This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.
Cacoo SRE Team

3カ国で開発を推進中!Cacoo+サービス全体に関わるSREチーム@福岡

株式会社ヌーラボ

株式会社ヌーラボ members

View all (4)
  • ゆうすけは福岡での生活に満足しています。毎週末、山に登りに行きます。9年間のソフトウェア開発とインフラの運営の経験があります。何らかの価値があると思われる限り改善を続けていきたいと考えます。

  • 大学を卒業後、福岡でメインフレームでの開発に従事しCOBOLやPL/1と触れ合いました。その後、友人の誘いでpaperboy&co.(GMOペパボ)に入社し、インフラエンジニアを11年務めさせていただきました。現在は、IoTを駆使して農業の自動化(灌水・施肥)を行うシステムに携わっています。休日はサッカー・フットサル・釣りを趣味として楽しく過ごしております。

  • しょうじは現在 Cacoo の開発チームに属しています。プライベートではモバイルアプリの開発をしたり、温泉巡りをしたりしています。温泉に入ることが重要リストの上位に位置しています。

  • ゆういちは福岡に住んでいます。ヌーラボに 2015年に入社し、ヌーラボアカウントで仕事をしています。 プライベートの時間には好きなアプリを開発したり、インストゥルメンタル音楽を聴いたりします。彼のモットーは「懸命に働き、もっと懸命に遊ぶ」です。

What we do

  • 2019年の社員総会の様子です。世界中の仲間とコラボレーションしています!
  • 本社エントランス。ヌーマンというこのキャラクターは、Twitterの初代「鳥(Tweet Bird)」アイコンをデザインしたサイモンさんが手がけています。

株式会社ヌーラボは、"Fun. Creative. Collaboration."を合言葉に、仕事におけるコラボレーションを促進するためのサービスを自社で開発しています。国内のみならず、アメリカ(ニューヨーク)、シンガポール、オランダ(アムステルダム)にも拠点を持ち、グローバルな環境の中で事業を推進しています。

------
オランダ アムステルダムへの新規拠点設立を発表したニュース
『ヌーラボ、1億円の資金調達を実施 – アムステルダムに新拠点開設、プロダクト間の連携強化を目的』
https://nulab-inc.com/ja/blog/nulab/pr-1709-nulab-financing/
------

サービスは主に【下記の3つ】+【3つのプロダクトを繋ぐシングルサインオンアカウント】を開発しています。

▼Backlog(https://backlog.com/ja/
Backlogは、プロジェクトを楽しく進めて、チーム内のコミュニケーションを円滑にするために作られたツールです。もともとは、私たちが業務委託をしていた頃に、クライアントとのコミュニケーションを円滑にして、自分たちがより働きやすい環境をつくるために開発したツールでした。
2006年より商用化し、現在ではユーザー数80万人を突破。多くの方の仕事を支えるプロジェクト管理ツールです。

▼Cacoo(https://cacoo.com/
ウェブブラウザ上で、図の作成と共有が簡単にできるサービスです。2009年からサービスを開始して以来、300万人を超えるユーザーに愛用されています。 国内はもちろん、コロンビア、スペインやメキシコなど、欧米のユーザーも拡大しています。
ユーザーのうち87%を海外ユーザーが占めている、グローバルなサービスです。

▼Typetalk(https://www.typetalk.com/ja/
ヌーラボの社内のコミュニケーションにも活用している、ビジネスチャットツールです。チームメンバー間のコミュニケーションを楽しく・円滑にすることをコンセプトにしています。

▼ヌーラボアカウント(https://apps.nulab.com/profile/account
ヌーラボのプロダクトをシングルサインオンで利用できるようにするための、アカウントの開発チームです。支払いやアカウント管理などの面でも快適に利用できるよう、プロダクトチームと連携して、様々な側面から開発を進めています。

その他にも、様々なチームのメンバーがコラボレーションしています!

▼インハウスシステムチーム
販売管理システムや、勤怠管理システムなど、社内にユーザーがいるサービスを開発しているチームです。管理部門に所属しています。日頃から社内をヒアリングし、社内の業務フローにフィットするようなシステムの開発に励んでいます。

▼マーケティングチーム
新規ユーザーさんを獲得するためのセールスプロモーションチームと、既存ユーザーさんにもっとプロジェクト成功してもらうためのカスタマーサクセスチームがあります。
訪問営業というスタイルの仕事はないので、ブログやユーザーさんの事例などのコンテンツの作成やコミュニティ形成にも力を入れています。

▼管理部
経理や財務、法務、労務、人事、情シスなど、会社のバックオフィス機能をもった部門です。主に福岡本社に在籍するメンバーが多く、管理部門ももちろん、Backlog等でタスクを管理しながら仕事を進めています。

▼カスタマー部門
ユーザーさんからの問い合わせやサポート、販売情報の管理などを行なっているチームです。技術的なお問い合わせなどは、テクニカルサポートチームと連携して対応しています。

Why we do

  • 社員総会は5日間ぶっ通しで行うのがヌーラボスタイル。初めには「10年後のFun Workを考える」をテーマにみんなでワークショップを行いました。
  • 世界中のメンバーとは、時差もあるため日常的に会議を行うことは難しいです。そのため、年に1度、本社に全員が集まり顔を合わせる機会を持っています。

▼なぜヌーラボでやるのか
「良い仕事は人と人とのコラボレーション(相互作用)から生まれる。チームメンバー同士のコラボレーションを促すためには、誰でも簡単に扱えて、仕事が楽しくなり、自然と『笑顔が増える』ようなツールが必要」

これが、私たちの考えです。

この様な考えにもとづいて、国内だけでなく、海外にもプロダクトを広めていくことが、私たちのミッションです。ニューヨークオフィスでは、グローバルマーケットに向けてプロダクトを広めるためのマーケティングチームがあり、台湾では、現地のコミュニティマネージャーが日々、ヌーラボのプロダクトをユーザーに広めています。
このようなグローバルな環境下でプロダクトを育てているのがヌーラボの大きな特徴です。
ヌーラボの雰囲気をより知っていただくためには、ぜひこちらのブログもご覧ください。

▽創業13年の会社が行動指針を刷新してみたハナシ 〜行動指針、つくりかた編〜
https://www.wantedly.com/companies/nulab/post_articles/59714

▽創業13年の会社が行動指針を刷新してみたハナシ(後編) 〜NuiceなWaysができたよ編〜
https://www.wantedly.com/companies/nulab/post_articles/59862

▽代表取締役が行動規範の作成に参加しないでも良い行動規範ができちゃう理由(・∀・)
https://www.wantedly.com/companies/nulab/post_articles/59377

▼なぜヌーラボは文化を大事にするのか
弊社のGeneral Meetingなどで度々共有されている言葉に、こんなものがあります。

『"When you adopt a tool you adopt the management philosophy embedded in that tool." - Clay Shirky』

ある会社が提供しているツールを導入するとき、その提供者のフィロソフィーも導入することになる、ということです。そこで弊社の代表は、

『"So, we should to think about our management philosophy deeply and periodically, then visualize and share it with all Nulabers." - Masanori Hashimoto』

だからこそ、我々は会社のフィロソフィーを磨き続けなければならない、と明言しています。

▼なぜ我々はDIY(Do It Yourself)をするのか(心理)
ヌーラボは、行動規範「Nuice Ways」を毎年書き換えており、現在は2代目の行動規範が生きています。初代の行動規範「Nuice Ways」の中には、下記のフレーズがありました。

---------
わたしたちは自由です / We have freedom.

行く道は自分たちで決めることができる。Do It Yourself 精神と仲間への信頼を胸に自由に進もう。
You can decide your path. Trust each other and use your freedom to do great things.
---------

ヌーラボは、自分たちが日常的に使えるプロダクトを開発し、ドッグフーディングのスタイルでプロダクトを改善することに注力してきました。それは行動規範が変わっても、無くなりません。そのため、社内の様々なシステム(勤怠管理、テキスト共有アプリケーションなど)を自分たちで生み出してきました。

▼なぜDIYをするのか(物理)
DIYを通じて、「モノづくり」と「チームづくり」を学んでいるのがヌーラボの京都オフィスです。

過去のDIYに関する記事はこちらからご確認ください。

▽手拭い染めからはじまるヌーラボ京都の「 DIY新人研修 」–超交流会2017のブース出展をDIYで彩りました!
https://nulab.com/ja/blog/nulab/training_new_nulabers_kyoto_june_2017/

▽ヌーラボ、京都事務所を移転 — メンバー全員による10日間のDIYを通して「組織づくり」も図る
https://nulab.com/ja/press-release/pr-1803-kyoto-office-diy/

How we do

  • 全社総会では、みんなが交流するためのコンテンツとして、社員が独自に考えたプログラムがたくさん行われています。
  • 全員集合の写真。全員入りきらなくなってきたので、撮影は専門会社さんによるドローンで!

▼組織構成
- 多拠点に展開しているため、部署全員が1つの拠点に揃っていることがありません。
- いずれの会議も全員が顔を合わせられる組織ではないので、日常的にHangoutsをつなぎ会議を行っています。
- チームメンバーは、リモートワークをしている社員がいたり、福岡・ニューヨークと距離がある等、連携が難しい組織ではありますが、自社で開発するプロダクトのBacklogやTypetalkなどを使い、自ら「Fun. Creative. Collaboration.」を体現して仕事を進めていくクリエイティブな組織です。

▼年に1度のGeneral Meeting
- 1年に一度、ヌーラボ全オフィス、リモート拠点からメンバーが福岡に一同に集まります。ニューヨークや台湾、アリゾナ、アムステルダム、シンガポールのメンバーも、全員です!
- この取り組みは、2017年のリクルートキャリア主催Good Actionを受賞しています。
https://next.rikunabi.com/goodaction/archive/2017/02/

▶︎ヌーラボ社員総会2017レポート
『すごいぞ!ヌーラボ 社員総会 はお祭り騒ぎ😎 Nulab General Meeting 2017( #nulabGM2017 )、とびっきりの3日間を徹底レポートします!』
https://nulab.com/ja/blog/nulab/nulabgm2017/

▶︎ヌーラボ社員総会2018レポート
『Nuice Practice Awardでヌーラバーのいいところを再発見!〜すごい!を超えた価値を届けよう編〜 #NulabGeneralMeeting』
https://nulab.com/ja/blog/nulab/introduction-of-nuice-practice-award-part1/

▶︎ヌーラボのブログ
https://nulab.com/ja/blog/

Description

▼仕事内容
- 87%が海外ユーザーで占めている、福岡発のグローバルサービスCacooのSREチームへの配属です。ヌーラボでは、プロダクトを横断して、インフラ/SREを担当するチームを設けているので、BacklogやTypetalk、Nulab Apps(ヌーラボの各プロダクト共通のサービス)など、他のプロダクトをメインで担当しているメンバーも同じチームに所属しています。
- インフラ・ミドルウェアの構築・運用のみならず、サービスの可用性やパフォーマンス、拡張性などにも関わっていただき、よりCacooがグローバルに事業展開/開発チームを展開できるようにしていきます。
- 最近では、マイクロサービス化に取り組んでいます。マイクロサービス化にあたっては、下記の技術を採用しています。

Backend/Middleware : Kubernetes / Protocol Buffers / gRPC / RabbitMQ / Golang
Monitoring/Alerting : Elasticsearch + Kibana / Prometheus + Grafana / Zipkin

- 昨年までは、各プロダクトごとにインフラチームがあったものを、今期から横断組織として編成し直している経緯があります。今期中には、Cacoo専任担当としてだけでなく、BacklogやTypetalk、Nulab Apps(ヌーラボの各プロダクト共通のサービス)という他のインフラにも関われるようになってもらえることを期待しています。

▼体制
- Cacooの開発は福岡本社とニューヨーク社、アムステルダム社の3拠点で開発を行なっています。 時差や言葉の壁はあるものの、自社ツールのBacklogやTypetalk、もちろんCacooも使いながら、連携して仕事を進めています。
- 現在は、New Yorkにいるメンバーと、週1回程度、英語でのSRE Meetingを行なっています。
- 福岡では現在は主にアプリケーションの機能開発を対応しています。より、ユーザーが共同することを推進できるような昨日開発に注力しています。
- 国内外の外国語スタッフとのコミュニケーションはありますが、英語が得意でなくても問題はありません。将来、英語コミュニケーション能力を身につけたい方も歓迎します。

▼Cacooの開発環境
HTML5 / SVG / TypeScript / Riot.js / Vue.js / Java / Golang / Gradle / Ansible / Fabric / PostgreSQL / Flyway / Git / AWS / Docker / Redis / Kubernetes / GraphQL / gRPC

- ローンチ当時はJavaで開発していたため、Golang だけでなくJavaの知識も活かせます。
- 社内では職種問わず、自社のBacklog、Typetalk、もちろんCacooを使ってコミュニケーションを取っています。

▼Cacoo技術ブログ
目指すのはぶっちぎりの速さ! なぜ HTML5 版CacooはSVGを採用するのか
https://nulab-inc.com/ja/blog/cacoo/cacoo-use-html5-svg/

100倍速い!? Set, Mapでパフォーマンス改善
https://nulab.com/ja/blog/nulab/100times-faster-performance-improvement-set-map/

CacooはなぜKubernetesによるmicroservicesへの道を選んだのか?
https://nulab.com/ja/blog/cacoo/cacoo-microservices-with-kubernetes/

▼その他SRE関連の他プロダクトのブログ
サービス品質向上のためにBacklogのSREが行ってきたサービスレベル管理の取り組み
https://nulab.com/ja/blog/backlog/backlog-sre-service-level-management/

全世界からTypetalkを爆速で使える!キャッシュしないCDNによるAPI高速化
https://nulab.com/ja/blog/typetalk/typetalk-api-acceleration-with-non-cache-cdn/

私たちとともに、ぶっちぎりのサービスを世界中に届けましょう!

Highlighted posts

Basic info
Looking for Cacoo SRE Team
Job type Mid-career
Special features Available to talk on Skype / Free snacks/lunch
Company info
Founder 橋本 正徳
Founded on March, 2004
Headcount 97 members
Industries IT (Internet/Mobile)

Recommendations (11)

There are no recommendations yet.

Recommendations (11)

There are no recommendations yet.

Location

福岡県福岡市中央区大名1丁目8-6 HCC BLD.