This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

力を持て余しているPRプランナーにSOELUをおすすめしたい2つの理由

こんにちは。女性専用ライブフィットネスブランドSOELU(ソエル)のショウ(@jiang_shihao)です。ヘルスケア&ビューティー領域でOnly1かつNo.1のブランドをつくりあげるべく、各ポジションで採用強化中です。

今回は、今年4月以降当社が成長スピードのギアを変えていく上で、超絶重要ポジションになるまだ見ぬ「PRプランナー」が、もしSOELUに参画したらどれくらい刺激的か、記事にしたいと思います。

現在不満を抱いてるPR会社のメディアサイドの方や、事業会社の広報担当の方には是非ご一読頂きたいです。

■あなたのくすぶっている原因はなんですか?

今PRの仕事をされてる皆さんは、何かしらの商品/サービスを世の中に広めようと、日々プランニングし、メディアに取り上げてもらうよう奔走されていることかと思います。
ですが「私、今くすぶっている」と思っている方は、以下のようなことに思い当たる節がありませんか?

<a>取り扱っている商品が、
- 提供価値が競合とほぼ差別化されてない
- 本質的な価値を提供出来てない

<b>PR戦略立案から実行に至るまでのプロセスで、
- 経営者と直接議論し、PR戦略を一緒に組みたてられていない
- 経営者に直接且つ適切に評価されていない
- クライアントorメディアサイドのみしか担当出来ずもどかしい
- そもそも、商品開発から口出して、もっとPR活動しやすい商品にしたい

もし、そういった不満が溜まってしまっている方に対して、私は自信を持ってお伝えしたいです。

このような問題意識を持っていること自体が素晴らしいことです!
あなたこそ、我々が必要とする人材であり、SOELUはあなたの持て余している力を思う存分振るえる環境をご用意できます。

その理由をご説明します。

理由1.「日本初」のUXを提供しているカルチャー創出型のサービスだから

SOELUがチャレンジしているのは、今まで日本のみならず世界でもまだ認知度がほぼゼロの「ライブフィットネス」という新しい市場カテゴリーをつくる、いわゆるカルチャー創出型のビジネスといえます。僕らは「betterではなく、differentな体験をつくっている」とも表現します。

パッとイメージが湧かない方のために、カルチャー創出型のビジネスをいくつか挙げてみたいと思います。

・airbnb


「暮らすように旅をする」体験が、今でこそ当たり前になっているが、サービスイン当初は誰もが「赤の他人の家に泊まるなんて!」と使われませんでした。

・QBハウス


今でこそ時短・低単価でささっと散髪したいという大きなニーズを満たしているQBハウスですが、当初は「10分間で1000円カットなんて、美容院と比べたら月とスッポン!」と、美容院業界は相手にしませんでした。

・ソシャゲ(ガチャ)


皆さんご存知、釣りスタ・怪盗クロニクルなどを始めとする黎明期のソシャゲも、当時のコンシューマーゲーム業界やゲーム好きに「こんなポチポチゲーに誰が課金するのか」とバカにされていました。

ビデオチャットを使った少人数グループレッスンを提供するSOELUも、最初はいろいろ言われました。

「自宅で運動するスペースは取れない」
「スマホの小さい画面では見づらくて誰もやらない」
「youtubeの動画で十分じゃね?」
「ジムとかスタジオでよくない?」

しかし、蓋を開いてみたら沢山の方に「こういうのを待ってた!」「SOELUならちゃんと家でも続けられそう!」「動画だと続かないけど、SOELUなら続く!」と、僕らの期待をも上回る高い評価を、一度でも無料体験したユーザーから数多く頂いております。


詳しい数字は直接お会いした時に言いますが、目まぐるしくライフステージが変化する20代後半~40代前半にとって、どのフィットネス事業者よりも長い継続率を実現出来ていると思います。

この事実も含め、「ライブフィットネス」という新しいカルチャー/カテゴリーの先駆け事業会社のPR担当として、胸を張ってメディアの方にご紹介できる商品になると思います。

理由2.ブランドに大きく投資していくから

SOELUは「自宅で30分のグループレッスンを提供する」機能的価値だけを提供するサービスとして終わらせるつもりはありません。私達が目指すのは、情緒的価値や自己表現価値も満たす「女性のこころとからだ、そして笑顔に寄り添うブランド」です。そのブランドの目指す世界観を、ビジュアル面も含め徹底して作り抜きます。

PR担当のミッションは、ライブフィットネスという新しい市場カテゴリーの認知度を上げるだけではなく、ブランド自体のプリファレンス(好感度)を上げるPR企画にも是非チャレンジして欲しいです!

せっかくなので、当社CMO小林が策定したSOELUのブランドガイドライン資料(100ページ超)を一部公開します。








如何に僕らのブランドが、機能的価値以外の情緒的価値や自己表現価値の提案にコミットしているかの一端が伝わればうれしいです。

<結論>
今PR担当がSOELUに参画した場合、経営チームと議論しながら、「ライブフィットネス」マーケット自体の認知度向上と、「SOELUブランド」のプリファレンス向上という2つのミッションが与えられるため、思う存分力を振るえる最高のタイミングになります。

もちろん、今のSOELUのUX自体もまだまだ理想からはほど遠く、非連続的な進化が必要です。よって、ユーザー目線・メディア目線の両側面から、もっと大きなトレンドになるよう、PR担当からUXデザインへの口出しも大歓迎です。

決して簡単ではないですが、成功したら「ワタシがこの市場とブランドを育てた!」と胸を張れる実績になると思います(笑)

裁量性が大きい分、報酬も給与+ストックオプション含め、最大限の誠意を持ってオファーさせていただきます。

我こそは!という方は、是非wantedly経由でご応募ください!

株式会社ワクテク's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings