This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.
訪問診療アシスタントドライバー
on 2019-11-18 643 views

新しい分野に挑戦したい、訪問診療アシスタントドライバーWanted!

ぴあ訪問クリニック 三鷹

ぴあ訪問クリニック 三鷹 members View more

  • ぴあ訪問クリニック三鷹院長
    2009年滋賀医科大学医学部卒業。2011年滋賀医科大学医学部附属病院にて初期臨床研修修了。2015年医療福祉生協連家庭医療学開発センター (CFMD)の家庭医療後期研修修了後、引き続き家庭医として診療に従事。2017年4月にぴあ訪問クリニック三鷹を開設、メドピア株式会社の事業にも関わっている。

  • ぴあ訪問クリニック 三鷹非常勤医師
    千葉県佐倉市出身。信州大学医学部卒業後、東京女子医科大学循環器内科入局。2004年、医師会員制サイト「MedPeer」を立ち上げ、日本の医師の3人に1人が参加するコミュニティに育てる。2014年東証マザーズ上場、経営者として「世界一受けたい授業」などテレビ出演多数。ぴあ訪問クリニック 三鷹では、循環器内科・一般内科を担当。

  • Tomoshi Yamamoto
    Other

What we do

  • 院長・田中公孝

「ぴあ訪問クリニック 三鷹」は、2017年4月に創業した在宅医療を中心とした、ぴあ訪問クリニックグループのフラッグシップ・クリニックで、現在3年目に入ります。

東京都三鷹市を拠点に在宅医療を展開し、通院困難となった患者さんの在宅療養を医療の面からサポートしています。

私たちが目指しているのは、しっかりと地域のコミュニティに根差していながら、患者さんや介護の方の目線に立ち、親切かつ丁寧な医療を提供しながらも、日々新しいチャレンジを楽しむチームを創り上げることです。

その為に、想いのある地域のケアマネージャーや介護士、訪問看護ステーションなどと連携しながら、患者さんやご家族の意向にあった在宅医療を提供できるよう、日々チーム一丸となって取り組んでいます。

関わる地域や我々だけが幸福であれば良いわけではなく、日本全国の国民が、一日でも早く良質で満足度の高い在宅医療を受けることができるよう、積極的に情報発信も行っています。

具体的には、家庭医で院長の田中による開業体験談をヘルスケア業界や若手開業医コミュニティでの講演、患者さんとの診療経験を共有する終末期医療勉強会の開催、医師会やメディアを通じてMedical Care Station(医療介護専用SNS)活用の推進・啓発などを行っています。

また、日本で唯一の現役医師兼上場企業(メドピア)経営者である石見医師を迎えて、最先端のテクノロジーを積極的に取り入れ、現場の効率化を推進し、より診療に専念できる体制を構築していくことを目指しています。

その他、眼科・皮膚科・呼吸器科の医師も関わりながら、複数科の診療体制を備えた総合在宅医療クリニックグループであり、最良の在宅医療を提供できる体制が整いつつあります。

Why we do

  • ver 4.0の在宅医療へ
  • 高まるニーズに追いついていない診療所数

【背景:自宅で最期を過ごしたくても過ごせない現実】

団塊の世代が全員後期高齢者(75歳以上)となる2025年問題。また、2030年には約50万人の人が「看取り難民」になる。このようなニュースを聞いたことがある人は多いのではないでしょうか?

人生の最後となる終末期は、医療資源を最も利用するタイミングでもあります。そのような中、政府は限られたお金を有効活用するため、病院ではなく、自宅での看取りを推奨するようになっています。患者さん側も、あるアンケート調査では、8割以上の人が自宅で最後を迎えたい、と思っている一方、実際には8割の人は病院で最後を迎えています。

このギャップは何を表しているのでしょうか?

患者さんが、現実的に最後を自宅で迎えようと考えた場合に、残される家族に色々と迷惑をかけたり、不安な気持ちを与えたくない、という思いやりの気持ちが大きいと思います。

【なぜ今在宅医療なのか?】

院長の田中は、研修医時代に誤嚥性肺炎を繰り返す⾼齢者の胃瘻問題を多数担当していく中で、退院が叶わず、介護施設や療養病院の転院待ちを余儀なくされるケースを何度も見てきました。そこで、「病院だけでは、すべての高齢者が最期を幸せに過ごすことができず、これからは地域の医療体制を構築しなくてはいけない」と思い、家庭医療の研修を経て、在宅医療の開業に至りました。

そしていま、病気になっても安心して家で過ごせる療養環境が地域では求められ、拠点である三鷹市でもそういった声を多数お聞きします。需要は拡大の一途を辿っており、2025年問題に向けて待ったなしと言えるでしょう。

