This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.
Engineer/programmer

出版×ITで次のスタンダードを作る。テクノロジーで、電子書籍業界、出版業界の可能性を広げたいエンジニア・デザイナーを募集!

株式会社メディアドゥ

株式会社メディアドゥ members

View all (4)
  • 2008年7月にメディアドゥ入社。自社のコンテンツ配信システムなどのインフラ責任者を経て現在は技術本部長をしています。

    新卒でプログラマーになったつもりが気付けばDOS/Vパーツショップの店員になってたり、社内SEやったりネットワークエンジニアやったりしながら今に至ってます。

    技術本部のエンジニアと一丸となってメディアドゥをテクノロジーで更に成長させつつ、社員みんなが楽しく働けて幸せになれるよう今日も走り回っています。

  • 学生時代にグラフィックデザインや3Dを学んだ後、コンシューマーゲームの開発現場に飛び込む。その後いくつかの事業立ち上げに携わり、ベンチャー/スタートアップで3度のデザインチーム立ち上げに従事。2018年3月よりメディアドゥにリードデザイナーとしてJoin。現在は、いくつかのプロジェクトに顔を出しつつ、4度目のデザイン組織立ち上げを画策中。

    プライベートで時々、全脳アーキテクチャ勉強会(汎用人工知能の勉強会)の実行委員長やっています。

  • メディアドゥで技術組織のマネジメントの責任者をしています。
    慶應義塾大学経済学部に入学したものの、経済学には全く興味がわかず、製品をつくる仕事がしたいという想いから、卒業後ワークスアプリケーションズに入社。エンジニアとして数々の炎上プロジェクトにアサインされ、多くの修羅場をくぐり抜ける。同期で一番の出世頭になるが、会社と自分自身のマネジメント方法に疑問を抱き、ワークスアプリケーションズを退社。メディアドゥへ入社し、社員が最も活き活きと働く最高の会社をつくるべく奮闘中。

  • 株式会社メディアドゥでテックリードとして新サービスの開発に携わっています。
    大学卒業後、2社経験するも仕事が全然面白く感じず、お金目当てで転職した3社目のワークスアプリケーションズで、エンジニアという天職に出会いました。
    常にエンジニアとして挑戦し続けられる環境で、ユーザーにメリットをお届けできるサービスを作り続けていたい今日この頃です。

What we do

スマートフォンの急速な普及によって、電子書籍はすっかり私たちの身近な存在になりました。移動する時は、スマートフォンにダウンロードしたお気に入りのコミック、書籍を楽しんでいるという方も多いと思います。しかし、電子書籍がどのような流れで電子書店の書棚に並び、皆さまに配信されているかを理解している方はほとんどいません。

私たち株式会社メディアドゥは、出版社と電子書店の間を取り持つ電子書籍取次事業者です。出版社が自ら電子書店を開拓し、個別に契約を管理するのは大変です。出版社は、デジタル化や印税分配などの面倒な作業から開放され、作家と良いコンテンツを作ることに専念できる。一方、電子書店はシステム開発と運用に人員を充てる必要が無くなり、ユーザーの利便性などサービスの質向上に集中できます。どちらか一方の立場に寄るのではなく、中立の立場として両者を繋ぐことで、電子書籍の普及に貢献してきました。

加えて、作品の配信、ビューワーなど、電子書籍の普及に必要なあらゆるテクノロジーを自社で開発していることも大きな特徴です。LINEマンガ様などには弊社がシステムを提供しています。それらの煩雑な取次作業が行えるのは、メディアドゥの信頼性の高い技術力と運用力に支えられた自社システムがあってのこと。今回募集するのは、そんな自社システムを開発している技術本部のメンバーです。

