This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.
株式会社EYS-STYLE

株式会社EYS-STYLE's Blog

Trending
Trending Posts

2016年 冬のたのしいモンゴル出張

仕事のことを書くと機密情報の漏洩につながりかねないので、あたりさわりのないことを書きます。 出発前 さすがにモンゴルの冬は寒いと思い、モンゴルのメンバにどんな服装がいいのか聞いてみました。 これは大変な時期を選んでしまったと、結構ビビリながら準備しました。 1日目 モンゴルへ飛ぶ飛行機の中、モンゴル語の新聞...

ヴァイオリン・トランクショー2016

皆様こんにちは。現在 楽器販促チームの金子です。 先日11月26日・27日・30日の3日間、EYS音楽教室で初となるヴァイオリン・トランクショー(販売会)を開催させて頂きました。 まず、トランクショーとは? むかしむかし、デザイナーや製作者がトランク一杯に自身が制作した商品を入れ、お金持ちやお店を個別訪問をし...

モンゴルでオフィスを立ち上げるので、モンゴル語の数詞を覚えてみました

今回モンゴルに行くことになりましたので、数字の表現を覚えてみました。 数詞ですね。 モンゴルの銀行などでも日本と同じように番号札をとって番号が読み上げられるスタイルです。 モンゴル語で数字が読み上げられるので、モンゴル語の数字がわかっていないと自分の番なのか判別できません。 基数 基本です。 英語でいうと one...

モンゴルに来るEYSエンジニアが用意したほうがいいもの

モンゴルは3月でも最低気温がマイナス1度だったりします。 東京の1月と似ていますが、その頃の東京よりは湿度が高く、体感では特に過ごしにくいことはありません。 また、5リットルの水が日本円で60円未満、インターネット使い放題3ヶ月のsimが700円程度、お昼のランチが500円程度で安くて250円程度、証明写真4枚で...

EYSのエンジニアライフ

はじめまして! EYSの中間です。 基幹システムの開発リーダを担当しております。 今回はエンジニア目線でのEYSの雰囲気をゆるーくお伝えしたいと思います。 銀座に構えるオシャレなオフィス まずは会社外見です。 銀座の一等地にこんなキレイなオフィスに出勤できるので、とてもモチベーションが上がります。 エレベ...

Latest
Latest Posts

EYS Music Sessions from 6 months: Teacher training

Exciting news: EYS is expanding its rhythmics-inspired music program for 6 months and up! Up until now, sessions have only been available at our Ginza studio...

EYS English Rhythmics

Greetings from Francesca, rhythmics teacher at EYS! Since April 2019, I have been delivering rhythmics classes in English at the Ginza studio for 0-2-year-ol...

EYSのエンジニアライフ

はじめまして! EYSの中間です。 基幹システムの開発リーダを担当しております。 今回はエンジニア目線でのEYSの雰囲気をゆるーくお伝えしたいと思います。 銀座に構えるオシャレなオフィス まずは会社外見です。 銀座の一等地にこんなキレイなオフィスに出勤できるので、とてもモチベーションが上がります。 エレベ...

家族づれOK!役員研修@ハワイ・ワイキキ

今年もやってきました、役員研修の時期が。 去年はモンゴルに行き、馬に乗ったり星空を眺めたりしながらも、移動のバスの中など時間を見つけてはひたすら仕事をしていました。 今年の役員研修の場所は、なんと「ハワイ」です。 しかも今年は、パートナーまたは家族を連れて行ってヨシというなんともアットホームな雰囲気。 すばらしい...

モンゴルに来る EYS-STYLE の国際派エンジニアが覚えておいたほうがいいロシア語

EYS-STYLE のモンゴルの社宅ではロシア語が必要になります。 SAMSUNG製の洗濯機の操作パネルがロシア語なんです。 なので、覚えておいたほうがいいロシア語を並べました。 すべて操作パネルにある単語です。 洗濯機の型番は WF0602WKV です。 説明書もインターネット上で見つけることができます。 ロシ...

EYS-STYLE のエンジニア用モンゴル社宅

EYS-STYLE で働くエンジニアは、モンゴルに行くことができます。 光熱費は自己負担ですが、社宅の家賃は会社が負担しています。 モンゴルへの往復交通費も会社が負担していますから、とにかく金額的にはメリットでかいです。 そんな EYS-STYLE のモンゴルの社宅・環境を紹介します。 立地 モンゴルの中心街とも...