【なぜ私たちでなければいけないのか?:ver 4.0の在宅医療】

不要な入院を防ぎ、「24時間」「365日」の医療サービスを提供できる体制を整えることは、患者さん・ご家族の不安感を取り除くためにとても重要です。また、通院が困難な患者さんに対して、疾病の管理、皮膚の状態管理、排泄関連、睡眠状態など、全身的な医学的管理も必要とされます。

ver 1.0:必要な在宅医療を個人として提供する
ver 2.0:必要な在宅医療を診療所同士の連携や複数の医師により提供する
ver 3.0:必要な在宅医療を介護や訪問看護ステーションなどと連携しながら提供する

このような形で在宅医療は進化してきました。
私たちは、この先のver 4.0の在宅医療として、12万人に及ぶ医師のネットワークの力、今まで蓄積してきたテクノロジーとの融合により、現場の負担を減らし、より良質な医療提供体制を拡充できると考えています。

医師12万人のネットワーク「MedPeer」の創業者であり現役医師でもある石見は常に、「事業というのは個人の負担に頼るのではなく、仕組みとして継続可能であることが大事だと思う」と言っています。

私たちの実現することは、「持続可能であり、同時に患者さん・ご家族が最大限納得できる在宅医療」です。

How we do

  • 在宅医療風景

【在宅医療を提供している地域】

三鷹市近郊で、多職種連携に力を入れた、地域に根付く在宅医療を展開しています。
現在は、医師、看護師、医療事務、診療アシスタントの体制で、三鷹市、武蔵野市、西東京市、小金井市、杉並区の居宅・施設の両方の患者さんに対応しています。

【24時間・365日の在宅医療を支えるために】

在宅医療は、患者さんの容体に合わせて常に対応できる体制であることが求められます。そこで私たちは、いきなり広範な地域をカバーしようとするのではなく、「地域密集型」でクリニックを開設していくことで、各スタッフが協力し合いながら、しっかり休養を取れる体制を構築していきます。また、出来る限り残業を減らすために、クラウドベースの電子カルテの利用、その他にも事務作業を減らしていくためのテクノロジーの活用、業務フローの継続的な見直しを行っています。

【実務経験が浅い人を優先採用するワケ】

まだ小さい組織だからこそ、1人1人のアイデア・行動が成果に直結していきます。そして、既存の医療機関の考え方に囚われず、先入観なく「患者さん・ご家族のため」に考えられる人と新しい在宅医療の形を模索したいと考えています。だからこそ、実務経験が浅い人を優先採用しています。

【学会や各種カンファレンスへの参加も支援!】

在宅医療は、まだ新しい分野であり、毎年のように新しい取り組みが実践されていますが、我々もITの活用をはじめとして様々な実地経験を積極的に発信し、外との交流を深めたいと思っています。
その意味では、学会などでの積極的な情報収集や人的ネットワークの構築、そして、我々の施設でのベストプラクティスを公開・共有していくことはとても重要です。

また、医療と介護の連携や、最新のテクノロジーをどのように医療現場に活かしていくのか?常に模索する必要があります。そのような考え方から、学会に限らず、普段と少し異なる業界を知ることのできるカンファレンスへの参加も支援しています。(日本最大のヘルスケア×ITのグローバルカンファレンス「Health 2.0 Asia - Japan」への招待等)

※昨年のHealth 2.0 Asia - Japan
https://www.health2conjapan.com/

As a new team member

在宅医療に携わる医師をサポートするために、往診車を運転し、医師の診療補助、物品管理、事務作業などを担当してもらいます。訪問・電話・医療介護連携SNSを用いての外部機関(訪問看護、訪問薬局、居宅介護事業所など)との連携や、他にも外部機関への診療内容の報告、地域の連携会の参加および企画開催など様々な地域包括ケアに関連する業務を担って頂きます。具体的には、以下の通りです。

(診療)医師の診療介助(バイタル測定、医療処置の準備・補助、患者生活状況の聴取、医師の診療内容の把握など)
(居宅)患者さん、訪問看護師・ケアマネジャーからの症状相談の受付
(施設)看護師・ケアマネジャー・施設スタッフからの症状相談の受付
(連携)ケアマネジャーや訪問看護への電話報告・相談
(院内)往診スケジュール管理、契約、書類手続きなど、多職種(アシスタント、医療事務)とのチームプレイ、医療物品の発注・管理
(夜間)交代制で24時間待機当番(月の半分~) ※夜間出動は、医師と同行出動になります
(IT)クラウド型電子カルテ(セコムOWEL:https://medical.secom.co.jp/it/karte/secomowel/)、医療介護専用ICT(MedicalCare Station:https://www.medical-care.net/html/)、院内ICTを活用したコミュニケーションおよび記載 ※主に院内のipadで行なってもらいます

Highlighted posts

訪問クリニック創業秘話〜院長田中の視点から
クリニックが目指す方向性・求める人物像とは?
Other users cannot see whether or not you're interested.
0 recommendations
Company info
ぴあ訪問クリニック 三鷹
  • Founded on 2017/04
  • 7 members
  • 東京都三鷹市下連雀3-43-21 藤和三鷹ホームズ205
  • 新しい分野に挑戦したい、訪問診療アシスタントドライバーWanted!
    ぴあ訪問クリニック 三鷹