1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.
Mid-career
オープンポジション
on 2019-07-02 7,054 views

Fintech×オープンポジション/CtoCの無料送金を実現する若手募集

株式会社pring

株式会社pring members View more

  • 大学卒業後、銀座の割烹で板前となる。その後、システムエンジニアを4年経験し、2006年に大和総研入社。情報技術研究所で環境・通信分野のアナリストを経て、2010年に大和ネクスト銀行を立ち上げ、半年で預金残高1兆円を突破。
    2012年からDeNAにてEC事業戦略室および決済代行事業にて新規事業の立案に従事。2014年にはメタップスに参画し、株式会社SPIKE代表取締役として無料決済サービスSPIKEを3年で黒字化、営業利益1億円を達成。2017年にみずほ銀行、WiLと共に株式会社pring(プリン)を立ち上げ、同社代表取締役に就任。2018年3月に無料送金アプリ「pring」をリリース、...

  • ■前職
    パーソルキャリア(旧インテリジェンス)IT業界専門採用コンサルタント

    ■pringに入ったきっかけ、入社後
    クライアントの事業をご支援する側から、事業を“つくる”側へまわりたいと考えていた時、世の中で注目されているキャッシュレスの文脈でpringを知りました。
    「お金コミュニケーション」という新しいマーケットを少数精鋭で組織しているメンバーに出会い入社を決意しました。

    入社前から変わらない、社長荻原の徹底的な「ユーザーファースト」をベースに開発チーム、マーケティングチームで日々仕事をしています。

What we do

pringはメッセージ感覚でお金を送ったり、お金SNS「チーム」で1円からエールマネー(応援金)を送ることができるお金コミュニケーションアプリです。

■プロダクトの特徴
(1)CtoC送金
完全無料のCtoC送金を可能にし、お金とお金のやりとりで、人と人がつながることで、もっとスマートに、もっと楽しく、もっと自由な世界を実現します。

(2)銀行口座直結ウォレット
決済アプリはクレジットカード経由であることがほとんどですが、クレジットカードの場合、コンビニ・飲食店などの店舗側は決済毎に3〜4%の手数料を支払っています。プリンは銀行口座直結にすることで、手数料を低水準に抑えています。

(3)資金移動業の登録
金融庁管轄、資金移動業としてpringを運営しています。資金移動業の登録は、1年近くの期間を要するなど手間とコストがかかることから、キャッシュレスを推進する送金・決済アプリ企業で資金移動業登録をしている企業は現在プリンの他に1社しかありません。資金移動業の登録により、送金により受け取ったお金を銀行口座へ出金することが可能となります。

Why we do

私たちのミッションは、「お金の通り道にある摩擦をなくす」ことです。

例えば、ATMでお金を引き出す時、銀行間でお金を送金する時、クレジットカードなどを使ってお店で決済を行う時など、お金の通り道には何かと手数料(摩擦)が発生しています。

現在の日本では、お金のやり取りには手数料がかかってしまうのが当たり前ですが、そういった摩擦を少しでもなくし、お金の流動性を高め、世の中全ての人に利益を還元していきたいと考えています。

■pring(プリン)が目指す世界観の背景
代表の荻原は、大学生の頃にある飲食店で板前として働いていました。店舗の粗利率は15%程度でしたが、クレジットカードの決済手数料が5%かかり、利益の1/3が手数料に奪われていました。正にお金の通り道に「摩擦」を感じていました。

また、荻原は大和総研において銀行設立やカード決済事業に携わりましたが、そこでも度々違和感がありました。例えば、銀行からお金を出金する際、自身のお金にも関わらず、時間帯によっては200円の手数料がかかります。もちろん手数料が銀行収入の柱の一つであることは理解していましたが、自ら携わった事業が「摩擦」を生んでいたのです。

荻原がこれまでのキャリアで感じたお金に対しての「摩擦」については、pringを銀行口座直結とすることが解決の糸口となっています。

How we do

私たちはまだ社員数15名ほどの小さい組織です。だからこそ、ひとりひとりの成し遂げたいことやキャリアに本気で向き合い、本気で世の中を変えようというメンバーが揃っています。

組織として会社が社員を抑え付けることはありません。会社と社員でゴール設定の共通認識を形成した上で、各社員がゴールへ到達する方法を自由に考えるという形式をとっており、社員の意志や思いを常に重視しています。

自由に考え、動き、挑戦してもらう、ということにこだわっており、その「結果」に対して責めることはありません。目標に対して結果が芳しくない場合も、その結果を知見として蓄積していれば問題なく、それが個人として、また、会社として成長するということだと考えています。

As a new team member

【金融市場で新しいマーケットを創る】

「お金のやりとりにお金がかかる」そんな常識を変えるプロダクトをつくっています。

・ユーザーが損をしない世界
・ユーザーが使いやすいアプリ

日々ユーザーファーストのプロダクトと事業をつくっています。

CtoCにおけるよりフラットなお金コミュニケーションの実現/飲食店の決済アプリ利用における金融機関への手数料削減など、お金の摩擦をpringによってなくしていきます。

今回はオープンポジションでの募集です!
事業開発/人事/広報マーケターなど、あなたの希望や適性に応じたポジションを提案させて下さい。

【必須条件】
◎これまでに圧倒的成果を出してきた方・仕事において圧倒的な成長を求める方
◎Finetch/「お金の在り方」を変えることに興味がある方
◎pringのビジョンに共感できる方

【こんなポジションがあります】
<事業開発>
アライアンス先を開拓し事業拡大を推し進めることがミッションです。
大手ガス会社と提携して決済キャンペーンを組むなど、主に上場企業・大手を相手にプロダクトオーナーとして事業を推し進めていきます。

<人事>
どのポジションにどんな人材が必要なのか、採用要件や採用手法の選択・運用から、これからの組織・制度作りまでお任せします。
例えば、採用市場でのpringのプレゼンスをあげることも人事のミッション。
現在人事専任担当がおらず、裁量が大きく主体的なアクションや提案が期待されます。

<広報マーケター>
ミッションはプリンの認知拡大、利用者増加。
対ユーザーに対してのブランディング、マーケティング、広報業務を行っていただきます。

あるメンバーは、事業会社を自身の力で育てることに魅力を感じて。
あるメンバーは、自身の仕事が組織・社会に与える影響の大きさに魅力を感じて。
あるメンバーは、会社のお金を使ってプロダクトオーナーとなれる裁量ある環境に魅力を感じて。

全て20代のメンバーが当社を選んだ理由です。

あなたが次の会社で何をしたいのかを伺った上で、当社のどのポジションがフィットするかどうかを提案します。
あなたの成長に当社をどう活かしてもらえるか、一度カジュアルに話してみませんか?

Highlighted stories

お金のストレスをなくす送金アプリ「pring」が見すえる“複業”時代~ 荻原充彦インタビュー
業界・職種未経験で、5名のベンチャー企業へ転職した理由
送金アプリ「pring(プリン)」、東京ヴェルディ専用のきせかえサービス『ヴェルディプリン』の提供開始
Other users cannot see whether or not you're interested.
1 recommendation
Company info
株式会社pring
  • Founded on 2017/05
  • 10 members
  • Expanding business abroad /
    Funded more than $300,000 /
    Featured on TechCrunch /
    CEO can code /
    Funded more than $1,000,000 /
  • 東京都港区三田1-4-1 住友不動産麻布十番ビル3F
  • Fintech×オープンポジション/CtoCの無料送金を実現する若手募集
    株式会社pring