This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.
CTO候補

テクノロジーで途上国の人々の暮らしを変える、WASSHAのCTO候補募集

WASSHA Inc.

WASSHA Inc. members

View all (4)
  • 代表取締役CEO
    大学院在学時の2004年からBOPビジネスの研究に従事。IBMビジネスコンサルティングサービス株式会社(現 日本IBM)で通信・エネルギー分野の新規事業開発や業務改善プロジェクトに従事した後、友人とNPO法人ソケットを共同設立、途上国でのビジネス開発に取り組む。
    2012年に共同創業者の阿部教授と出会い、2013年にWASSHAの前身となるDigital Grid Solutionsを創業。

  • 取締役 兼 COO
    日系電機メーカーにて海外営業(アジア)、経営企画を担当、その後、外資系コンサルティングファームにて日系製造業の新規事業戦略、海外事業戦略プロジェクトに従事。2014年4月より現職。

  • 大学時代、博物館巡りの趣味が高じて学芸員資格の取得を目指し、大学卒業と同時に学芸員資格取得。

    2005年に地方の中小某SIerに入社。ビジネスソリューション事業部にて3年間、自社パッケージのカスタマイズや客先のシステム開発を担当。

    2008年より某SIerにて火消しの立場で大炎上している大規模プロジェクトに参画し、航空運輸業、金融保険業、製造業等のプロジェクトにおいて、サブリーダー、システムアーキテクトなどの立場で上流工程から下流工程まで満遍なく従事。

    2017年よりWASSHA Inc.にてWASSHAに関わるソフトウェア関連の開発すべてに従事。

  • 祐己 上田
    Director/manager

What we do

  • 27529517 3e5d 4ebb bb9a 1eafe03cfdcc?1560323605 新エージェントにインストール中の様子
  • 6b749a67 810c 4c42 8515 0a82c95a524e 連携するキオスクの様子

▼ アフリカで、新しいビジネスを創る
社名であるWASSHAとはスワヒリ語で「光をともす」という意味。
WASSHAのはじまりであり、柱である、Energy as a Service 事業(=未電化地域に向けた電力サービス)を表す言葉として名付けました。
今では、「アフリカ全体に希望の光りを灯す」という意味として、新たなビジネスの柱を構築しています。

▼主な事業内容
「Energy as a Service 事業」
メイン市場であるタンザニア全土に広がる1100店舗※の小売店(=KIOSK)をネットワーク。各店にWASSHAが開発したIoTデバイスを無料で設置し、低所得の方々でも、お金があるときにだけ利用できるLEDランタンのレンタルサービスを展開しています。
※2019年6月現在

「Eコマース事業(新規事業)」
モノへのアクセスが限られている農村地域の人々は、農業用の資機材や日用品を購入するために離れた町まで買出しにいかなければならず、交通費や輸送費が生活を圧迫しています。
彼らの必要な品物をアプリ経由でオーダーでき、キオスクを介してデリバリーするサービスを準備中しています。

「人材事業(新規事業)」
知識も技術もあるけれど仕事がない、そんなアフリカの優秀なソフトウェアエンジニア達を発掘・採用・育成。
エンジニアが不足している日本をはじめとした先進国企業とアフリカSE人材をマッチングするサービスを準備中しています。

また、これら事業開発の知見を元に、「アフリカ事業開発コンサルティングサービス」を行なっています。

▼広報
首相官邸 国際広報CM(英語、2分)で取り上げていただきました
https://www.youtube.com/watch?v=nRAPkRiC59s

Energy as a Service 事業の詳細は、下記の紹介動画(英語、1分)を参照ください。
https://www.youtube.com/watch?v=U82Ncactrpw

Why we do

▼WASSHAのVision
・銀行口座は持てないけれど、Fintechが進んでキャッシュレスで買い物ができる。
・整備された道路はないけれど、広い空にはドローンが飛んでいて物資の輸送ができる。

既得権益や規制が少ないアフリカでは、先進国を追い越して、上記のような世界が実現しつつあります。「新たな発展を遂げる魅力的な市場アフリカで、今までと全く違うやり方で社会課題を解決し、誰も見たことがない新しい社会を創る」。WASSHAはそんなアフリカの未来を、ビジネスを通じて創造することを目指しています。

▼Visionに共感してくださる方へ
人口爆発期・経済成長期であるアフリカで、大きなスケール感・スピード感で事業が進んでいく経験をぜひ一緒にしませんか?

How we do

  • 2c8d22f1 6d29 48fc 84e5 89b1ad85672f 未電化地域の開拓風景
  • A24bf064 5500 4a24 8e7e f163b44be759?1560323605 タンザニアのチームメンバー

▼組織体制
2019年6月現在、日本人11名(うちタンザニア駐在3名)、タンザニア人約130名で事業を実施しています。
日本では、経営企画や新規事業開発、研究開発をメインで行っており、タンザニアでは、現在の柱であるEnergy as a Service 事業の運営を行っています。また、ウガンダをはじめ、他国展開に向けた調査を実施しています。

▼運営資金
これまで東京大学エッジキャピタル・日本政策投資銀行・JICA(国際協力機構)・丸紅などから合計で約13億円の出資を受けています。
2016年10月に実施したJICA(国際協力機構)から資金調達はJICAとしては、初のアフリカ案件、初のスタートアップ投資です。

Description

これまでタンザニアで累計3,000以上の未電化地域コミュニティで現地のキオスク(小規模小売店)と連携しEnergy as a Service事業を展開し、現在は新規事業として、Eコマースのプラットフォーム(Androidアプリ & Webダッシュボード)や、IT人材マッチングのプラットフォーム(Webサービス)の開発に着手しています。

今後もテクノロジーを活用したソリューションを続々リリースしたいと考えており、日本人だけでなく、アフリカや欧米各国のエンジニア、プログラマも巻き込んでプロジェクトマネジメントをしながら、今後のソリューション・ロードマップを一緒に考えてくれるCTO候補を募集します。

経営陣として、中長期的な会社の姿を一緒に描いていく、超重要なポジションです。

【勤務地】
日本/タンザニア/その他世界のどこか(どこでも可)

【業務内容】
・今後のソリューション・ロードマップの検討
・開発体制/カルチャーの構築
・開発案件のプロジェクトマネジメント
・エンジニア/プログラマの採用、マネジメント

【こんな経験/知識/スキルをお持ちの方を期待しています】
・Webサービス / Androidアプリ開発プロジェクトでのプロジェクトマネジメント経験
・多国籍チームでのチームマネジメントの経験

【求める人材像】
・当社のカルチャーに共感し事業を一緒に前に進めていける人
・自分の哲学、意見をはっきりと持ち、他社を巻き込んでいける人
・できない理由や課題を挙げるだけでなく、どうやったら状況を打開できるか次のアクションを冷静に考えられる人

Highlighted posts

Basic info
Looking for CTO候補
Job type Mid-career / Contract work
Special features Workplace abroad / Foreign nationalities welcome / Business trips abroad / Available to talk on Skype / Weekend commitment only
Company info
Founder 秋田 智司
Founded on November, 2013
Headcount 131 members
Industries Circulation / Retail Sales / IT (Internet/Mobile) / Utility / Energy

Recommendations (3)

There are no recommendations yet.

Recommendations (3)

There are no recommendations yet.

Location

東京都文京区本郷7−3−1 アントレプレナープラザ305号室

Page top icon