This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.
薬剤師,薬学生,その他
on 2018-06-11 160 views

子どもの薬局体験イベントを手伝ってくれるボランティアスタッフ募集!

株式会社下島愛生堂薬局

What we do

【『健康という価値』を提供する薬局へ】
私たちは八王子市内にある、大正9年創業の老舗調剤薬局で、地域に根差すかかりつけの薬局になるため、生活総合支援をする薬局として『健康という価値』の提供をし続けることを目指しています。

私たちの思いには、

・大切な人(患者、スタッフ、家族)が健康でいて欲しい
・うちで働く人は、どこでも働けるようになって欲しい
・健康とは、身体的にも精神的にも自分らしくいられること
・“負”健康とは、身体的にも精神的にも自分らしくいられないこと
・価値は目に見えないが故に、正しいこと=価値とは思わず、必要なこと=価値と考え、そのために自ら考え、行動し、結果を創ることを価値提供とする

というものがあります。

Why we do

【Mission:私たちが存在する大義/理念】
私たちは「健康という価値を提供する」という大義/理念を持ち、以下のビジョンを目標としています。

【Vision:実現したい未来】
医療と介護に関わる生活領域の中で、どこでも誰とでも働け、あらゆる角度から価値を提供するスキルを持った人材を輩出していくこと。

【Value:私たちが大切にする価値の基準】
・本質を考え、挑戦する
(Think and Challenge for what really are)
・学びと実践を続け、次につなげる
(Keep input and output for the next)

How we do

薬剤師を含め、スタッフ全員がいつもいらっしゃる患者さんたちから気軽に話しかけてくれるような薬局で、地域医療の一つの拠点として『健康という価値の提供』を追求しています。

通常の薬局業務の他に、以下のようなユニークな取り組みを行っています。

・在宅医療の相談窓口案内パンフレットの配布
・相続相談ができる弁護士の紹介
・薬局ができること、機能を啓蒙するリストの配布
・子どもへの声かけ変換表の掲示と配布
・子ども向けの薬剤師業務の体験イベントの開催
・高齢者向けの薬の相談会
・“薬局で待たない”サービスの展開

As a new team member

薬局という場所は病院と違い、薬をもらえるだけと思われることが多いです。
しかしそんな薬局も患者さんの見えないところで様々な仕事を行っています。
その仕事の一部を子ども達に体験してもらえる「子ども薬局」イベントを私たちと一緒に企画・運営してみませんか?

先月に行った第一回目の子ども薬局の参加者募集では早々に定員に達し、予約を締め切るほどの人気でした。
今回はその第二回目を開催する予定です。

現役の薬剤師や在学中の薬学生はもちろん、医療関係者ではない方でも構いません。
子どもが好き、イベントを企画してみたいなど興味がある方のご応募をお待ちしております!

<開催予定日>
2018.6.24 第二回子ども薬局
・前半 10:00~11:00
・後半 13:00~14:00

<内容>
子どもの薬局薬剤師体験
・薬の一包化体験
・塗り薬の調剤体験
・シロップ薬の調剤体験
・粉薬の調剤体験

<お願いしたいこと>
・内容の企画
・イベント準備
・当日の司会、進行
・進行、調剤体験の補助

<開催実績>
2018.5.20 第一回子ども薬局
https://youtu.be/al9B4iX3JoM (You Tube)

Highlighted posts

なぜ町の小さな薬局がWantedlyで採用活動をしているのか?
「やりたいこと」と「できること」は違う
約100年の歴史~歴史を振り返って次の世代に残せること~
Other users cannot see whether or not you're interested.
4 recommendations
Company info
株式会社下島愛生堂薬局
  • Founded on 1920/10
  • 8 members
  • 東京都八王子市本郷町3-20
  • 子どもの薬局体験イベントを手伝ってくれるボランティアスタッフ募集!
    株式会社下島愛生堂薬局