This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

テレアポか飛び込みか。インドで見えた文化の違い。

Masayuki Ikeda

The Westin Gurgaon - Sales & Marketing

About my work experience

【参加したきっかけ】 参加動機は大きく2つ。 1つ目は、自分自身の人間の器を大きくしたかったから。 2つ目は、海外で物を売る力をつけたかったから。

【業務内容】 セールス&マーケティング ーグルガオン内の日系企業様、及びホテルにご宿泊いただいている日本人ゲストの責任者。 ホテルの稼働率を上げるため、日系企業様に対して法人営業を行うとともに、日本人のゲストが快適に過ごせるようコミュニケーションの窓口を行う。

Difficulties I faced

【直面した課題】 テレアポの成功率が低い。 ー日系企業とはいえ、従業員のほとんどがインド人のためテレアポは英語で行わなければならない。英語が話せないインド人が電話に出ると「Hotel? No」と言ってすぐに電話を切られてしまう課題。

What I learned

【原因の仮説】 テレアポを行っていくと、その成功率は最初に受話器を取った人の英語力に大きく左右されることがわかってきた。逆に言えば、ホテルの担当者に繋いでもらうことさえできたらほとんどアポが取れていた。 つまり、いかに英語が話せない人からホテルの担当者に繋いでもらうかが鍵だと思った。

【対応策】 飛び込み営業を行った。 なぜなら、仮に最初に対応してくれた人が英語が話せなかったとしても、すぐにオフィスに戻って英語が話せる人を連れて来てくれるかだ。また、視覚的に日本人だと分かることで、日系企業に対しての効果は絶大だった。この方法を試してみてから30社訪問したが、30社全てのホテル担当と話をすることができた。 結果的にそのうち2社とは来年1年間の年間契約を結ぶことができた。

The Westin Gurgaon - Sales & Marketing
小・中・高と野球一筋の人生を歩んできました。 高校野球部引退後、猛勉強の末、立教大学に入学。 大学では海外インターンシップを運営する団体に入会しました。 野球は続けず、海外インターンシップの運営経験と国際会議経験を通してリーダーシップを養ってきました。 大学3年時には委員長を務めさせていただき、 大学4年時には大学を休学して、ベトナムとインドで半年ずつインターンシップに参加してきました。 大学5年時に、就職することを辞めてフリーランスの映像制作者として活動しております。 ※カバー写真は、インドで開かれた国際会議に参加した時のものです。126の国と地域から800人が集まりました。1番後ろの...
Read More