This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

“東北の酒、世界へ”@ワイヤードビーンズ

表題:2019.2.5

ワイヤードビーンズ、カフェスペースにて、ジェトロ仙台貿易情報センター主催・ワイヤードビーンズ協賛「東北の酒、世界へ」~酒類輸出商談会 in 東北 2019が開催されました。


ジェトロ仙台貿易センター、長谷部雅也所長への記者会見幕を開けたこのイベントには


ヨーロッパ各国のバイヤーの方々と、東北の酒造23社が参加。 

いつも低いJAZZ音楽が流れ、ゆったりした空間のこだわりのカフェ・スペースは・・・超満員御礼状態!



いつもテレビで見かけるアナウンサーさんはじめ・・・


複数のTV局のクルーにもお越しいただき、取材をしていただきました。


お昼すぎにはアミューズも用意されました・・・


こんなスライダーも、かっこいい流木みたいな木の台の上に乗っかると、一気に雰囲気が変わります。


日本酒の輸出量は世界の和食ブームを背景に拡大を続け、EU向けの輸出額は2017年の実績で13.1億円、前年比が22%増とのこと。


ひと昔前までは、「お父さんが飲むもの」的なイメージだった日本酒、近頃はずいぶんと飲みやすく、ボトルのラベルも凝ったおしゃれなものが多くなり、マーケティングのターゲットも女性だけでなく海外に向け始めているのが伺えます。


日本酒の品質も向上し、最新技術によって供給も安定してきたところに、今月から日本酒関税撤廃となった今日のこのイベントは、世界に東北の日本酒をプロモートするにはまさに絶好のタイミングだったのではないでしょうか。


ちなみにワイヤードビーンズの「生涯を共にするグラス」・・・生涯保証です。


もちろん、テイスティングにはワイヤードビーンズのSAKE GLASSをお使いいただきました。


我々ワイヤードビーンズも、今回お使いいただいた「SAKE GLASSのモノづくり事業部」と「B to Cのe-Commerceのデジタルソリューション事業部」の二つの柱で東北のお酒が世界へ羽ばたくお手伝いが出来ればと考えています。どちらも「東北から世界を舞台に」・・・。

2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings