This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.
プロダクトデザイナー(UI/U
on 2019-07-01 816 views

新しい移動体験を実現!未来のモビリティサービスをつくるUXデザイナーを募集

株式会社MaaS Tech Japan

株式会社MaaS Tech Japan members View more

  • 初代Macintoshが発表された日に生まれたWindowsユーザ。ローカル線乗りつぶしと秘境駅めぐりと国内ひとり旅とコーヒー牛乳の飲み比べが趣味な人。
    秘境駅巡りや国内ひとり旅を行う中で日本の交通の不便さを痛感し、Webディレクターとしての経験を活かしてITのチカラで交通課題を解決したいと思うようになり、2019年4月よりMaaS Tech Japanに参画。

  • 代表取締役
    1980年1月生まれ
    東京工業大学大学院総合理工学部卒
    東京大学学際情報学府博士課程
    鉄道会社の総合職として、研究開発や戦略策定業務を行ったのち2018年10月に退職し、現在のMaaSTechJapanを設立。
    著書
    MaaS~モビリティ革命から始まる全産業のゲームチェンジ~
    メディア
    日経BP、日経クロストレンド、日本経済新聞社、レスポンス等

What we do

株式会社MaaS Tech JapanはMaaSのマーケット創造とモデル構築に向けて2018年11月に設立されました。「100年先の理想的な移動社会の基盤を構築する」をビジョンに掲げ、その実現に向けて、メディア事業、コンサルティング事業、プラットフォーム開発事業を展開しています。
日本の行政機関や、交通事業者、各事業者の事業やニーズを深く理解した上で、地域や企業の課題を解決するMaaSプロジェクトを推進しています。また、世界各国MaaSのキープレイヤーと常時情報交換を行い、最先端のサービスや技術、ビジネスモデルの分析・体系化も行っています。

MaaS Tech Japan の3つの事業についてご紹介します。

A)メディア事業
MaaSのセミナーや勉強会・講演、書籍発刊などのメディア発信活動行っています。CEOの日高はAmazonベストセラーとなった図書「MaaS~モビリテイ革命から始まる全産業のゲームチェンジ」を執筆し、国内外のカンファレンスにも年間100件以上参加するなど精力的に実績を積み重ねています。

B)コンサルティング事業
MaaSの事業推進・活用に関するコンサルティングを行っています。事業者や自治体の皆様から「MaaS事業をどのように展開していくか」「地域でMaaSを使ってどのように交通の課題を解決していくか」などの相談を受け、専門的知見に基づいてアドバイスを提供しています。

C)プラットフォーム開発事業
MaaSの基盤やアプリ、その他関連技術の開発と実証を行っています。MaaSは「移動手段の検索や予約、決済などをスムーズに行うことができるサービス」というコンセプトですが、都市、地方、観光地、過疎地など、地域毎のニーズや実情によって必要なサービスは全く異なります。MaaS Tech Japanでは、日本の地域毎に必要なサービスを見極めながら、事業者や地域に必要な効果をもたらすMaaSのサービス開発を行っています。また、様々なMaaSのサービスを下支えする機能として、交通事業者の様々なデータを取り扱い、交換・分析するための基盤の開発にも取り組んでいます

【プレスリリース】
・2019/9/20「生涯活躍のまち上士幌MaaSプロジェクト」の実証実験を開始
https://www.maas.co.jp/news/release20190920/

・日本マイクロソフトとMaaS領域での連携を開始
https://www.maas.co.jp/news/release20190827/

Why we do

人口の減少、都市への集中や地方過疎化など、様々な社会課題が顕著になると同時に、 AIや自動運転などの技術革新が進展している日本の社会。 移動の手段も、新たな未来に向けて変わり始めています。
「MaaS(マース)」。それは「Mobility as a Service」の略で、自動車・鉄道・タクシー・バス・航空など、 さまざまなモビリティサービスを「一つのサービス」として繋げる、新しい交通サービスのあり方です。 例えば、オフィスから訪問先に行きたいと思った場合、MaaSがあれば様々な交通機関を跨いで移動ルートを検索し、その予約や決済までを一括で簡単に行うことができるようになります。欧州などでは、電車やバスなどの公共交通機関、タクシー、シェアサイクルなど都市内の交通を定額で自由に行うことができるサブスクリプションモデルも出始めています。日本においても、都市の混雑緩和や観光地の利便性向上、過疎地域の移動の足の確保など、交通の課題を解決するサービスが実現できるようになっていきます。

そのような理想的な移動社会を実現するためには、交通事業者、目的地のサービス事業さh、自治体・行政などの様々なプレイヤーが協力して、交通手段や目的地、移動するユーザーのデータを繋げ、分析し、最適化するMaaSの技術が必要になります。MaaS Tech Japanは、そのためのスキームやソリューション作りを行っています。

How we do

代表の日高をはじめ、役員陣はモビリティに関する専門的な知見、経験を有しています。入社時点でモビリティに関する専門知識は求めていませんが、乗り物が好き、MaaSでこのようなことを実現したいといった想いを語れる方の方が弊社で仕事をしていて楽しいと感じることが出来ると思います。

メンバー全体で10名強と小さい組織ですので、階層や管理といった考え方はありません。社員は全員中途で入社しており、細かく業務の管理をするのではなく一人ひとりの社員が責任を持って自律して仕事に取り組んでいます。

また、働く環境はフレックスタイム制を適用しているので、自分の都合に合わせて柔軟に働くことができます。

As a new team member

旅行のプランを立てるとき、友だちとの待ち合わせで初めて場所へ行くとき、「地図アプリで立地を調べて、乗り換え案内アプリで電車の時間を検索して、レンタカー会社のサイトで予約をして…」といったように、複数のサービスを利用しなければ目的地にたどり着けないことを不便に感じた経験はありませんか?

私たちは、そんな現状を変えるべく2018年11月に創業したスタートアップです。
次世代のモビリティアプリのリリースを目指して開発を進めていますが、全ての人が便利に楽しく移動できる世界をつくるためにはデザインのチカラがもっと必要だと感じており、新しい移動体験を一緒にデザインしていく仲間を募集しております。

自分のデザインで、移動をもっと便利にしたい!交通を変えていきたい!という方、まずはざっくばらんにお話できればと思いますので、ぜひご応募くださいませ。

【お任せしたい業務】
開発を進めている移動サービスの、
・アプリを使用する【個人ユーザ】向け
・鉄道会社、バス会社などの【交通事業者】向け
・移動した先にある観光施設などの【サービス事業者】
上記3画面のデザインを、経験豊富なUXデザイナーとコミュニケーションを取りながら進めていただきます。

その他、スキルやご希望に応じて、アプリのランディングページのデザイン、ラッピングバスやチラシなどのデザイン、アートディレクション、自社ブランディングのためのデザインなどもお願いする可能性があります。

また、職種にとらわれず複数のロールのお仕事をしていただくことも可能ですので「イベント企画にも興味がある」「デザインだけでは物足りないのでコーディングもやりたい」など、チャレンジしたいことがある場合はぜひご相談ください。

【必須で求めるスキルや経験】
・モビリティ領域で叶えたい夢、達成したい目標を持っていること(ぜひ、あなたの熱い思いを聞かせてください!)
・Photoshop、Illustrator、AdobeXDを使用したWeb、アプリのデザイン経験が1年程度あること(スキルや経験に合わせて担当業務を決めさせていただきます)

【以下のスキルや経験がある方は優遇いたします】
・iOS/Android/WEBのフロントエンド実装への理解がある
・アートディレクションの経験
・新規サービス立ち上げに参画したことがある
・交通・移動に関するサービスでのデザインの経験
・MaaS、プラットフォームビジネスへの理解がある
・「個人ユーザとビジネスユーザ」「管理者と一般スタッフ」など複数ユーザカテゴリが存在するサービスでのデザインの経験
・公共交通を使った旅行が好き、いろいろな場所へ行ったことがある

Highlighted posts

MaaSで移動の革命を実現する!自律したエンジニアチームとユーザーに最高の価値提供を。
Other users cannot see whether or not you're interested.
1 recommendation
Company info
株式会社MaaS Tech Japan
  • Founded on 2018/11
  • 13 members
  • 東京都港区六本木7-15-7 新六本木ビル SENQ六本木 Room818
  • 新しい移動体験を実現!未来のモビリティサービスをつくるUXデザイナーを募集
    株式会社MaaS Tech Japan