This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

What we do

「インターネットを通じて、人の選択肢を広げる」 ”さまざまな挑戦や、個性にあった活躍の機会に出会うための人生の選択肢を多くの人に提供したい” そうした想いから、わたしたちは2005年の創業以来、インターネットが持つ革新性と発展性を活かし、 人の選択肢を増やすための、新たなサービスと価値を生み出すことに挑み続けています。 多くの選択肢の創出を通じて無限に広がる人と社会の発展に貢献すること、それが私たちの使命(ミッション)です。

Why we do

人の選択肢を増やすための、新たなサービスと価値を生み出すことに挑み続けています。
ウェブリオ学校向けオンライン英会話を使った授業の様子。
<「人の選択肢を広げる」ために。> 私たちがオンライン英会話を提供する理由は、2020年の入試改革にスピーキング能力が求められるから、その対策を打つためだけではありません。 英語でいい点数を取ることや、いい大学に入ることは通過点であり、目標ではありません。 子どもたちが身についた英語を使って多様な人と話し、異なる価値観に触れること。英語を学んだその先に、子どもたち一人ひとりに待つ無限の可能性に出会ってもらうために、私たちはオンライン英会話を学校向けに提供しています。

How we do

どうやっているのか <学校向けにオンライン英会話を提供> Weblioといえば、ネットで英単語を検索した時に出てくるオレンジの辞書を想像する方がほとんどではないでしょうか。ウェブリオでは、辞書事業のほかにも、学校向けにオンライン英会話を提供し、生まれた場所や家庭環境によらず誰もが英会話に触れる機会を提供しています。 ウェブリオのオンライン英会話は全国で400を超える学校で提供されています。そんなウェブリオの学校向けオンライン英会話は、2つの部署と1つの海外支社が協力し合って質の高いレッスンを生徒ひとりひとりに届け、未来の可能性や選択肢を広げるサポートをしています。 <英会話事業の仕組み> 営業担当が学校様から受注をいただくと、レッスンの調整等を行うレッスンコーディネーターに引き継ぎます。 引き継ぎの後、レッスンコーディネーターが担当の先生にヒアリングを行いカリキュラムを設定、使用する教材を選びます。 日程と教材が決定したら、在宅講師のレッスンの設定を行います。 ウェブリオは、2014年にフィリピンにランゲージセンター(以下PLC)を設立しました。PLCでは、在宅講師の採用と研修等を行っています。 ウェブリオの学校向けオンライン英会話では、大学卒業以上のフィリピン人英語講師を採用し、家庭にいる主婦の方や地方に住んでいる方でも自宅からレッスンを提供していただいています。 在宅講師でも均一化された質の高いレッスンを実施できるよう、PLCでは講師の教育も徹底して行っています。ウェブリオ学校向けオンライン英会話のフロントラインとして生徒様と接する講師の教育や採用は事業全体の中でとても重要な役割です。