This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

"旅行"に行くような感覚で働ける場所、それがGude。社内インタビュー #09

-今日はよろしくお願いします!早速ですが、自己紹介をお願いします。

吉次輝紘です。立命館大学理工学部建築都市デザイン学科の卒業生です。

-大学時代はどのようなことをされていました?

ものづくりが好きで建築系の学科に入り勉学に勤しんでいました。また、ツーリーハウスを作るサークルに入っていましたね。結構楽しかったです。

常に新しいチャレンジし続ける若者たち

-Gudeにジョインするまでの経緯を教えて下さい。

自分の根底にあるものとして、「いろんなものに出会いたい、知らないことを知りたい」というのがあります。それを手軽に体感できる趣味が「旅行」だと思っています。旅行は自分の知らない場所や人、ものに出会えます。

就活をしていた頃にある社長と出会ったんです。その方はバックパックで世界中を旅していた経験の持ち主で、世界を飛び回る中で様々なハプニングに遭遇したというエピソードを聞きました。そこで、改めて場所にとらわれず、自分の知らない世界を知るために飛び回りたいと思ったんです。

そのためには場所にとらわれない働き方、スキルが必要だと思い、PC1つでできる仕事としてエンジニアを目指そうと思いました。そこから一時期プログラミングの勉強をしていましたが、学びが仕事につながっている感覚がなく、このまま独学を続けることへの不安があったんです。そこで、実務経験を積める企業へ行こうと決め、応募したのがGudeでした。

-そうだったんですね!ただ、他にIT系の企業はたくさんあると思います。なぜGudeを選んだのですか?

主に2つあります。1つ目は、「同年代の人が多い」という点です。

僕はできるだけ自分の"感覚値"と近い人と一緒に働くことはとても大切だと思っています。なぜなら、感覚値の違いがあるとうまくコミュニケーションを取れなくなるからです。たとえば、企業のYouTubeチャンネルを伸ばしたいとします。もし自分と他のメンバーの年齢が離れていたら、YouTubeに対する感覚値が明らかに違うじゃないですか。そんな中で自分が改善点を伝えようとしてもうまく伝わらないと思うんです。また、自分の意見が却下された場合も納得できる理由はもらえないと思います。だからこそ、自分と感覚値の近い同年代のメンバーが集まる会社に行きたいと考えていました。

2つ目は、「複数の事業を行っている」という点です。

先程も言ったとおり、僕は新しいことを経験することが好きです。だからこそ、様々なPJを同時進行し次々に新しいことにチャレンジしているGudeは、自分の根底にあるやりたいことと一致していたんです。

Gudeで働くことは、"旅行"に行っているような感覚。

-ジョインしてみて気づいたGudeの魅力ってなんですか?

いくつかありますが、大きく2つです。

1つ目は、同世代のメンバーがほとんどのため、感覚値の近い人同士でフラットにコミュニケーションを取れるところです。年が近いからこそ、周りが頑張っていると自分も頑張らなきゃという気持ちにさせてくれます。モチベーション管理がしやすい環境だと思います。

2つ目は、非常にスピード感があるところです。メンバーは常にスピード感をもって仕事をしており、それに連動してPJも凄い速さで進んでいきます。また失敗を恐れずいいと思ったらとりあえずチャレンジする文化があるので、日々やることが変わっていくのも魅力ですね。Gudeで働いていると、目まぐるしく景色が変わるので、まるで旅行しているみたいです。(笑)

-Gudeだから成長できた部分ってなんですか?

「言語化力」です。これは上岡(CEO)のおかげですね。僕はクリエイターであるため、面白いと思ったものを形にしています。だからこそ、フィーリングだけでいいと思っていました。しかし、上岡は自分が面白いと思ったことを、論理的に言葉で説明していたんです。そのとき「なぜ面白いのかを言語化できなければ、人には伝わらない」と気づきました。とくに、他のメンバーと一緒にコンテンツを作り上げる際は、言語化できなければいくら感性が似ていても方向性を揃えるのは難しいです。チームでPJを進めていくためには、クリエイターこそ言語化力が必要だと思いました。

弊社のCEOは23歳と若いのに、既に事業を売却したり、第六回TORYUMONで最優秀賞を受賞したりするなど、非常に優秀な人間です。そんな人間に直にフィードバックを貰える環境はここしかないのではないかと思います。

-Gudeは今後どのような企業になっていくと思いますか?

若い世代を代表する企業になれるポテンシャルがあると思います。絶対に成功するとまでは言えません。ただ、それはどの企業にもいえることです。Gudeの熱量と優秀なメンバーがあれば、同世代のTOP企業になれると僕は思っています!弊社に興味がある方は、ぜひ一度話を聞きに来て下さい!

株式会社Gude's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more