This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

Zendeskのコミュニティチャンピオンを頂きました。

こんばんは。Wantedlyのビジネスサイドの開発チームでディレクターをしております仲野と申します。

大変嬉しいことに、この度Zendeskさんより「Zendesk Community Champion」賞をいただきました🎉 Zendeskのユーザーコミュニティ「Zenlab」での登壇やのコミュニティ内での活動について評価いただけたようです。

(写真真ん中は、Zendesk CEOのMikkel Svane氏。日本のコミュニティを楽しんで頂けたようです)

▼Zendesk Community Champion

発表の詳細はこちら:https://go.zendesk.com/community-champion-2018

参考:Zendesk

このコミュニティは、Zendeskを利用している企業のCS担当の皆さんと運営しています。イベント当日はCSのキャリア構築について、クックパッド渡邉さんやiCARE富樫さんとパネルディスカッション等でお話しをさせて頂きました。


私はWantedlyで初めてCS業務を担当したため、始めは右も左も分からない手探り状態で業務を構築して来たのですが、3人のスモールチームから、ビジネスが加速しチームが急拡大した時も効率性を全く失わずに業務設計が出来ました。それもこのZendeskの高い機能があったからだと思っています。

CSの方はご存知の話だと思いますが、実はプロダクトや新機能のリリース時には、裏側でも様々な事前準備が発生します。

QA作業やドッグフーディングでの使用感のまとめ、エンジニアへの最終仕様の確認、ヘルプ記事の準備、お客様から入るであろう質問の想定と回答、関係部署へのナレッジ共有、お客様への告知文の準備、メンバーの育成などなど、、、幅広い視野でメンバー一丸となって一気に進めていく必要があります。

加えて、弊社はリリーススケジュールが非常にタイトです。通常よりも事前の準備に取れる時間は短いので大変な時もあるのですが、ブログのように簡単に作れるZendeskのヘルプ記事や、チケットのマクロやトリガのおかげで、毎回スムーズにCS業務を進めることが出来ています。改めて、スタートアップいや、CSがある企業さんにとって、大変ありがたいツールだと思います。

(あとは分析機能のインサイトの設定が、もっとユーザーフレンドリーになれば嬉しいです!)


Zenlabのような愛されるコミュニティを目指して、私達Wantedlyでもコミュニティ活動を頑張っていきたいと思います。応援して下さい!

ということで、Zendeskを使ってカスタマーサポートやカスタマーサクセス、またはZendesk関連の開発がしたいというエンジニアの方がいらっしゃれば、一度弊社に遊びにいらっしゃいませんか?来る9月5日の夜にオフィスツアーを開催いたしますので、ご興味がある方は下記の弊社ページより募集をご覧ください。

https://www.wantedly.com/companies/wantedly

スタッフ一同、お会いできるのを楽しみにしております😃

Wantedly, Inc.'s job postings
28 Likes
28 Likes

Weekly ranking

Show other rankings