This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

271 views

ABOUT

concept:古さを新しさに変換する

Club 675はバブル期にオープンした横浜馬車道に位置する歴史あるキャバレーをリノベーションしたパーティースペース。
桜の木の木細工で飾られた重厚感ある壁面やイタリアの大理石の床など、元々の意匠を残し、新しい空間の主役として位置付け直した。
現代では作ることの困難な当時の文化や人々の思いが宿った意匠を継承しつつ、新たに更新することで施設のバリューアップを図った。