This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.
Androidアプリエンジニア

アフリカの課題解決に取り組むAndroidアプリエンジニアを募集!

WASSHA Inc.

WASSHA Inc. members

View all (4)
  • 取締役COO
    日系電機メーカーにて海外営業(アジア)、経営企画を担当、その後、外資系コンサルティングファームにて日系製造業の新規事業戦略、海外事業戦略プロジェクトに従事。2017年10月より現職。

  • ファウンダー& 代表取締役CEO
    2013年6月にWASSHA株式会社の前身となるDigital Grid Solutions株式会社を創業、IBMビジネスコンサルティングサービス株式会社(現 日本IBM)、NPO法人ソケットを経て現職。
    2016年より、スタンフォード大学関連のファウンダーコミュニティ、StartXメンバー。

  • 大学時代、博物館巡りの趣味が高じて学芸員資格の取得を目指し、大学卒業と同時に学芸員資格取得。

    2005年に地方の中小某SIerに入社。ビジネスソリューション事業部にて3年間、自社パッケージのカスタマイズや客先のシステム開発を担当。

    2008年より某SIerにて火消しの立場で大炎上している大規模プロジェクトに参画し、航空運輸業、金融保険業、製造業等のプロジェクトにおいて、サブリーダー、システムアーキテクトなどの立場で上流工程から下流工程まで満遍なく従事。

    2017年よりWASSHA Inc.にてWASSHAに関わるソフトウェア関連の開発すべてに従事。

  • 1984年に8ビットPCに出会って以来のナチュラルボーンプログラマ。
    「正しい」コンピューティングによって社会の様々な箇所を効率化し、今日より良い明日の実現に寄与したいと考えています。

What we do

  • 63e63ab5 2bdc 4bf0 bac4 5b6cf8b1f560?1560763914 WASSHAランタンで夜も営業ができるようになった小売店(KIOSK)の様子
  • E8301b40 2f22 47ae 8f51 362710a10a88?1560763914 新製品のFishing Light(夜間漁業の為の集魚灯)

▼ アフリカで、新しいビジネスを創る
社名であるWASSHAとはスワヒリ語で「光を灯す」という意味。
2015年に未電化地域向け電力(Energy as a Service) 事業から始まり、今では「アフリカ全体に希望の光りを灯す」という意味として、130人のアフリカメンバーとともに新たなビジネスを構築しています。
”課題だらけの途上国で、途上国だからこそのビジネスチャンスを模索し、生みした事業を現地メンバーとともに育て、ビジネスを通じて現地に還元し続ける”
それがWASSHAの目指すアフリカビジネスの形です。

▼主な事業内容
「電力事業」
アフリカではまだ6億人もの人が未電化の(=電気の届かない)中で生活をしています。WASSHAは未電化地域に1,100店舗以上のKIOSK(小型小売店)ネットワークを構築し、
WASSHAが開発したIoTデバイスを設置することで、低所得の方々でも、お金があるときにだけ利用できるLEDランタンのレンタルサービスを展開しています。
また、LEDランタンサービス提供を通じて、集魚灯(=夜間漁業に利用する灯り)のニーズを発掘し、家庭用のみでなくビジネスユーザー(=漁師)向けの新商品を中国のサプライヤーとともに開発。サービスを開始しました。

「Eコマース事業(新規事業)」
モノへのアクセスが限られている農村地域の人々は、農業用の資機材や日用品を購入するために離れた町まで買出しにいかなければならず、交通費や輸送費が生活を圧迫しています。
彼らの必要な品物をアプリ経由でオーダーでき、キオスクを介してデリバリーするサービスを準備しています。

「人材事業(新規事業)」
知識も技術もあるけれど仕事がない、そんなアフリカの優秀なソフトウェアエンジニア達を発掘・採用・育成。
エンジニアが不足している日本をはじめとした先進国企業とアフリカのIT人材をマッチングするサービスを準備しています。

▼広報
首相官邸 国際広報CM(英語、2分)で取り上げていただきました
https://www.youtube.com/watch?v=nRAPkRiC59s

2019年4月16日22時放送のテレビ東京系列「ガイアの夜明け」で当社の事業が紹介されました。
https://www.tv-tokyo.co.jp/gaia/backnumber4/preview_20190416.html

日経ビジネス2019年3月4日号の特集「日本を超える革新力 逆説のアフリカ」に当社記事が掲載されました。
https://business.nikkei.com/atcl/NBD/19/special/00048/

電力事業の詳細は、下記の紹介動画(英語、1分)を参照ください。
https://www.youtube.com/watch?v=U82Ncactrpw

Why we do

  • C7a85ddd 991b 4b69 b3f2 e802cde830c6?1560764371 現地のニーズをヒアリング中のCOO米田
  • 7e352dce 6238 42e8 bf0e e8c2700c5ed2?1560764371 未電化地域の様子。もちろん電線はありません。

▼WASSHAのVision
「銀行口座は持てないけれど、Fintechが進んでキャッシュレスで買い物ができる。」
「整備された道路はないけれど、広い空にはドローンが飛んでいて物資の輸送ができる。」

