1
/
5

What we do

2021年4、Zベンチャーキャピタル、電通グループ、博報堂DYグループなどから総額18億円の資金調達
Top Japanese Startups 2021に選出
■□■------------------------------ 【事業内容】 <チャットコマース事業>https://lp.fanp.me チャットコマース『Zeals(ジールス)』とは、「ネットにおもてなし革命を!」をコンセプトにした、ユーザーがAIと会話しながら商品を購入したり予約したりできるサービスです。 ユーザーはLINEやFacebookなどのチャットアプリを通じ、従来は実店舗に限られていた接客体験を、Webやアプリケーション上で体験できます。チャットボットによる“ヒアリングファースト”な接客体験により、通常のLP(ランディングページ)と比較して約5倍の購買率向上を実現。旅行、化粧品、サロン、金融業界などに幅広く導入頂き、約400社のお客さまの売上増をお手伝いしています。 ▼導入例 ・HIS様、リクルート様、KIREIMO様、富士フィルム様、コーセー様 ・メッセージ開封率72%超・アクション率20%超・CVR5%超 ・メルマガやWebサイトに比べ10倍以上の効果 ・広告による潜在層の集客とそこからのナーチャリング・引き上げが可能 ・個々のユーザーに合った商品の提案が可能 <接客DX事業>https://zeals.co.jp/dx チャットボットをコアとして、ビデオツール等お客さまの課題に応じた手法を組み合わせ、実店舗での接客体験をデジタル空間で実現する一気通貫したサービスです。AIと人のハイブリットにより、最適化された接客体験をユーザーへ提供することで深いインサイトやニーズ、悩みに応えます。 ▼導入例  HIS様に提供した接客DXでは、チャットボットの会話をCRM(顧客管理システム)で一元管理・分析することにより、有人チャットとビデオ接客の質向上に貢献しました。さらに、コミュニケーションデザインの専門チームがウェブサイトを閲覧したユーザーをビデオ接客に促すまでの流れを設計し、これまで店舗を利用していた40代~60代の顧客のビデオ接客利用が急増するなど、新たなオンライン接客の場づくりに貢献しています。さらに、自動車業界での新たな接客DXの挑戦として、全国にあるトヨタ自動車約280社5,000店舗の自動車販売会社の接客DX推進に向けた取り組みを加速させています。 【今後の展望】 おもてなし革命を、世界に届ける 新型コロナウイルス感染症の世界的流行による未曾有の経済危機。その負の影響は未だ色濃く、まだまだ底が見えない状況です。 ジールスは、「おもてなし革命で、日本をぶち上げる」をビジョンに掲げています。おもてなし文化をデジタル化、つまり実店舗でのリアル接客をオンラインで再現することが、日本の産業を明るくする鍵を握っていると考えます。 日本国内のBtoCの商取引のEC化率は7%といわれています。自動車業界を例にしてもEC化率が1%以下と、まだまだこれからの市場です。仮に5%までネットで車を買う人が増えると、1兆円弱のマーケットが生まれます。私たちは、チャットコマースと接客DX事業で、自動車、化粧品、金融、不動産など業界ごとにオンライン接客を広げ、日本が誇るおもてなし文化に新たな人と人とのつながりを創造します。ジールスが求めるのは、「誰かのために本気になれる人」です。コロナ禍、非接触・非対面が当たり前となったニューノーマルな時代に、店舗接客のデジタル化を通じてチャンスを増やし、「おもてなし革命」を推進していきましょう。 ■□■------------------------------ 【参考記事 】 ▼News Picks「【超速】急成長ベンチャーの冒険、「接客DX」という攻めのイノベーションで失われた経済損失を取り戻せ」 https://newspicks.com/news/5351962/body/ ▼東洋経済ONLINE「HISが取り組む「攻め」のDXとは?」 https://toyokeizai.net/articles/-/384790 ▼ジールス、全身脱毛サロン大手「キレイモ」とLINEミニアプリをリリース。OMOの更なる強化へ。 https://zeals.co.jp/news/kireimo/ ▼スマホ以来のデジタルシフトに備え、ECで取り組むべき「接客DX」の是非https://www.linebiz.com/jp/column/service-information/linefrontliner1/ ※その他弊社HPにて多数ニュースをご紹介 (https://zeals.co.jp/news

Why we do

JPモルガンでエグゼクティブディレクターを務めた渡邉 雄介氏が入社、経営体制を強化
元Facebook Japan 執行役員の馬渕 邦美氏が顧問に就任
【ビジョン】 おもてなし革命で、日本をぶち上げる ■□■------------------------------ 私たちは、昨今の技術進化やグローバリゼーション、自然災害、現在進行形の新型ウイルスの流行など予測不能な時代を生きています。こうした背景でもジールスは、人が生き生きと活躍できる場を提供し続けたいという想いから、テクノロジーを用いて最速で新たなサービスを生み出してきました。 FacebookがMessengerを公開した2016年、わずか1か月でローンチしたMessenger向けチャットボットフレームワーク『BOT TREE』。2019年にはLINE Payとチャットボットの決済連結を行い、チャットで完結する手軽な購入体験を実現。これらの根幹にあるのは、コミュニケーションの可能性への信頼です。ジールスがこれまでテクノロジーとUXの二軸で磨いてきたコミュニケーションサービスは、AIと会話しながら買い物ができるチャットコマース事業、リアルな接客をデジタル空間で実現する接客DX事業に発展しています。AIと人による総合ソリューションにより、人が幸せになる価値あるサービスを届けたい。デジタルと人が融合できるサービスを構築し、「人を活かせるビジネス」に注力していきます。 おもてなし革命で、日本をぶち上げる。日本発世界一の取り組みで、ワクワクと幸せで溢れる社会をつくっていくのが私たちの使命です。 ■□■------------------------------

How we do

エンジニアドリブンで高い技術料を担保
■□■------------------------------ 【働いている人】 従業員数:197人(※2021年4月1日時点、アルバイト、役員を除く) 男女比:6:4(※ビジネス職限定、会社全体の比率は7:3) サイバーエージェント、リクルート、ZOZO、P&G、日本ロレアル、トヨタ自動車といった各界で活躍していたハイレイヤー層や、公認会計士、弁護士などのプロフェッショナルも参画しており、ビジネス人材の戦力を強化中です。新卒入社の社員は約2割。多様なメンバーが集まり、フラットな環境でありつつ、常にプロフェッショナルの意識を持って働いています。私たちが大事にするのは、「いかに誰かのために頑張れるか」。チーム主義で周りを積極的にサポートしながら、個人の意思を尊重して一人ひとりがやりたい方向を応援します。 ▼ジールス社員インタビュー記事 https://zeals.co.jp/interview ■□■------------------------------ 【エンジニアドリブンな企業】 ジールスは職種の40%をエンジニアが占める技術集団です。15ヵ国以上の多様なバックグラウンドを持つエンジニアで構成されています。私たちのサービスが確かな質を保つ理由にはグローバルかつ、エンジニアドリブンな企業という背景があるのです。 テックブログやQiitaで、ジールスの技術的な取り組みやエンジニア文化・組織について発信しています。 ・Zealsテックブログ(https://tech.zeals.co.jp) ・Qiita::Organization(https://qiita.com/organizations/zeals-inc) ■□■------------------------------ 【エンゲージメントの高い環境を構築】 ジールスでは新規参画者の早期活躍を目指して専門チームづくり、オンボーディングを強化しています。結果として、強い推奨者が63.8%、eNPSスコアも2020年10月入社者で「+54.6%」を記録。これはGoogle本社やFacebook本社を上回る高いポイントです。一般的な日本企業では-60〜-50ptが平均と言われ、スコアが高いと言われるスタートアップにおいてもトップレベルの高いスコアとなりました。 ※eNPSとは、「職場の推奨度」を数値化したものであり、エンゲージメント指数として使われる調査方法 ■□■------------------------------ 【オフィス】 オフィスは、五反田駅徒歩4分の好立地にあります。ミーティングや来客用の会議室に加え、執務室にはフリーアドレスを導入。 椅子はエルゴヒューマン、希望PCを支給しています。働き方に合わせ、リモートワークと出社をフレキシブルに選択できます。 ■□■------------------------------