This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.
for Startups,Inc

私がfor Startupsに入社した理由

Trending
Trending Posts

【社員紹介vol.28】大手証券会社で革命家と呼ばれた女性が、目指す未来と生ける価値とは - “尖り続けないことは死に値する。”

学生時代、ベンチャー企業でインターンを経験した中田莉沙。没頭して働き、ビジネスの仕組みを知るにつれ、企業活動におけるお金の重要性を認識。新卒の就職先は大手証券会社を選んだ。意気揚々と入社するも、そこで感じたのは圧倒的なスピード感の欠如だった。社会に価値を残したいと思う中田にとっては物足りない場所だ。スタートアップ...

【社員紹介vol.4】メタップスで事業統括責任者を務めた人材は、なぜ 「for Startups」 を選んだのか?

※本記事はfor Startupsへの社名変更前に掲載されたものです。(本文中では旧社名NET jinzai bankで表記) 株式会社メタップスで事業統括責任者を務めた恒田有希子。東証マザー...

【社員紹介vol.13】日本No.1ヘッドハンター弊社代表の志水に『藤村教えて』と言わせた女性キャピタリストの成長と志。

※本記事はfor Startupsへの社名変更前に掲載されたものです。(本文中では旧社名NET jinzai bankで表記) 動画領域のヒューマンキャピタリストとして活躍!挫折と覚醒を経てつかんだ今の自分 学生時代から人一倍「自分にしかできないこと」を追及してきた藤村彩乃。スタートアップのグロース支援、成長産業...

【社員紹介vol.33】「残りの20代を駆け抜けていきたい。」チームの力を学び、スタートアップのど真ん中で気づいたこと。

優秀なメンバーがそろうfor Startups。メンバーは皆、成功体験と高い志を持ってジョインするが、すぐに華々しく活躍できる人ばかりではない。近藤尚青(こんどう なお)も最初はなかなかうまくなかった一人である。しかし、「The Team」というバリューをもつfor Startupsのメンバーが見捨てることはなか...

【社員紹介vol.29】もはや愛なんて言葉じゃ足りない。企業理念への共感、のその先

ーーどうしてそこまで、for Startupsを強く強く、愛せるのか。 そんな問いに「どうしてなんでしょうね」と、ゆるやかに笑う26歳の青年の姿がそこにはあった。名前は玉城夢大(たましろ・むだい)。for Startups(当時はウィルグループの一事業部)の新卒社員として入社し、丸3年が経過しようとしている。  ...

Latest
Latest Posts

元メタップス執行役員の鈴木聡子が、成長産業支援のfor Startupsにジョイン

リクルート、住友不動産、Kaizen Platformでキャリアを積み、メタップスでは執行役員として活躍した鈴木聡子がfor Startupsにジョインした。スタートアップ業界の最前線を走り抜けてきた鈴木がfor Startupsでの新たな挑戦を語る。 まず、これまでのキャリアについて教えてください。 キャリアと...

自分をさらけ出しながら、日々学び続けられるこの場所が好き。僕らがfor Startupsにいる理由。

就職活動の定番とさえいえる、企業でのインターンシップ。しかし、数ある企業の中から、自分の興味関心や成長できる環境などを探し当てるのは、そう容易なことではありません。 ただ、自らの軸やこだわりを持ちインターンシップ先を選定すれば、インターンシップを充実したものにできるのではないでしょうか。そこで今回は、for St...

Startups First~ビジョン共感で集まった仲間たち。抜群のチームワークを誇るエンジニアチームについてCTOが語る。

「彼ら自体がコンテンツ」と評するほど多彩なメンバーが集まるfor Startupsのエンジニアチーム。既存産業から成長産業へ、スタートアップのエコシステムに一人でも多くの人に入ってもらい、発展させることを目指し、心を一つにして開発に取り組んでいる。同じ志を持つ新たな仲間を求め、CTOの戸村憲史がチームの様子や自ら...

【エンジニア対談】パラレルに働く我々がfor Startupsを選んだ理由

for Startupsには社員、契約社員、業務委託と、多様な働き方のエンジニアがいる。立場はあくまでもフラットで、雇用形態は単なる属性の一つに過ぎない。「for Startups」のビジョンの下、多様な経験と知識、技術を持つエンジニアが集い、掛け算の価値を発揮して、新しいサービスをつくりだす。その空気、環境に魅...

【社員紹介vol.38】くすぶっている時間がもったいない。若い時は短い。やりたいことをやろう!スタートアップの「熱」に引き寄せられて、外資コンサルからfor Startupsへ

就職活動期間3日で、世界的なコンサルティング会社のPwCに入社。しかし10カ月で退社し、for Startupsに飛び込んだ遠藤蓮辛(えんどうれんしん)。学生時代はITベンチャーで熱心にインターンをした。そこで浴びたスタートアップの「熱」が、遠藤をfor Startupsに導いた。初めて面接で訪れた日、「明日から...

【社員紹介vol.37】戸惑い、もがいた先に見つけた仕事の手応え。自分の行動で世界を変えられる私たちの働き方、組織の在り方。

新卒でウィルグループに入社した古髙琢斗。入社当時、グループのキックオフで強烈な印象を受けた人物がいた。当時まだウィルグループの事業部として活動していたNET jinzai bank(現在のfor Startups)の志水雄一郎だ。その2年半後、志水のあの時の熱量に導かれるかのように志水のチームにジョインすることに...

【社員紹介vol.36】「限りある時間を心から信じられる仕事に使いたい」大企業、起業、出産、事業クローズ、キャリアのフルコースを経て、いま伝えたいこと。

子どもが生まれて変わったことは、限りある時間を心から信じられる仕事に使いたいと思うようになったこと。そして、20年後・30年後の社会を見据えるようになったこと―。新卒で野村総合研究所に入社し、働きながらグロービスで学び、起業し、出産。今、本当にやりたいこと・やるべきことを考えたとき、選んだ場がfor Startu...

【社員紹介vol.35】前職は野村総合研究所。超大企業を飛び出したことに後悔は微塵もない

理系の大学院を出て野村総合研究所(NRI)へ。4年余り働いた後、for Startupsに転職した。「NRIの人がなぜfor Startupsに?」と大半の人が思うだろう。この経歴を、当の佐々木峻は「他の人と比べるとおもしろい経験が少なくて」と気さくに笑い、「一点の曇りもなく移って来てよかったと思います」と言う。...

【社員紹介vol.34】「何をやるか」よりも「誰とやるか」。自称「平凡な人間」が、場の熱量による自身の変化に驚く。

一転職希望者として訪ねたつもりが、勢いに押されるようにfor Startupsにジョインすることになった佐藤直紀。「平凡な人間です」と自称する一方で、好奇心は人一倍旺盛。この非凡で熱量の高いメンバーと接するうちに、「この人たちと一緒に働きたい」という思いが押さえきれなくなった。その決断はきっと正解だ。多様な個性と...

【社員紹介vol.33】「残りの20代を駆け抜けていきたい。」チームの力を学び、スタートアップのど真ん中で気づいたこと。

優秀なメンバーがそろうfor Startups。メンバーは皆、成功体験と高い志を持ってジョインするが、すぐに華々しく活躍できる人ばかりではない。近藤尚青(こんどう なお)も最初はなかなかうまくなかった一人である。しかし、「The Team」というバリューをもつfor Startupsのメンバーが見捨てることはなか...

【社員紹介vol.32】「縁の下の力持ちは、プラスアルファの力を身につけることで、実は存在感を増すのだと思う」- for Startupsの若きエース、その原動力とは

物腰の柔らかい野心家。ヒューマンキャピタリストとして働く「馬場良樹」を一言で表現するなら、そんな言葉がしっくりくる。for Startupsへのジョインからはまだ1年にも満たないものの、スタートアップの市場に対して向き合う姿は、まるで熟練ヒューマンキャピタリストのそれのような安心感すらある。 推進力を持って日々の...

【社員紹介vol.31】"いい子"の殻を破る。CAからfor Startupsへ。100点を取るのは得意なスーパーバランサーが150点を目指して自らの名前で勝負する。

小学校時代は、陸上で全国大会に出場。中学と高校では陸上部の部長を務め、学業も優秀。都立トップ進学校から慶應義塾大学に進学し、大学では学園祭実行委員を務めるなど充実した学生生活を送った。就職活動は、選べる状況にあるなかでサイバーエージェント(CA)に。強い意志で輝かしい経歴を手に入れてきたが、何かが違うとも感じ続け...

【社員紹介vol.30】「僕らの世代が成長企業に飛び込もう」そのメッセージを伝えるためにfor Startupsへ

「新卒は採用していない」と言われながら、その言葉を押し切ってfor Startupsに入社した人物がいる。森心之介だ。大学時代を保守的な地方都市で過ごし、大半の学生が金融機関や役所を目指す就職活動に違和感を覚えた。東京や大阪と情報格差がある環境にいたからこそ、「もっと考えよう」「僕らの世代が成長企業に飛び込もう」...

【社員紹介vol.29】もはや愛なんて言葉じゃ足りない。企業理念への共感、のその先

ーーどうしてそこまで、for Startupsを強く強く、愛せるのか。 そんな問いに「どうしてなんでしょうね」と、ゆるやかに笑う26歳の青年の姿がそこにはあった。名前は玉城夢大(たましろ・むだい)。for Startups(当時はウィルグループの一事業部)の新卒社員として入社し、丸3年が経過しようとしている。  ...

【社員紹介vol.28】大手証券会社で革命家と呼ばれた女性が、目指す未来と生ける価値とは - “尖り続けないことは死に値する。”

学生時代、ベンチャー企業でインターンを経験した中田莉沙。没頭して働き、ビジネスの仕組みを知るにつれ、企業活動におけるお金の重要性を認識。新卒の就職先は大手証券会社を選んだ。意気揚々と入社するも、そこで感じたのは圧倒的なスピード感の欠如だった。社会に価値を残したいと思う中田にとっては物足りない場所だ。スタートアップ...

Followers
Posts
37
Likes
917
About
私がfor Startupsに入社した理由
for Startupsのメンバーがなぜ入社に至り、今何をしているのかを紹介します!!
Writers