既得権益や規制が少ないアフリカでは、先進国を追い越して、上記のような世界が実現しつつあります。
「新たな発展を遂げる魅力的な市場アフリカで、今までと全く違うやり方で社会課題を解決し、誰も見たことがない新しい社会を創る」。
WASSHAはそんなアフリカの未来を、ビジネスを通じて創造することを目指しています。

▼Visionに共感してくださる方へ
「国の創生期/発展期」という非常に面白いフェーズにあるアフリカで、ビジネスを通じた新しい発展の形を一緒に創造していきましょう。

How we do

  • 72f94ee0 4ca1 4c6e 82a3 393ca5065303?1560764371 WASSHAタンザニア事務所のメンバー!(左はCEO秋田、後ろで大きくバンザイしているのがCOO米田)
  • Ec93eb39 90f0 4bc9 9733 99327024df57?1560764371 このランタンのように、アフリカに希望の光を灯していきます

▼組織体制
2019年6月現在、日本人11名(うちタンザニア駐在3名)、タンザニア人約130名で事業を実施しており、日本人メンバーは外資系コンサルティングファーム出身者、スタートアップ企業の役員経験者、総合商社出身者など、非常に優秀なメンバーが揃っています。
日本では、経営企画や新規事業開発、研究開発をメインで行っており、タンザニアでは、現在の柱である電力事業の企画/運営を行っています。また、ウガンダをはじめ、他国展開に向けた調査を実施しています。

▼運営資金
これまで東京大学エッジキャピタル・日本政策投資銀行・JICA(国際協力機構)・丸紅などから合計で約13億円の出資を受けています。

Description

弊社がタンザニア・ウガンダで展開している未電化地域向け電力サービスの核となるAndroidアプリケーション開発に一緒に取り組んでくれる方を募集します!

▼ 具体的には
電気が届く地域から遠く離れた未電化の村で、私たちと提携した小売店(キオスク)のオーナーがサービスを利用するために使うAndroidアプリケーションをJava、JNI、C++で開発しています。

これを保守運用しつつ、ユーザーの要望に応じて新機能の追加・現行機能の改善に向けて要件定義・設計・プログラミングも適宜行います。
並行してKotlinでのマイグレーションも行っています。

また、必要に応じて、新規事業で使用するアプリの開発も行っています。

▼ 必要条件
・ JavaによるAndroidアプリの設計、実装経験

▼ 歓迎条件
・ 日本で入手できないローエンドのスマートフォンをターゲットにしたAndroidアプリの実装経験
・ AndroidのCustom Recoveryをビルド、Flashした経験
・ Kotlin、C/C++によるAndroidアプリの設計、実装経験
・ リバースエンジニアリング対策を意識した不正利用を防ぐアプリ設計経験

▼ その他言語能力
日本語能力は必須です。
また、海外メンバーとのコミュニケーションが日々発生するので、英語、フランス語、スワヒリ語を使う場面があります。

外国語を毛嫌いせず、伝える意思をもってコミュニケーションを図れる人であれば問題ありません。

▼ エンジニアの開発環境
開発者にはデスクトップPCとデュアルモニタが支給されます。
(基本的にはWindowsですが、希望によりLinux環境も可能です。)
開発用サーバとしては社内のクラウドにVMを構築し、状況に応じた最善の選択をすることができます。
サーバOSにはUbuntuを採用しており、開発用のAndroid端末も複数揃えています。

▼開発言語
現在WASSHAで稼働中のシステムの環境/開発言語/フレームワークは以下の通りです。
状況に応じて新たな言語環境を検討、採用することが可能です。

・ Ubuntu、Android、AWS
・ Java、C/C++、Kotlin、Java Servlet、CakePHP、AngularJS
・ Spring framework、Django、Nginx、Gulp、Ansible
・ MySQL、PostgreSQL

バージョン管理システム
・ Git
・ Gitlab

コミュニケーションツール
・ Slack
・ WhatsApp

▼ WASSHAが求める人物像
・ 自分の得意分野をもち、かつシステム開発業務を全般的に行える方
・ 現地で起こっている問題に対して「開発者として」自らができることを考えて取り組んでいくことができるベンチャースピリット溢れる方
・ アフリカにおける環境を考慮し現地に受け入れられるソフトウェアの開発に興味のある方

Highlighted posts

Basic info
Looking for Androidアプリエンジニア
Job type New grad/entry level / Mid-career / Contract work
Special features Foreign nationalities welcome / Weekend commitment only / Available to talk on Skype
Company info
Founder 秋田 智司
Founded on November, 2013
Headcount 131 members
Industries Circulation / Retail Sales / IT (Internet/Mobile) / Utility / Energy

Recommendations (5)

There are no recommendations yet.

Recommendations (5)

There are no recommendations yet.

Location

〒113-0033 東京都文京区本郷7丁目3−1 東京大学アントレプレナープラザ305号室

Page top icon