1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

【MVPインタビュー】マーケターとして自己成長できる環境を求めて


皆さまご無沙汰しております。Glossom株式会社 採用担当です!

今回は、4月度MVP個人賞を受賞したマーケティングプランニングチームの小川達矢さんにリモートでインタビューをさせていただきました。

ITやデジタルマーケティングとは違う業界にいたという小川さんがGlossomへ入社したきっかけや、今後の目標などなどを伺っていますので、ぜひ最後まで読んでいただけますと幸いです!


まずは、これまでのご経歴を教えてください!

もともとアパレル業界で、店頭ディスプレイをはじめとした売り場づくりや店舗イベントの企画に携わっていました。その中で集客やマーケティング、広告といった領域について関心を持つようになり、IT企業で広告運用ツールの提案営業として従事したのちGlossomにJoinしました。

Glossomでは広告代理事業のクリエイティブの運用・制作を担当しています。

Glossomに入社したきっかけは、前職の上司の高田さんと自身の今後の方向性とGlossomの事業展開の話をする中で、企業が抱える問題をITの技術で解決することにおいてより広い視野で課題解決に取り組める事業内容であったこと、また未経験の領域に踏み込むことで自己の成長に大きく繋がるのではないかと思ったためです。

※高田さんへのインタビュー記事はこちら。


新しい領域に一歩踏み出すとなると、苦労も多かったのではないでしょうか?

広告代理事業のクリエイティブの運用・制作は当時Glossomとしても立ち上がったばかりの新事業だったため、業務の進め方から確立していく必要がありました。上手くいっている事例を調査し、ひたすら考え、実行を繰り返し、時には取引先から成功事例を聞き出すなど出来ることはなんでも試しました。それでも日々失敗の連続でした。ですが失敗を重ねた経験が少しづつ形になり、今回のように成果として表れてきていると実感しています。

また「失敗=自分の経験値」として業務の進め方をフレームワーク化し自身の能力へ変換することで、自己の成長に大きく繋げることができました。


まさしくGlossomバリューの"トライ&エラー"の精神ですね! ほかにも入社前と後で変わったと感じることはありますか?

一つひとつの業務の意義を考えるようになりました。

例えば、大手ナショナルクライアントの事業に対してはいただいている予算感も大きく、より一層結果が求められます。そういった場面で「どのような期待値で我々に依頼してくださっているのか」「Glossomにとってどのような影響になるのか」を考え、さらに「自身の成長にどう繋がっていくのか」まで思考を巡らせるようになったことも、大きな変化だと思います。


改めて、4月度MVP個人賞受賞をうけての率直なお気持ちをお聞かせください。

素直にうれしいです!もちろん、同じマーケティングプランニングチームのメンバーをはじめ、各プロジェクトメンバーの協力があったかららこその表彰だと思っています。今回の成果がスタンダードとなるよう、より高い目標を目指して今後もチーム全員で邁進していきます。


では最後に、今後の目標を教えてください!

デジタルマーケティング領域に於けるクリエイティブのチームとしての成長、そしてマーケティング、クリエイティブの運用・制作事業がGlossomの武器の一つとして作用し、多くの企業様の課題解決のきっかけ作りを提供できるチーム・事業となれるよう牽引できる人材になることが目標です。

7 Likes
7 Likes

Weekly ranking

Show other rankings