【エンジニアとして海外で働く】モンゴルオフィス設立への道 ~採用はSNSが効く?~

モンゴル人エンジニア、新たに1人加わりました この1週間で一番のトピックは 新たにBilegt(ビレット)さんがメンバーに加わったことです。 これでモンゴル人のエンジニアは5人になりました。 日本人2人に対してモンゴル人5人ということもあり、 以前に比べてオフィス内のモンゴル語での会話が活発になってきま...

【エンジニアとして海外で働く】モンゴルオフィス設立への道 ~スポーツジムに通う~

ITチームの小野寺です。日本はゴールデンウイーク明けのようですが、 ここモンゴルにおいては、当然ながらゴールデン感とは無縁のただの週明けです。 先週木曜の気温が1度でした。    しかし、昨日の気温は23度。    気温差ありすぎ。春の気候は変化が激しいです。 モンゴル・ウランバートルのランチ事情 ...

【エンジニアとして海外で働く】モンゴルオフィス設立への道~モンゴルならではの求職~

大塚です。今回は、オフィスの進捗状況をお伝えしようと思います。   人数も徐々に増えてきたのでパソコン4台のセットアップを順調に進めています。 人が増えたことで、オフィス内のレイアウトも変更する必要があり 机を移動させようと思ったら…   なんと机が壊れているのを発見。。。 皆で慎重に運びました。   人...

【エンジニアとして海外で働く】モンゴルオフィス設立への道~日報ではなく分報を活用~

EYS音楽教室を運営するEYS-STYLEはモンゴルオフィスを立ち上げました。 3月末より日本人エンジニアもウランバートルに滞在して業務にあたり、 現地の様子をエンジニア本人の言葉で伝えてもらっています。   今回は小野寺さんによるレポートです。 自身が属するITチームは、日本とモンゴル2つの拠点に分かれてるため...

【エンジニアとして海外で働く】モンゴルオフィス設立への道 ~現地採用のこと~

EYS音楽教室を運営するEYS-STYLEはモンゴルオフィスを立ち上げました。 3月末より日本人エンジニアもウランバートルに滞在して業務にあたり、 現地の様子をエンジニア本人の言葉で伝えてもらっています。 滞在4週間目に突入した現在の様子を、ITチームのリーダー大塚さんがレポートしてくれました。 *******...

【エンジニアとして海外で働く】モンゴルオフィス設立への道 ~滞在3週間&現地の食事情~

EYS音楽教室を運営するEYS-STYLEはモンゴルオフィスを立ち上げました。3月末より日本人エンジニアもウランバートルに滞在して業務にあたり、現地の様子をエンジニア本人の言葉で伝えてもらっています。さて、滞在3週間目の様子はどうでしょうか。 今週は、あるシステムが大幅に変わることでエンジニアチームは対応作業に...

モンゴルに来るEYSエンジニアが用意したほうがいいもの

モンゴルは3月でも最低気温がマイナス1度だったりします。 東京の1月と似ていますが、その頃の東京よりは湿度が高く、体感では特に過ごしにくいことはありません。 また、5リットルの水が日本円で60円未満、インターネット使い放題3ヶ月のsimが700円程度、お昼のランチが500円程度で安くて250円程度、証明写真4枚で...

【エンジニアとして海外で働く】モンゴルオフィス設立への道

昨年はエンジニアを探しにモンゴルに行き、年明けからは採用したモンゴル人エンジニアが東京に2か月間の研修に来ました。そして3月下旬に、日本人のエンジニアを含めてモンゴルはウランバートルへ! ついにEYS-STYLEの海外拠点、第一号としてモンゴル・ウランバートルにオフィスを構えます。現地での業務内容は未知数ですが、...

モンゴルでオフィスを立ち上げるので、モンゴル語の数詞を覚えてみました

今回モンゴルに行くことになりましたので、数字の表現を覚えてみました。 数詞ですね。 モンゴルの銀行などでも日本と同じように番号札をとって番号が読み上げられるスタイルです。 モンゴル語で数字が読み上げられるので、モンゴル語の数字がわかっていないと自分の番なのか判別できません。 基数 基本です。 英語でいうと one...

Followers
Posts
18
Likes
30
About
株式会社EYS-STYLE's Blog
株式会社EYS-STYLEは、“Enjoy Your Sound”という音楽の新しいスタイルに基づき、入会者に楽器をプレゼントするモデルで急成長する音楽教室を始め、世界中の楽器工房に消費者が直接アクセスできる越境EC、プロとアマが渾然一体となったステージを展開するエンタメ事...
Writers