Why we do

今回の募集背景を、技術本部長の山田、リードデザイナーの藤井はこう語ります。

what 出版業界にはまだまだITで解決できる課題がたくさんある
profile

山田 もともと開発のインフラや組織はあったのですが、ここ数年で事業領域が大きく広がり規模も大きくなりました。今では50人ほどの組織になっていますが、さらに開発人員が必要になっています。 それは既存事業のため、という目的もあるのですが、次のビジネスを見据えての動きでもあるのです。実はメディアドゥが携わっている出版業界は、まだまだテクノロジーが浸透していない業界でもあります。確かに、マンガアプリなどコンシューマー向けのサービスは続々とリリースされています。

しかし、歴史の長い出版業界を内側から見渡してみると、まだまだデジタル化が進んでおらずITで解決できる課題はたくさんあるのです。大手の出版社などはIT化にも力を入れていますが、業界全体ではまだ手作業も多く、なかなかデジタルが浸透していきません。ITの力、メディアドゥの力で改善できることはたくさんあるので、新たなことにチャレンジしたい遊び心のあるエンジニアにとっては楽しめる環境だと思います。

what 立ち上げたばかりのUXデザインチーム。ゼロから挑戦したい人にこそ来てもらいたい
profile

藤井 会社として、デザイン組織づくりに注力しはじめましたが、実は1年前までは開発組織にデザイナーはいませんでした。現在、業務委託でお手伝いいただいているデザイナーを含めると、UXデザインチームは7名になりました。まだプロジェクト数に対しデザイナーが足りていないため、積極的に採用を進めております。

キラキラしたアウトプットはありませんが、これから組織を作り、実績を重ねていく段階なので、ゼロから企画したいという人にとっては最高に楽しめる環境だと思います。デザイン組織としてはまだ整っていないので、自分がやりたい仕事を奪えるフェーズでもあります。

How we do

what 新しい技術や取り組みに挑戦していける組織
profile

坂井 メディアドゥは新しい技術や取り組みへは柔軟な組織だと思いますね。最近でもGo言語の勉強会を開いたり、広報活動として新しくカンファレンスやブログなどの取り組みを行ったりと積極的に新しいことにチャレンジしています。

新しい技術に詳しい人もジョインして、勉強会などで技術を共有してくれるので、チーム全体の技術力の底上げに繋がっていると思います。今後も新しいものを柔軟に取り入れていける組織にしていきたいですね。 新しいもの学びたいという人もそうですが、新しいことを一緒に始めていきたいという方とぜひ働きたいです。

profile

山澤 私はプログラミング未経験でこの会社に入社し現在3年目なのですが、すごく裁量がある会社だと思っています。「最初の頃はテストやデバッグばかり」という会社もよく聞くのですが、エンジニア2年目で要件定義や設計、開発にもチャレンジさせてもらいました。もちろん上司に相談したり、アドバイスをもらいながらですが、電子書店の要望をヒアリングするところから最後のリリースまで携われたのはいい経験でしたね。やる気があればどんどんチャレンジさせてもらえる環境です。

坂井さんが話していた通り、社内勉強会やカンファレンスも積極的に開催してくれて、勉強の時間もとれるので技術的にも成長しやすいです。また、サークルや部活動もあるので、部署やポジションに関係なく仲良くなれる環境は整っていると思います。さまざまな国籍の方が働いていますが、垣根がないので社内勉強会などで一緒になって仲良くなることもよくあります。表面的にはおとなしい方が多いですが、話しかけるとフレンドリーな方ばかりなので、相談もしやすく働きやすい環境だと思いますね。

what ゼロからプロジェクトに携わるので提案する機会が多い
profile

藤井 上流工程からデザイナーが関わり「社内受託」を未然に防ぐことで、デザイナーとして裁量が大きい & クリエイティブな事にチャレンジ出来ています。社内では常に10くらいのプロジェクトが動いていますが、仕様が決まる前のブレストの段階でデザイナーが関わるメリットを説明し現場に理解してもらっているので、それぞれ専属のデザイナーが入り上流工程から関わっています。プロジェクトとして動き出す前の、01の戦略/企画段階から絡む事もあるためボツになる事も多いですが、デザイナーとしてプロジェクトに提案できる機会も多いですし、受け入れてもらえる環境です。アイディアでしかない段階からプロジェクトに入るので、責任も大きいですが、裁量とやりがいも大きいです。

