This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

“スクリプト”の重要性

みなさん、月末お疲れ様です。2018年、いいスタートが切れましたでしょうか?


今日はコールセンターの商売道具の1つであり、かなり重要な“スクリプト”に関してです。

スクリプトとは、ここではトーク原稿のことですね!

これがないと、特に未経験者はお話になりません。

能力を問うよりも、センター側のサポート不足を認識する

コールセンターの運営側は電話応対のスクリプトをちゃんと用意していますか?

・日々の稼動における目標をクリアできない
・コールセンターの実績が上がらない
・数字が上がらずオペレーターのモチベーションが下がる
・予期せぬ質問をされ不適切な回答をしてしまい、クレームに発展してしまう

このような問題に対して、これらの原因は電話応対しているオペレーターの能力レベルが低いからだ、と単純に考えがちですが、これらのほとんどが、コールセンターを運営する側に問題点があります。

例えば、スクリプトのない状態で

電話だけで、歩いた事もない町の道順を即座に案内できますか?

使い方が分からないと問い合わせがきた、ある機械の使い方をで説明できますか?

たぶん、一般的なスキルが平均以上あったとしても、ほとんどの人が簡潔に口語で説明できないので、あらかじめ口語で書かれたスクリプト(スクリプト)が必要です。

つまり、センター側でスクリプトを用意して、それを見ながら、あるいは頭に入れながら応対させているかどうかであり、実はセンター側のサポートが足りないのです。

コミュニケーターに無理な要求をしていませんか?

たまにあるケースとしては、商品カタログや配布するパンフレットをそのまま直接、オペレーターに渡して、それらを見て覚えてもらい、電話で説明させているコールセンターも中にはあります。

しかし、それでは、たとえスキルの高いオペレーターであっても配布された資料を読み上げるしかありませんし、なぜそうなっているかなどの背景まで汲み取ることは困難です。
これはオペレーターへ無理な要求をしていることになります。

スクリプトというものは、会社の商品を購入してくれるお客様に対して、一番的確で分かり易く理解できるものでなくてはならないのです。

もちろん、慣れればスクリプトがなくても話せるようになりますが、経験の浅いオペレーターが多いセンターでは、スクリプトの精度と使い方で、現場の数値は大幅にアップします!!

スクリプトを作る前に、どんなコールをするのか、ターゲットと商品メリットなどを踏まえた“コール設計基準”を決める必要があり、その後、スクリプトの作成と使い方に入ります。

センターの運営側は如何に現場に質の高いスクリプトを仕込むかで、
会社の売上は天と地ほど変わるのです。



ジンクスでは一緒に働く仲間を募集しています!

ジンクスはまだまだ小さいけれど、コールセンター×IT×コンサルティング で世界を変えられるような、そんなサービス、プロダクトを目指し、日々邁進しております!

『テレマーケティング』『WEBマーケティング』を軸とする営業支援企業です。
開発期間3年以上をかけ、2017年より販売開始したコールシステム「CallTree」
http://calltree.jp/
これを皮切りに、今後メーカー兼システム販売会社となり、コールセンターのインフラ企業No.1を目指しています。
「売上が上がる仕組み」を作ることに特化した会社です。

コールセンターは弊社以外にも全国にあります。

しかし、企画、WEBサイト制作、運営、集客、営業、契約、契約後のアフターフォロー、アップセル、クロスセル。
全てワンストップで提供できるところはそこまで多くありません。
それがジンクスの強みです。

お気軽にご連絡ください~^^

合同会社ジンクス's job postings
Anonymous
Cb7ffe36 ff7b 46e6 b238 b9a60dd45507?1516011111
38b7b5d7 c293 4615 b03b 2204175ee4c5
32903426 7c17 42b3 9615 ef60a52e0f0e?1515403704
3 Likes
Anonymous
Cb7ffe36 ff7b 46e6 b238 b9a60dd45507?1516011111
38b7b5d7 c293 4615 b03b 2204175ee4c5
32903426 7c17 42b3 9615 ef60a52e0f0e?1515403704
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon