1
/
5

WSPの会社テ一マが変わりました!!

皆さんこんにちは!WSP人事広報担当の堀岡です。

ふと、カレンダーを見るともう7月が終わってしまう、、!!という当たり前なことに気づき本当に時間というのは有限であり、気付けば過ぎ去っていくのだと感じました。より一日一日を大切に価値のある日にしていきたいですね!熱中症等に気を付けて皆様お仕事や学業に励んでください\(^o^)/

さて、今回お伝する内容ですが、WSPもより早く確実に成長していく必要があります。変わらない考え方や価値観はもちろんありますが、時代に合わせて変化していくことは生き残っていくために必要なことです。そこで、我々WSPが創業以来ずっと会社のテ一マとして掲げてきた「真珠で人を美しく~Pearl for life~」がございましたが、この激動の時代を生き抜くため期中ではございますがテ一マを変える運びとなりました。

WSPは今年で創業から30年目を迎えました。株式会社として設立してからは27年目です。国税庁のデ一タによると、創業から30年後会社として生き残っている確立は0.021%と言われています。WSPが何とかここまで存続できたことの意味を考えたとき、もちろん社員全員の努力やお様初め関係者の皆様のご尽力の賜物であるということは言うまでもありません。しかし、根本的な要因は何か?と考えたとき、やはり会社の基盤を支える理念や価値観が確立されていて、何か行き詰る度にその考えに立ち返って事業活動を推進してきたところにあると言えます。真珠で人を美しくというテーマは、事業を通して実現できてきたのではないかと感じています。真珠の卸事業に始まり、自社オリジナルのジュエリーを販売し、自社ECサイトの真珠の卸屋さんのみならず実店舗のenwsp、さらには真珠成分配合の化粧品を海外へ展開することで、真珠を通して人々を美しくする事業を形として確立してきました。そして現在のコロナ渦というタイミングで、今一度我々の存在意義や企業理念に立ち返り新たにテ一マを掲げて進むことを決めました。そのテ一マがこちらです。


テーマ:「きれいごとを本気でする会社」です。

きれいごとというのは2つの意味があります。1つ目は、私たちの事業である宝飾品や化粧品、健康食品と言った「美」にまつわる商材を提供し人を美しくきれいにすることを本気で実施することを指します。2つ目の意味は、私たちが掲げている企業理念や行動指針である挑戦し、成長し、貢献するといった「きれいごと」と言われるような考えや価値観を大切にし、本気でその理念を実現できるよう本気で行うという意味です。

これら2つの意味を含み「きれいごとを本気でする会社」とテーマを掲げました。大変な時代だからこそ、理念に立ち返り、自分たちに何ができるだろうと問い続けながらWSPはこれからも挑戦を続けていきます!そんな私たちと、きれいごとに本気で取り組む挑戦者の方を求めております。

株式会社WSP's job postings
6 Likes
6 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more