1
/
5

【TECH BLOG】ZOZOTOWN検索機能のマイクロサービス化への取り組み

はじめに

こんにちは、検索基盤部 検索基盤チームの可児(@KanixT)です。以前は通勤に片道2時間ほどかかっていましたが、フルリモートワークの環境になり空いた時間で生後4か月の娘の子育てに奮闘中です。

本記事では、検索基盤チームが取り組んだZOZOTOWN検索機能のマイクロサービス化の事例・工夫点を紹介します。これから検索機能のマイクロサービス化にチャレンジする方の参考になれば幸いです。

背景と課題

ZOZOTOWNでは、ASPからJavaへのリプレイスプロジェクトが数年前より実施されており、これまで多くのAPIを改善・改修してきました。一方、そのリプレイスされた環境には、1つのマイクロサービスに非常に多数のAPIが存在している状態にもなっていました。検索基盤チームが管理する検索APIも、このマイクロサービス(以下、既存マイクロサービス)の中にありました。

既存マイクロサービスは別チームが主管のため、機能追加や改修の際は別チームにレビュー・リリース依頼をしていました。

そのため、改修した内容のマージや、リリースのタイミング等を検索基盤チームが自由にハンドリングできない状態でした。また、把握していないAPIや共通処理等も多数ある状況故に、開発難度が高くなってしまうという課題もありました。

既存マイクロサービスはSQL ServerとElasticsearchを参照しており、1つのマイクロサービスとしては責任が大きく、障害発生時は複数チームが原因特定に動く状態でした。そのため、「リクエスト数が非常に多い検索機能に特化したElasticsearchのみを参照するマイクロサービス」を構築したいという思いがありました。


検索機能に特化したマイクロサービスの構築

つづきは、こちら

株式会社ZOZO(エンジニア・デザイナー部門)'s job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more