Description

what メディアドゥだからできることにチャレンジしてもらいたい
profile

メディアドゥでは事業者向けの開発も、コンシューマー向けの開発も行っています。入社した後は今後のやりたいことを踏まえて、どちらかのプロジェクトに携わっていただくことになります。電子書籍取次という業態ゆえに、以前は事業者向けの開発の比率が多かったのですが、コンシューマー向けのサービスを買収したり、自社でも開発を始めたので今は半々くらいの割合です。出版業界×ITで何かやりたいっていう方は、幅広く活躍できると思いますし、メディアドゥほど環境が整っている会社もないと思います。例えば今、出版×ITでいえばマンガアプリが伸びていますが、アプリの開発会社では、基本的にはユーザーサイドしか見ることができません。

一方、メディアドゥなら出版社や著者にも関われるので、より幅広いことにチャレンジできます。実際にトップクラスの人気を誇る「LINEマンガ」の開発も、コンテンツの配信などはメディアドゥが行っていますし、出版社にも太いパイプを持っています。出版業界に幅広いネットワークを持っているメディアドゥだからできることがありますし、ぜひそれを活用して新たなチャレンジをしてほしいですね。

what 電子書籍業界に大きな可能性を感じているエンジニア、デザイナーにとってはこれ以上ないチャンス
profile

藤井 デザイナーはプロダクト/プロジェクトに専属で入ってもらう方もいれば、プロジェクト横断型で横串の動きをする方もいます。戦略/企画など最上流から関わることができるため裁量は大きいですが、それだけ責任も大きいです。社長との戦略/企画段階のMTGに直接呼ばれるなど、会社としても受け入れる姿勢は強いので、自分で判断して行動できるスキルと知識を持っているデザイナーはぜひチャレンジしてほしいですね。

今後、世界で活躍していきたいデザイナーやエンジニアにとって、マンガなどの電子書籍業界に携われることは大きなアドバンテージだと捉えています。今や中国や韓国は制作側としての存在感も強めており日本以上に新しい取り組みに積極的ですが、まだまだ日本が優位な点は多くあります。ゆえに、世界で戦う上で優位性のある数少ない市場だと考えています。コンテンツとして半分以上が絵で構成されているマンガは、言語障壁も超えやすく世界展開しやすい特徴があります。

また、何人もの天才が集まって作品を作る映画に比べて、一人の天才が世界観を表現できるマンガは多様性に富み、メディアとしてまだまだ大きな可能性を秘めています。そんなマンガの可能性を活かしたいと思っている方には面白いチャンスだと思いますね。

今回募集しているのは、山田や藤井のように出版×ITという業界に大きな可能性を感じ、新たなチャレンジをしていく人材です。 消費者の間では、リアルの書籍がどんどん電子書籍に置き換えられIT化が進んでいますが、まだまだ出版業界全体ではデジタル化することで解決できる課題はたくさんあります。消費者にも制作の現場にも携われるメディアドゥにしかできないことがありますし、業界に求められていることがたくさんあります。コンテンツが好きだという方、テクノロジーで課題を解決したいと思っている方と一緒に仕事をしていきたいと思っています。

電子書籍の将来に可能性を感じている方は、ぜひ一度お会いしましょう。

Highlighted posts

Basic info
Looking for Engineer/programmer
Job type Mid-career
Company info
Founder 藤田 恭嗣
Founded on September, 2017
Headcount 164 members
Industries IT (Internet/Mobile) / Media / Publishing

Recommendations (30)

View all

There are no recommendations yet.

Recommendations (30)

View all

There are no recommendations yet.

Location

東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル 5F、8F