This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.
Mid-career
データサイエンティスト
on 2018-12-05 344 views

顧客のパーソナライズを支えるソリューション開発を行うデータサイエンティスト

Kaizen Platform

Kaizen Platform members View more

  • "CTOの役割"とは以下を経営としてCommitする事だと思ってます
    ● Productが事業上の競争力となっていること
    ● Productが事業を大きくすることに貢献していること
    ● その状態を長期に渡って持続すること

    それは何故でしょうか? 私はこう考えています

    ● 事業をScaleさせるためには「儲ける仕組み」が重要
    ● 「儲ける仕組み = Product」であることが多い
    ● そのためにはそれを実現するTechnologyが必要不可欠

    モノを作る人達が、事業の中心に居続けるような組織づくりに邁進してきました。これからもそんな会社にしていくことに全力を...

  • 1999年より株式会社リクルートにてウェブ開発に従事、のち同社たたみラボ、およびメディアテクノロジーラボの創設メンバーとして、新デバイス/新 Web 技術応用や新規事業開発の分野で活躍。2008年 Microsoft Windows Live Platform 部門 MVP。
    調整さん作者。

  • Kaizen Platformには 2014年の3月から参加。主にサーバーサイド及びiPhoneアプリの開発を担当しています。
    昨年の後半は KaizenChatのサーバー側のRails実装と、iPhoneのハイブリッド対応を行っています。
    2017年になって、あたらしいプロダクトを開発を始めていますが、大量のログを解析することになり、Spark+Python始めることになりました。あたらしいフレームワーク&言語楽しいです。

What we do

  • Kaizen Platformとは
  • Kaizen Platformが提供したい価値

Kaizen Platformは「UI改善をOpen化するPlatform」を通じてクラウドソーシングの未来を作っていく会社です。

UI改善には以下の4つの課題があります。
1) 開発スケジュール
 発注してからリリースまでに数ヶ月かかる
2) 課題の発見
 サイトのどこを改善していいかわからない
3) アイデアの枯渇
 課題はわかってもアイデアが出てこない
 社内だけで考えると顧客目線のアイデアになりづらい
4) 人材確保
 サイト改善の担当者がいない
 必要なタイミングで適切に担当者をアサインできない

UI改善を世界の数千人のGrowth Hackerネットワークに接続することで解決するのが我々の"Kaizen Platform"です。
これまで企業の中に閉じていたUI改善の仕事を、Openに応募を募ることでこれまで企業が解決できなかった課題を解決します。

Why we do

  • マーケティングやネット事業の責任者、リーダーをお招きし、Kaizen Growth Drive 2016 で話をする当社CEOの須藤
  • 多くの企業様と今まで出会うことができなかった様々な才能を結びつけるべくサービス事例なども積極的にアウトプットしています

〜改善活動のインフラに〜
スマートフォンが生活に浸透し、Webサイトや広告が「ユーザーが企業の情報に出会う重要な場所」に急速に変化してきています。
Webサイトや広告の改善(UI改善)は、リアルの店舗同様に、見た目や使い心地の改善活動を日々細かく積み重ねる必要があるものです。

我々はこれら一連の流れに必要なものを全て提供する「改善活動のインフラに」なりたいと考えております。

全てが自動で機械的に最適化されていくマーケティングオートメーションの未来ではなく、企業と、企業が今まで出会うことができなかった様々な才能を結びつけるインフラとして、働く人と事業の成長のためのプラットフォームを目指しています。

How we do

[ミッション] 新しい働き方と雇用の創出

[バリュー] " Kaizen Value "
「自律性」
業務領域の境界を超えることを厭わず、自ら率先して物事を推進しているか
「チームを優先する」
自分の仕事より同僚を助けることを優先する姿勢を持っているか
「質・結果へのこだわり」
人に言いたくなるような仕事が出来ているか?
胸を張れるものづくり、提案ができているか?
「オープン/透明性」
情報や、やっていることを自分だけで独占せずに、確実に人に伝えているか?
「カスタマーフォーカス」
ユーザーからの声に対して真摯に向き合い本質的解決に取り組んでいるか?
「グローバル」
グローバルなコミュニケーションをサポートしているか

私たちのミッションを体現するためには仲間が必要です。
ミッションとバリューに共感いただき、一緒に実現したいと思っていただける方を募集します!

As a new team member

当社のデータサイエンティストは、事業、プロダクト、顧客の何が課題なのかをステークホルダーを巻き込み把握した上で、エンジニアリング観点における問題解決方法の立案から実装をしていただきます。

【具体的には】
① 事業として、プロダクトとして、顧客として、何が課題なのかをステークホルダーとの会話や情報収集を通じて把握からスタートしていただきます。
当社顧客(ナショナルクライアントが多数)の問題を正しく把握することから全ては始まります。

② エンジニアリングによる解決方法の立案
機械学習的なアプローチが良いのか、そうでないアプローチが良いのかを含めて把握した問題領域を解決するエンジニアリングによる解決手段を立案していただきます。
問題領域設定/解決方法の妥当性の検証のスピードを意識し、naiveな手法での検証とrobustなアルゴリズムの導入のバランスを取っていただく必要がある領域となります。

③ 効果検証
効果検証を通じて問題領域の解決性についてチーム内での共有知を形成していただきます。

④ システムの安定稼働
フィーチャーエンジニアリング、前処理 ~ データの集計、利用までのデータのサイクルすべてが安定して流れるようにシステムを設計し構築していただきます。

【当社が取り扱うデータについて】
・あらゆる業種のデータが蓄積されており、様々な種類の膨大なデータに対して自由な発想で取り組むことが可能です。
・多くの有名企業のデータにアクセスできます。

【開発環境】
下記をご覧ください。
https://recruit.kaizenplatform.com/engineer

<必須スキル・経験>
・統計の基本的な知識
・機械学習の基本的な知識
・データエンジニアリングの基本的な知識

<歓迎するスキル・経験>
・機械学習の包括的な知識
・商用システムにおける機械学習システムの構築と運用

Highlighted posts

リクルートと共に生き、教育界を変えた父親の背中を追うことを辞め、自分の道を進むと決めた|僕がKaizen Platformに入社した理由
Kaizen Platformに今感じる変化と飛躍への可能性 ~ 現場からは以上です~
Kaizen Platform インタビュー vol.4 goroこと大塚 宥吾【点と点を線で結べる人間になりたい】
Other users cannot see whether or not you're interested.
0 recommendations
Company info
Kaizen Platform
  • Founded on 2013/03
  • 55 members
  • Expanding business abroad /
    Funded more than $1,000,000 /
    Featured on TechCrunch /
  • 東京都港区白金1-27-6 白金高輪ステーションビル10F
  • 顧客のパーソナライズを支えるソリューション開発を行うデータサイエンティスト
    Kaizen Platform