This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

内定者から見たワンプラの魅力発信「内定者が次の新卒に向けたパンフレットを作るなら」

こんにちは、ワンダープラネット採用担当&新入社員研修担当の西田です^^/

半年前から内定者研修として「自分たちが新卒採用で使うパンフレットを作成するなら」という課題を出しており、2チームに分かれて作ってもらっています。各チームにインタビューをしてパンフレットを作るにあたってのテーマや工夫を聞いてみました。今回は1チーム目の代表でプランナーのIさんとエンジニアのYさんにお話をお伺いしました!

ーーまずはそれぞれ会社選びの軸を教えてください。

Yさん:元々ゲーム会社に入りたいという思いは強かったです。今いる研究室がのびのびと好きなことをやっていいよという研究室だったのですが、研究で自分が好きなゲーム制作をずっとやっていたらどんどんエンジニアとしての実力がついていったので、同じようにのびのびとできる環境があるゲーム会社に入りたいと思っていました。

Iさん:小さい頃から事務仕事は向いていないなと思っていました(笑)学校ではプログラミングを学んでいるのですが、最初はプログラムを触って自分の頭の中で想像したことを形にできたらいいなと思っていました。そんな中で「クラッシュフィーバー」というゲームに出会ってすごく楽しいゲームだと思い会社を調べたら、「楽しいね!」を届けることがミッションでありゲームを届けることだけがやりたいのではないと知って、より一層ワンプラに惹かれていって気付いたらワンプラ以外調べていませんでした(笑)

ーーそれ軸じゃなくて志望動機ですね(笑)

ーー次の質問ですが、就職活動時はどうやって情報収集をしましたか?

Yさん:合同企業説明会は行きましたし、先生にどんな会社があるか聞いてみたりしました。あとは就職活動より前ですが東京ゲームショウに参加していたのでそこに来ていた企業は少し見たりしていました。

Iさん:学内の合同企業説明会に参加していましたが、もっと広く情報収集したいと思い就活時期より前にはゲーム会社が集まるイベントにスタッフとして参加して話を聞いたりホームページを調べたりしていました。

ーーお二人とも「就職活動だから」ということではなく就活が始まる前からアンテナを貼るようにしていたんですね。

『360°オープンであれ。』を伝えられるパンフレット

ーー今回、『採用パンフレットを作るなら』というテーマにあたって一番伝えようとしたことは何ですか?

Iさん:みんなの意見で一番多かったのは「社内の雰囲気を伝えたい」でしたね。

Yさん:Iくんがまとめ役になってくれたので自分はやりたいことをズカズカ言っていたのですが(笑)自分が一番伝えたいと思ったのは「社内の明るさ」でした。”会社”で働くというのは堅いイメージがあったのですが、みんなで話し合いながら仕事をしている『360°オープンであれ。』な環境を少しでもパンフレットで伝えたいと思いました。

ーー雰囲気を紙で伝えるのはなかなか難しいですね…!

Iさん:企画を進めるにあたって皆でSkypeで会議をしてコミュニケーションを取っていたのですが、難しかったですね。どういうレイアウトがいいか1時間くらい話し合いをしていました。最終的にはデザイン担当がみんなの意見をまとめてレイアウトを決めてくれました。

ユーザー志向を大切にしているところも伝えたい

ーー内容はどんなものがあるんですか?

Iさん:会社概要やゲームの紹介だけでなく新卒インタビューを入れました。また、会社ホームページにクラッシュフィーバー開発ストーリーが掲載されているので、意味深な文章を置いておいて「詳しくはWEBで」みたいな感じでQRコードを載せようと考えました。

ーーなぜ開発ストーリーへ飛ばそうと思ったのですか?

Iさん:今もそうですが、以前からワンプラはユーザー志向を大切にしているという話を聞いていて、ワンプラへ入りたいと思ったきっかけの一つでもあったので、このユーザーファーストな熱意をクラッシュフィーバー開発ストーリーを通して伝えたいと思いました。

ーーみんなで同じ本を読んで勉強するくらい力を入れてますもんね!二人も本を読んだ上で入社後研修を受けてもらいますのでちゃんと読んでおいてね!

