This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

日本向けのマーケター&セールス

Kai Okuda

デジマール株式会社 - マーケティング支援

About my work experience

将来海外でも働きたいと思い、学生の内に海外での実務経験をしておきたいと思い、イギリスのボーンマスという田舎町で半年間ビジネス英語を学習、その後ロンドンの語学学校にて2月から4月までの2ヶ月間日本人向けのマーケター&セールスとして勤務。 閑散期にも関わらず約20名の生徒を新規獲得。 経営者がロシア人とトルコ人の夫婦経営で、従業員もポーランド人やスペイン人など多国籍な環境で働くことができ、その国によって働き方が全然違うことに初めは苦戦をしたが、お互いを尊重し合う環境で新しい価値観に出会うことができた。 業務は主に日本エージェント様から顧客の情報をもらい、それを元に適切なコースやホームステイ先の情報を提供、渡英までのサポートをし、現地でのサポートも担当。例えば、ある生徒様がパスポートや現金など全て盗難に遭い、現地の警察に提出する必要がある書類の作成や日本大使館の手続きをサポートし、無事解決。 さらに日本の新しいエージェント様の獲得にも貢献し、新たに3つのエージェント様と提携を結ぶことに成功。もちろんそれまで提携をしていたエージェント様との新しいサービスの提案や、顧客に合わせたフォーカスマーケティングをし、新規の顧客を獲得することができた。

Difficulties I faced

日本との時差はどうにもならず、日本に拠点を置くエージェント様とのやりとりが困難だと感じたので、経営者に早朝から働くことを提案したが、インターン生なので不可だと却下を受けたが、家で早朝から働くことでスムーズなやりとりができた。しかし、顧客の情報をオフィス外に持ち出すことが禁止されていたので、全てのやり取りができたわけではなく、もう少し柔軟に働くことができればと思っていたが、解決までには至らなかった。

What I learned

多国籍な環境で働くことによって、日本と全く異なった働き方があり、日本的な働き方をしていると迷惑をかけることもあり、見直す機会を得ることができた。 さらに海外では自分の意見を伝えないと全く相手にされず、意見を述べる際も、実際の数字や効率の良さを証明できる様に準備してからでは無いと相手にされないことが多く、しっかり考え、下準備をしてからオフィスで働くことができる様になった。

デジマール株式会社 - マーケティング支援
APUを2017の4月から2年間休学し、イギリスのボーンマスというビーチの綺麗な街で、半年間ビジネス英語学び、その後ロンドンにて海外の企業で長期インターンシップを経験。 2018年7月に帰国し、同年8月より株式会社ZEALSでマーケ担当として従事。 19年7月よりPLAN-Bに転職し、SEOメディア運用。 同年10月よりデジマール株式会社にジョインし、フロントからセールス、運用者、オウンドメディアの運用代行を担当。現在は自社オウンドメディアの設計を担当。
Read More