1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

【ZOZOテクノロジーズスタッフインタビュー】Microsoft MVP受賞エンジニア2名に聞く、受賞の裏側。 〜2人はいかにして受賞をしたのか〜

こんにちは。
ZOZOテクノロジーズでは2020年、2名がMicrosoft MVPを受賞しています。

Microsoft MVPとは、Microsoftの製品とサービスに関する極めて深い知識がある一方、多様なプラットフォーム、製品、ソリューションを集結する能力を持ち、実際の問題を解決できる人物に贈られる賞です。

▼参考

今回は、受賞したECプラットフォーム部 技術推進チームのテックリード廣瀬(@maaaa20201)と、WEAR部 プロダクト戦略チームの諸星(@ikkou)にインタビューを行い、これまでの経歴から受賞までの道をきいてきました。

プロフィール

ECプラットフォーム部 技術推進チーム 廣瀬 真輝
2013年に株式会社スタートトゥデイ(現株式会社ZOZO)に新卒入社。子会社への転籍を経て現職にいたる。現在はテックリードとしてプロダクト横断でSQL Serverの課題解決に責任を負いつつ、DBに関する仕組みやガイドライン作りに取り組んでいる。進行中のZOZOTOWNリプレイスにもDB観点で携わる。2020年 Microsoft MVP受賞
WEAR部 プロダクト戦略チーム 諸星 一行
2019年に中途入社。XR(VR/AR/MR)×Fashionという軸で試行錯誤中。時々ライブ配信エンジニア。
2021-2022 Microsoft MVP for Windows Development (WebXR)

MVPの二人がZOZOテクノロジーズで行っていること

ー まずはそれぞれ、これまでの経歴を教えて下さい。

つづきは、こちら

株式会社ZOZOテクノロジーズ's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more