1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

台湾のアートの可能性を探るインターン

Kenjiro Asano

ゼンショーHD - SM

About my work experience

日本統治時代の建物をそのまま利用した緑豊かな素敵な佇まいと規模の大きさに感銘を受け、ここで働いてみたいと思いました。特に募集はなかったので、担当の方に直接メールをして、面談の結果採用して頂きました。 また、学生VISAでの台湾渡航だったので、お金を頂く代わりに、開催されている展覧会は無料で見れて、また名刺を作ってもらうという交換条件でのインターンでした。

仕事内容 日中英翻訳 台湾で行われた文博会での日中翻訳 交流補佐(翻訳) 東京ビッグサイトで行われるBtoB展覧会の翻訳補佐

Difficulties I faced

自分の言葉の発信力が弱いなと実感しました。通じるけれども、より気持ちの込めた言い方であったり、アイデアを表現する力ってとても大切だなと痛感しました。

What I learned

憧れや、本当に好きだと思ったことにはお金とか関係なしに手伝いたい!自分のこのスキルが役立つなら是非貢献したいと思える事に気づいたこと。エネルギーが常に湧いてくる感覚! 自分が仕事したい!っておもえる為の感情は極めてシンプルだった。そして、そのシンプルな“好き”という感情はとても強い力を持っていると実感しました。

ゼンショーHD - SM
自分の成長のために様々なところに飛び込み、選択肢を狭めず、何でもYESと言って挑戦してみること。そして、想像もしていなかったような素晴らしい事に巡り会いたいです。 台湾では音楽理論を学び、アートと音楽の可能性を毎日ひしひしと感じながら新しいアイデアを模索してます。
Read More