1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

「半年で成長できたと実感」エンジニアとして活躍する19新卒の太田さんをご紹介!

今回は、Glossomのプロダクト開発本部の太田さんへのインタビューです!

この記事では太田さんの仕事内容とそのやりがいや、Glossomという会社の雰囲気を皆さんにお伝えします!

===

  • 自己紹介をお願いします

Glossom株式会社プロダクト開発本部マーケティング部でECサイトの開発、クライアントさまとのやりとりを行なっています入社は2019年4月に新卒で入社しました。約半年間インターンを行なっていた会社にGlossomを紹介していただき、興味のある業界だったことと、研修が手厚いと感じ入社を決め、今に至ります。


  • どのような業務を担当してますか?

クライアントさまの要望に合わせクライアントさまとのプロダクトを良くするため開発を行っております。

プロジェクトに参加したばかりの時はクライアントさまの要望を汲み取ることができなかったり、開発の面でも技術が足りずプロジェクトメンバーに質問を頻繁にしてしまっていました。ですが最近は自身の担当部分は自らクライアントさまとやりとりをし仕様を決める段階まで進むことができるようになり、そのまま開発まで終わらせることができた時はとても楽しいと感じます。


  • 一緒に働く仲間はどんな人たちですか?

細かい部分まで気にかけてくださる方が多いと思います。

私は一日の始めにどのタスクを行うか整理し上長と本部長に報告していて、一日の終わりに完了したタスクと完了できなかったタスクに分け再度報告します。

自分以外の誰かに一日の始めと終わりに報告することで緩むことなく仕事を行うことができます。そしてなぜ終わらせることができなかったのか、どこにつまってしまったのかを自身で考える癖が付きました。

毎日日報を作成しこちらも共有していますが間違った考え方や情報を記載している場合はその都度ご指摘頂いているので間違った知識をつけることなく成長することができています。

また、週に一度新卒勉強会というものを行い、そこでそれぞれの担当業務を共有したり日々の疑問点をお互いに相談し教え合ったりしています。それぞれの担当業務は全く異なりますが共有することで刺激を受け切磋琢磨しています。



  • Glossomのどういうカルチャーが好きですか?

クライアント1stです。最初は仕様通りに開発を行うことに必死でクライアントさまの目的をきちんと意識していませんでしたが、クライアントさまとやりとりを行うようになってからは全ての仕事はクライアント1stに紐づいていると思い意識するようにしています。


  • 働く環境について教えてください

プロジェクトメンバー以外の方とも交流があるのがいい環境だと思います。質問しやすい環境を作ってくださるので調べても自分で解決できなかったことは積極的に質問するようにしています。エンジニアの方々は得意分野をそれぞれお持ちで質問すると倍になって返ってくるので日々さまざまな人から知識を吸収しています。

入社したばかりでもすぐに現場に入りさまざまなことを任せてもらえます。私は入社して一ヶ月で会社にも慣れていない状態の時にプロジェクトに参加しました。当初は不安しか感じていませんでしたが、周りの方々のサポートがとても手厚く多くのことを任せていただけたので入社してから半年の間に自覚できるほど成長をしました。



まだ入社したばかりだった私にクライアントさまとのやりとりや定例に参加させていただく機会を与えていただけたのはとても有難いことだと思っています。入社した当初は開発しか行いたくないと思っていましたがGlossomに入社しさまざまなことを経験していくうちにいつか開発もできるプロジェクトマネージャーを経験してみたい。と思えるようになりました。

===

いかがでしたでしょうか?

エンジニアとして日々業務に真摯に向き合っている太田さんには是非幅広く活躍していただきたいと思っております!

フルスタックエンジニアを目指したい、サービス作りに携わりたいという方、ぜひ一度オフィスに遊びに来てください!

Glossom株式会社's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more