1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

What we do

EDC JAPAN メインステージの弊社撮影写真
CEO @takatosu
Moment Tokyoは、 クリエイター業界のど真ん中で活動する傍ら、 クリエイター業界を側面から底上げする活動をしています。 ①アフタームービーメディアチーム "MOMENT MOVIE"で、SNS時代に置ける映像のあり方として、鮮度×クオリティどこにも真似できない感動領域を作っています。 ②バーチャル技術を使ったライブ配信事業も拡大しております。 ③"裏方が一番カッコいい" というコンセプトの元、黒を基調とした、クリエイターの現場着ブランド「MOMENT TOKYO」を展開の他、黒のオリジナルデザインの受注を行なっております。 ④その他、イベントの総合プロデュースをアートワークや制作までワンストップで行なっております。 etc...

Why we do

社内スタジオにて会社メンバー集合!
配信事業も拡大中!XR×LIVE配信”EXPERIMENTAL VIRTUAL LIVE”
"裏方が一番カッコいい" 日本の映像事業者やクリエイターの地位ってまだまだ低い現状があります。 「もっと自分たちの環境をよくしたい」 「もっとカッコいいと思われたい」 「誰よりもすごいと言われたい」 そのような内なる想いはが弊社や様々な映像事業者にあるのではないでしょうか? この超デジタル時代、SNS時代に置いて 映像や写真は誰でも制作できる時代にあります。 もはや全ての人がクリエイターである時代と言っても過言ではありません。 その超デジタル時代に置いてどういった生き方をクリエイターの我々はすべきでしょうか? 弊社のスタンスは、 1.どこにも負けないクリエイションの領域の追求をすることで、その部分に置ける圧倒的な信頼を勝ち取る 2.他社がやり得ない領域をはみ出して挑戦する 3.世の中総クリエイター時代に置いて、その方々をバックアップする あなたが弊社で得ることができることは以下のポイントです。 >弊社の強みのイベント映像・フェス映像に置いて、高度な角度と高いレベルのマーケティング、制作ノウハウを手に入れることができます。 >映像事業者全体を側面からサポートする立ち位置ゆえに、他社との競争関係よりも信頼関係を築いていけます。 >1人のクリエイターとしての夢を追うことができます。社内は仲間の夢を全員で応援する風土があり、それを実現させることが自社の体現したい理念 "クリエイターの底上げ"に繋がると考えます。 >社内外のクリエイティブ学習環境が整備されています。能力の向上こそが第一と考えます。 >心が最高に解放されます。良質な人間関係こそが健全なクリエイションをうむゆえ、社内の人間関係は徹底的によくしています。 みなさま是非一度、事務所に遊びにいらしてくださいませ!

How we do

Director @nobematsu
Director @una6