This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

サービスの作り手として最高の瞬間が訪れたときとは?

こんにちは、登山プラットフォーム「YAMAP」を運営するヤマップです。


2018年6月2日土曜日。

福岡のヤマップオフィスにてロイサポ総会が開催されました。

ロイサポ?聞いたことがない単語ですよね。
ロイサポ総会とはなにか、詳しくご説明する前に一つ質問です。

みなさん普段からスマホやPCなどで色々なサービスやアプリを利用していると思いますが、


あなたの人生を変えるほど最高なサービスやアプリに出会ったことがありますか?


おそらく YES よりも NO が多いと思います。
なかなか「出会って人生が変わった」と思えるサービスってないですよね。

では今のはユーザー視点の質問だったので、作り手視点でもお聞きします。


あなたのサービスが私の人生を変えてくれました!ありがとう!」と言われたら、どうですか?


・・・これは最高ですよね。
開発者として、運営者として、これほど嬉しい言葉はないと思います。


では、ここで「ロイサポ総会について」に話を戻しますね。
ロイサポというのは「ロイヤルサポーター」の略で、YAMAPの有料会員の一つです。
主にYAMAPの理念に対して強く共感していただいた、山を愛するユーザーの方々が入会されています。

ロイサポ総会は、「ユーザーさん同士の交流」と「YAMAPの経営や開発の方向性の共有」を目的に、年に一度ロイヤルサポーターのみなさんをオフィスに招いて開催されます(今回が第1回目なのですが)。

参加者は約30名。
これほど大人数のユーザーさんが、利用しているサービスのオフィスを訪れることはIT企業としてはかなり珍しいと思います。
ユーザーファースト」を掲げるYAMAPならではの取り組みとも言えます。



代表春山の開催宣言から始まり、オフィスの見学会やスタッフの紹介など、普段はお目にかかれないYAMAPの裏側の部分を包み隠さずお伝えしました。



総会も後半を迎え、ユーザーさん一人一人の自己紹介の時間に入った時のことです。

あるユーザーさんが自己紹介の最後におっしゃいました。

YAMAPのおかげで人生が変わりました。本当にありがとうございます

その言葉が、社交辞令やリップサービスの類ではないことははっきり分かりました。

サービスの作り手として最高の一瞬が訪れたときでした。

さっきの質問はここに繋がってくるんですね。
慢心はいけませんが、嬉しくてニヤニヤしてしまいます。幸い誰にも見られてない、はず。



最後に総会を締めくくる、ユーザー・スタッフを交えての懇親会。

「もっとこうしたほうがいいんじゃない?」

「こういう機能があったほうがいいと思う」

といった意見をユーザーのみなさんから頂戴しました。真剣にYAMAPを考えてくれているのが分かります。意見を参考にYAMAPをより良くしていきます。

第1回ロイサポ総会はこうして幕を閉じました。

最後に

丹精こめて作ったサービスを、誰かに使ってもらえる。

使うだけでなく、感動してもらえる。

更には、はるばる福岡のオフィスに訪れてくれて、面と向かって「人生が変わった。ありがとう」と言ってもらえる。


ロイサポ総会、毎年開催します。

来年、YAMAPスタッフとして一緒に参加していただけませんか?

株式会社ヤマップ's job postings
18 Likes
18 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more