This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.
プロダクトマネージャー

様々なトレードオフに優先順位をつけられる、プロダクトマネージャーを募集中!

EDOCODE株式会社

EDOCODE株式会社 members

View all (4)
  • 2006年大学卒業後、株式会社アドウェイズに就職、1年3ヶ月でマネージャー職に昇格し、アドテク~マネージメントと幅広い業務を経験させていただきました。
    2009年に同社を退職後、Wano株式会社取締役就任。インターネットを活用した自社サービスを生み出し続け、音楽・映画・ファッションなどエンタメ関連グループ会社を複数社に増やすまでに成長させることができました。
    仕事グッズが好きで、特にマウスに関してはかなりのこだわりを持っています。最強のマウスについて妄想を膨らませており、いつか自分で作ってみたいと思ってます。

    2016年6月に設立したEDOCODE株式会社は、世界中の人々に使っ...

  • 趣味は🌵植物🌵を育てることです😎Vue.js とそのフレームワークの Nuxt.js を勉強中。

    EDOCODE株式会社を一緒につくっていける方、大募集中です🔥😎

  • After 7 years as a programmer, over 70 web development projects, and 2 startups, I have learned to love the challenge of developing new businesses. My motto - “Reach for the heavens, with conviction and without excuse.”

    I have built 2-sided platforms, rating/review systems, chatrooms, location A...

  • Mami Tamura
    Business (Finance, HR etc.)

What we do

  • 天井高5m以上の開放感あるオフィスです。椅子は全脚アーロンチェアを導入しています。
  • PC やディスプレイはもちろん、キーボードやポインティングデバイスも社員の要望に合わせて手配しています。

基幹事業として、国内クレジットカード会社との協業によるポイントモールサイトを開発・運用しています。2010年に第一社目のクレジットカード会社と協業を開始し、2019年現在ではその数も20社以上に増えました。

このポイントモールサイトがあることで、金額換算で月に1億円以上をユーザーに還元することができています。私たちはこの金額をサービスの KPI として設定し、この金額を最大化するにはどうすれば良いかという視点で、日々のサービス開発を進めています。

またユーザーへの還元金額が大きくなるということは、ポイントモールを経由したオンラインショッピングの取引額が大きくなるということです。「ユーザーファースト」でサービスを常に改善し、それによってオンラインショッピングをもっと活発に、そして便利に利用できることを目指しています。

このポイントモール事業は、グループ親会社の Wano株式会社の一事業として始まりました。そして 2016年6月に、その事業部をスピンオフする形で EDOCODE株式会社が創業されました。安定した収益事業を持ちながらスピンオフした企業であるため、資金力が十分にありながらも、スタートアップ的なマインドセットでプロダクト開発を行うことができています。

創業から3年が経ち、EDOCODE はこれからいよいよ「世界中の人々に使ってもらえるサービス」を開発していきたいと考えています。

Why we do

  • スタンディングデスクでの打ち合わせも可能です。可動式のホワイトボードも用意しています。
  • 自宅からリモートワークしている社員とは、専用の iPad と Bluetooth マイク/スピーカーで常時接続しています。

世の中には常に不便があると思います。その不便がどうやったらなくなるだろうかと考え、解決策を世の中に出していくことが、私たちの存在意義になると考えています。

ただビジネスをうまく回し、収益を得る。それだけの存在でも、社会の一部としての役割は果たしているかもしれません。しかし本当にやりがいを感じて取り組めるのは「お金稼ぎ」ではなく、世の中からの手応えを感じられる事業です。

まだ既存の事業でそれを実現できていませんが、少しでも世の中を前に進めるために、私たちができることから貢献していきたいと考えています。

How we do

  • 社員間の交流を目的に「本を使ったワークショップ」を定期的に開催しています。
  • 自分が読んだことのある本を自由に持ち寄ってワークショプは進みます。

【リーン・スタートアップ/プロダクト開発】
現在、従来型のサービス開発・運用体制から、リーン・スタートアップ手法をとりいれた「プロダクトチーム型」への移行を進めています。

これまで弊社では、従来のIT企業でよく用いられる体制をとっていました。すなわち、「"頭の良いひと" の意見をもとに」「ウォーターフォール型で」「要件定義を行い」「スケジュール(WBS)に沿って」「プロジェクトマネージャーが管理する」「ディレクター・UI/UXデザイナー・フロントエンドエンジニア・サーバーサイドエンジニアが」「期日厳守で成果物を出荷する」ような体制です。
この体制の問題は、答えがわからない状況では、リスクが高すぎるということです。誰かが要件定義の時点で考えた最高のアイデアも、実際にユーザーが使うまで正しかったのかがわかりません。従来のウォーターフォール型の開発手法では、ユーザーが製品を触れるのは、製品がリリースされプロジェクトが終了する日です。製品がリリースされるまで事業の成否がわからないのは、リスクが高いと言わざるを得ません。

私たちはこの問題に対して、リーン・スタートアップ手法によるプロダクト開発を採用しようとしています。従来のプロジェクトマネージメントのように「期日(スケジュール)」にコミットするのではなく、「製品の成功」にコミットする体制です。これは成功するのかわからない製品を期日を守るためにつくるのではなく、あくまで一つの製品が「どうあれば」成功できるのかを検証し続けるアプローチです。
具体的な手法については「リーン・スタートアップ(エリック・リース著)」に譲りますが、EDOCODE ではこの手法を用いて、本気で世界に通用するプロダクトをつくっていこうと考えています。

【多様性/インクルージョン】
世界中の人びとに使ってもらうプロダクトが、多様性のない組織でつくれるわけがありません。EDOCODE が多様性/インクルージョンを掲げるのは、なにも格好をつけたいからではありません。私たちは本気で世の中に通用するプロダクトをつくりたいと考えているからです。

また「インクルージョン」という言葉を含めているのにも理由があります。昨今では「多様性(ダイバーシティ)」という言葉を聞く機会は増えてきました。しかし、「多様な人びと」がいるだけでは意味がありません。彼らを理解し尊重して始めて意味があるものと考えています。

では実際に私たちの組織が多様でインクルーシブであるかというと、全く実現できていません。現在の EDOCODE 社員の構成は、以下のとおりです。

(2019年9月時点)
-----------------------------------
# 性別
- 男性9人(69.3%) : 女性4人(30.7%)
# 国籍
- 日本12人(92.4%) : フランス1人(7.6%)
- 日本人のうち、1名はアメリカ国籍も保有
# 年齢
- 90% が20代後半から30代前半
-----------------------------------

現在の EDOCODE は、「30歳ぐらいの日本人男性たち」が全てを考えていると言っても過言ではありません。私たちはこうした状況に非常に危機感を感じているとともに、多様性や個の尊重について理解ある方々と一緒に、ぜひ働きたいと考えています。

Description

プロダクトマネージャーは、プロダクトやサービスのビジネス領域に責任を持つポジションです。エンジニア、デザイナーとプロダクト開発を進めるなかで、自分たちのプロダクトはどこにビジネス上の優位性や競争力を持っており、どのような戦略で開発を進めるべきかを考えていただきます。

プロダクトマネージャーの最も重要な仕事が、優先順位づけです。プロダクト開発をしていると、様々なトレードオフが発生します。あくまでプロダクトはユーザーが必要とするものでなければなりませんが、例えば「顧客(クライアント)」と「ユーザー」がいるようなビジネスの場合、顧客からの要望や、こちらでコントロールできないことも多くあります。

ユーザーにとって価値のあるプロダクトを作るのは大切ですが、それは事業として採算がとれていたり、クライアントと協調して事業が推進できているからこそ可能なことだと思います。もちろん、こうした事業性に加えて、技術的な難易度や実現性も考慮しなければなりません。

こうした役割を担うには、絶対にユーザーにとって良いものをつくって、社会の役に立つのだという強い信念と、事業性とユーザビリティのトレードオフを判断できるバランス感覚が必要です。そして、チームメンバー全員から優先順位と判断に納得してもらうためには、優れた言語化能力とリーダーシップが必要です。

EDOCODE のプロダクトマネージャーは、「mini-CEO」と呼ばれるような「最終決定者」ではありませんが、デザイナーやエンジニアと一緒にプロダクト開発の意思決定に関わっていただく、非常に重要な役割です。

EDOCODE では、様々なトレードオフのなかにあってもユーザーにとっての価値を追求し、チームの内外で優れたコミュニケーション能力を発揮できる方を、プロダクトマネージャー職として募集しています。

【必須スキル・経験】
・優先順位をつけて考えられる能力
・漠然としたことを整理して言語化できる能力
・論理的な会話ができる能力

【歓迎スキル・経験】
・なんらかの優先順位づけの方法論をお持ちの方
・チームビルディングの経験、またはメンバーとしてそれに積極的な貢献をした経験

【求める人物像】
・人に優しい方
・難しい課題に直面しても、暗い雰囲気にならない方
・強い意見を弱く持てる方
・チームの共通認識をつくり合意形成ができる方
・合理的なものの考え方ができる方

【仕事をする環境】
# 開発環境
・言語: Perl / JavaScript(jQuery, Vue.js etc.) / Go / Sass / C# / Ruby
・OS: Linux
・ミドルウェア: Nginx / MySQL / Elasticsearch / Memcached / Gulp
・ソース管理: Git / Subversion
・案件管理: Slack / Jira / Confluence / G Suite

# デザインツール
Adobe Photoshop/XD, Figma などのデザインツールを利用しています。既存のツール以外でも、導入したいものがあれば、ご提案ください。有料であれば会社が費用を負担してまずは試用していただきたいと考えています。

# ハードウェア
Mac / Windows の PC をご希望に応じて支給しています。もちろんデュアルディスプレイも可能です。長い時間のデスクワークでも集中力を保てるよう、椅子はアーロンチェアを導入しています。その他、必要な備品などは細かい要望をお聞かせください。

Basic info
Looking for プロダクトマネージャー
Job type Mid-career
Special features Foreign nationalities welcome / Students welcome / Available to talk on Skype / Free snacks/lunch
Company info
Founder 田村鷹正
Founded on June, 2016
Headcount 13 members
Industries IT (Internet/Mobile)

Recommendations (4)

There are no recommendations yet.

Recommendations (4)

There are no recommendations yet.

Location

東京都渋谷区恵比寿南1-24-2 EBISU FORT 1F