Koki Takeda

ALH株式会社 / 技術者

東京都 多摩市

Koki Takeda

ALH株式会社 / 技術者

東京都 多摩市

Koki Takeda

ALH株式会社 / 技術者

Why not create your own Wantedly profile?

Showcase yourself and your experiences to bring your professional story to life.

Join

ARで苔を生やす

ARと苔をどのように表現していくかを模索中です。

In the future

Ambition

In the future

苔とARを調査し、新たな表現をみつけ続けていこうとしています。

Apr 2019
-
Present

技術者
Present

Apr 2019 -

Present

要件定義・設計書作成・プログラマ・テスタ・製品調査・仕様書作成

mohu AR

Oct 2020

kokegl

Sept 2020

工場機械に対するコマンド送信のための変換モジュールの開発

工場機械は16進数で理解するプログラマブルロジックボードであるため、人間にわかりやすいコマンドが入力された際、それが16進数ではどうなるかを変換する必要があった。具体的にはCPUのアドレスに直接書き込まれるため16進数で指定されたアドレスをさらにプログラマブルロジックボードが理解できる形式に変換するモジュールであった。 すでに受けた際に案件の締め切りは過ぎている状態であった。その中で製品の納品元であるお客さんへ本モジュールの要件を聞き、基本設計書を作成、詳細設計書としてシーケンス図を作成、モジュールの実装、単体テスト、結合テストを行い、別の作業者に受け継ぎを行いました。 使用ツール:ThingsBoard(open ソースの拡張) PLC機器 virtualbox VSCode 使用言語:javaScript(anglarjs) java

June 2020 - Aug 2020

独自Webアプリケーションの機械学習機能調査

あらゆる製品や機械を繋ぐコンセプトで作られた独自のwebアプリケーションで機械学習機能の追加がありその調査を行った。 海外で作業しているチームから構築手順と実行方法をもらい、実際に構築・実行し、構築手順書を作成した。 使用ツール:ThingsBoard(open ソースの拡張) docker uWSGI nginx virtualbox VSCode AWS(CodeCommit, ES2サーバ, S3)

May 2020

3製品を連携させたシステムのデモ開発

可視化Webアプリケーション・DB管理システム・最適化計算システムの3製品を構築し、Pythonのflaskを用いてWebアプリケーションサーバを作成し繋ぎました。 使用ツール:ThingsBoard(open ソースの拡張) SASpy emacs pyCharm VMware workstation 15 使用言語:python3 (psycopg2 flask) SQL cqlsh javascript (ajax anglarjs)

Jan 2020 - Apr 2020

2019

東京工科大学 八王子キャンパス

メディア学部

2019

映像表現・芸術科学フォーラム2017

Jan 2017

floating sights

ARアプリケーションです。球体にシェーダー言語により模様を描きました。空間をデコる(飾る)を目的とした実験的アプリケーションです。

mohuAR

AR空間に配置した仮想苔、その触覚を想起させるアニメーションを起こすシステムを開発しました。そのシステムのプロトタイプとしてmohuARを制作、iOSのAR上に構築し画面上からその触り心地を体験できるようになっています。

サーバーのバックアップ製品のテスト

約180台ほどのサーバーを自分を含めた3名でバックアップ製品の再構築とバックアップ・バックアップ機能のテストを行いました。

2015

都立多摩科学技術高等学校

2015


Skills and qualities

c++/openframeworks

0

Swift(リリース経験あり)

0

C言語の基礎

0

Unity/C#

0

swift/metal

0

Accomplishments/Portfolio

mohu AR

Oct 2020

kokegl

Sept 2020

工場機械に対するコマンド送信のための変換モジュールの開発

June 2020 - Aug 2020

独自Webアプリケーションの機械学習機能調査

May 2020

3製品を連携させたシステムのデモ開発

Jan 2020 - Apr 2020

Show more

Awards and Certifications

映像表現・芸術科学フォーラム2017

Jan 2017