This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

~なぜこの会社で働くのかを忘れないために~新規事業部の終礼

こんにちは、採用担当の渡邉です。

これまで、外国人とのコミュニケーション方法など…
私たちの会社ならではの工夫などをご紹介してきました。

その中でも今回は、新規事業部の”終礼”についてご紹介します。
”終礼”をやっている会社というのは時代の変化と共に減ってきているかも知れませんが
そこまで物珍しいという光景ではないと思っています。

一般的に終礼でイメージするものは…
「今日は●●というクライアントのところに商談へ行ってきました。」
という報告や伝達事項という内容ではないでしょうか?

私たちの会社の新規事業部で実施している終礼は”少しだけ違います。”
終礼では1日を通して出来たことや出来なかったこと、そこから学んだことを1人ずつ話しています。

これも外国人と一緒に働く上での工夫からスタートしたことです。

その終礼の中で、あるメンバーがこんな発言をしていました。
「午後は単なる作業になっていた。自分たちは、外国人を支援するためにしていることを忘れてはいけない。」

この発言は、入社して1週間というまだ新しいメンバーの言葉です。

終礼で、できなかったことを言葉にして自分を見つめ直し、
改めて「どうしてこの会社で働いているのか」原点に戻って考る時間を設けています。

このように自分を見つめなおして、家族と母国を離れても「日本で働きたい」という外国人の思いに応えるため、日々業務に取り組んでいます。

私たちの会社では、「どうしてインバウンドテクノロジーで働くのか」と1人1人が自問し、働く目的をもってサービスを提供しています。

インバウンドテクノロジー株式会社(旧 WonderWall株式会社)'s job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more