(みなさまもぜひご一読ください!)

ーー新卒インタビューはどんなことをインタビューしたのですか?

Iさん:現在の仕事内容や入社後のギャップについてお話して頂きました。

Yさん:インタビューで自分が伝えたかった雰囲気の良さを話して頂けましたので、全面に押し出して伝えることができたと思います。先程もお話した通り”会社”には堅いイメージがあったのですが、インタビューを通しても風通しの良さは伝わってきました。

ーー自分たちがワンプラに入りたいって思ったきっかけをパンフレットに詰め込んでいったんですね!

とにかくまずは会社に来て欲しい!

ーーパンフレットを作る上で工夫したことは何ですか?

Yさん:レイアウトはだいたいデザイナーさんが頑張ってくれました(笑)

Iさん:ホームページが素敵だから読んでもらいたいなと思ってQRコードで誘導していることですかね。

Yさん:あとはアクセスが分かりやすいように地図をつけました。いつでも来たらマズいかもしれませんが(笑)、会社見てみたいなと思ったときに来てもらいやすいかなと…来てもいい感じですか?

ーー事前に来ること言っていただければいつでもどうぞ!

Yさん:実際に社内の雰囲気を見てもらいたいので来ても大丈夫だよっていうのが伝わればいいなと思います。

(奇をてらった意見を取り入れる案もあったとか…そんな和気あいあいとした雰囲気が内定者達にも出ていました)

ーーみなさん『360°オープンであれ。』に共感して頂いておりますが、他にも『1%を追い続けよ。』や『100の遊びに学べ。』もありますがなぜそのバリューなんですか?

Iさん:うーん、学生にとって『1%を追い続けよ。』はぱっと見で分かりにくいと思いました。僕たちの1%ってコードを短くするとかゲームを軽くするとかというイメージなので、本当の意味での1%は文字だけではあまりイメージが湧かないと思います。100の遊びは皆ゲーム開発や運営に携わりたくて応募しているので当たり前かな?って。パンフレットなので、ワンプラを知ってもらう入口として分かりやすい360°をピックアップしました。

ーー最後に、入社するにあたり意気込みをお願いします!

Yさん:まだ仕事内容をちゃんと知らないのですごい楽しみです。研究室でもゲーム制作を楽しくやってきたのではやくゲームを作ってみたいです。

Iさん:僕は率先して動いていきたいです。あとは少し意識を変えるだけでも大きな成果に繋がっていくので、例えば今は内定者アルバイトとして他の内定者の同期より先に現場を経験しているのですが、帰宅する前に自分が仕事をしている机を整理していくなど、細かいことから気にかけて改善していく癖を付けたいです。

ーー机の整理はすぐにできるよね?ちゃんと有言実行しているかチェックしますね(笑)

*編集後記*

先日説明会で入社一年目の方に自分の就職活動について話してもらったのですが、その方も就職活動のために特別なにかをしてはいないと話していたので、今回のお二人にも通じるところがあると思いました。普段からゲームが好きで、好きだからこそ何かしら行動をしてきた結果、ゲーム業界に入ることができたんですね。私みたいな「ゲーム会社楽しそうだから受けてみよう♪」という付け焼き刃の人間では太刀打ちならんですね(笑)

3つのバリューの中で『360°オープンであれ。』が一番分かりやすいというのは気付かなかったので大変勉強になりました。内定者へインタビューを何度かしたことはありましたが、違う視点でアウトプットして貰うことで、新卒採用において新たな視点で訴求してみたいと思いました。

ワンダープラネット株式会社's job postings
Anonymous
Db9b3467 8c23 4066 9006 20ee59003a76?1557766519
Picture?1522979350
13138795 576563439169530 7353728213269887069 n
1934620 195036614175213 1875442797935553369 n
0a816bdf 1196 4ac3 b3a0 11d0f9212d13?1553675499
15 Likes
Anonymous
Db9b3467 8c23 4066 9006 20ee59003a76?1557766519
Picture?1522979350
13138795 576563439169530 7353728213269887069 n
1934620 195036614175213 1875442797935553369 n
0a816bdf 1196 4ac3 b3a0 11d0f9212d13?1553675499
15 Likes

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon