチーム(Unity/VR)とのコラボレーション
・充実したCIを目指す組織
・アーキテクチャのクリーンさ、コードのテストにも高クオリティを目指す文化

世の中には、『なぜこのシステムをElixir/Erlangで?』というシステムも多いですが、当社のバックエンドではそういった疑問の余地は無いはずです。
Elixirで実績を作りたいと思っている方にとって、一番良い選択肢になれるよう我々も最大限サポートします!
他言語/環境では実現が難しい領域に一緒に挑み、より良いサービスを目指して開発しましょう!

■ 必須要件
・Elixirがやりたくてたまらない方
・チームでの開発経験
・大規模接続を伴うサービスの開発経験
※ Elixir未経験だけどやりたい!という方も歓迎です

■ あると活きる経験やスキル
・Elixirでのサーバーサイド開発経験(Phoenix、Ecto)
・Erlangでのサーバーサイド開発経験、OTPに関する経験
・Rubyでのサーバーサイド開発経験
・ネットワークプロトコルに対する知見(TCP、UDP、TLSなど)
・オンラインゲームの開発経験

ー【開発環境】ー
◎開発言語:
  クライアントサイド:C#
  サーバーサイド:Elixir, Ruby
◎フレームワーク:
  クライアントサイド:Unity
  サーバーサイド:Phoenix, Ruby on Rails
◎開発支援ツール
  バージョン管理:git
  ドキュメント管理:Confluence
  タスク管理:Trello, GitHub Projects
  CI:Jenkins, GitHub Actions
  コミュニケーションツール:Slack

ー【メンバー構成】ー
◎クライアント6名、バックエンド4名

新規事業開発のためメンバーを積極採用中です!少しでも興味を持っていただけた方、まずは一度フランクにお話しませんか?

Highlighted stories

「Vサマ!」「ふたりでみるホロライブ」企画者が語る、バーチャルライブにかける想いと制作の裏側について
「ミッション / ビジョン / バリュー(MVV)」の作り方 by VARK
VARK、採用を超加速します!!
Other users cannot see whether or not you're interested.
1 recommendation
Company info
株式会社VARK
  • Founded on 2017/08
  • 14 members
  • Funded more than $1,000,000 /
    Funded more than $300,000 /
    Expanding business abroad /
    Average age of employees in 20s /
    CEO can code /
  • 東京都 豊島区
  • VR業界の伝説を創る可能性を秘めた企業でバックエンドエンジニア募集!
    株式会社VARK