This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

What we do

毎年ウェブ解析士会議では数百人のウェブ解析士が日本中から集まります
アジア各国のウェブ解析士と交流もしています!
規模・地域を問わずあらゆる企業がデジタルマーケティングで成功するために、ウェブ解析士を育成しています。 ウェブ解析士は2010年に始まった認定資格。事業の成果につなげることをミッションに、単なるウェブの改善ではなく事業の改善を志すプロ集団です。 最新のデジタルマーケティングを学べるカリキュラムや試験を開発します。 また、ウェブ解析士や一般企業がどこでも最新のマーケティング事例を学べるセミナーや動画コンテンツを開発しています さらに一般企業がデジタルマーケティングを行いたいときに必要な人材の採用や、最適なパートナーとあるウェブ解析士を紹介するというようなマッチングも私たちの大事な仕事です。 受講生数2万人を超えたウェブ解析士ですがウェブ解析士協会のKGI(Key Goal Indicator)はウェブ解析士の数ではありません。ウェブ解析士が企業の売上や収益に貢献しているかどうかを一番大事にしています。 だから私たちのKGIはウェブ解析士の年収です。 ウェブ解析士が企業に貢献できていれば彼らの所得も増え、結果デジタルマーケティングは社会に貢献できている指標になると考えています。 だから、もっと有用なウェブ解析士を育てるため、すぐれた教育、実践機会、採用や仕事獲得の機会、それら全てを提供するために私たちは日々世界中のデジタルマーケティングのスペシャリストと交流をしています。 現在シンガポールにも拠点があるウェブ解析士協会はマレーシアやフィリピンなどの東南アジアを中心に英語でのトレーニングも実践しています。 日本発のウェブ解析士が世界中の一般企業が導入することで、誰でもデジタルマーケティングが出来る世の中を目指して、「人」を変えていこうという試みを日々しています。

Why we do

NUSすなわち、東南アジアで一番の大学であるシンガポール国立大学でのDIGITAL MARKETINGのWORK SHOP写真です。
Googleシンガポールオフィスにてのお写真。デジタルマーケティングの無料セミナーを行いました。土日にもかかわらず、弁護士や中小企業診断士の方、現地のビジネスマンなど、幅広いバックグラウンドを持つ人々が参加してくれました。
あらゆる企業がマーケティングデータをもとにビジネスを成功させるためです。 マーケティングデータとはユーザやお客様の声です 本当に必要とされているサービスや商品をデータから「声」として読み解き、もっとユーザを幸せにする製品を作る企業を作るには、出発点はユーザです。 ウェブ解析士はウェブ解析という最もユーザに身近なスマホやソーシャルメディアのデータをもとに、ユーザの声を数字として企業に伝える役割を担うためです。 私たちはユーザの声をデータで企業に示した結果、ビジネスが大きく伸びたケースを何度も経験しました。零細企業が大手企業をしのいだケースもあります。 この可能性を1社でも多く知ってほしい! データを示すことで企業や組織が大きく変わる瞬間を一人でも多く知ってほしい そんな思いから日々セミナーや勉強会をしています。

How we do

インターポールでのデジタルセキュリティセミナーの際のお写真です。
【Twitterトレンド3位入り!】ウェブ解析士会議2018
ウェブ解析士協会の事務局は表面的には代表理事と数名の事務局メンバーによって運営されています。 しかし、その背後にはウェブ解析士協会会員約10,000人のウェブ解析士がサポートしています。 だから、プロジェクトごとに膨大な人数と企業が関わっています。すべてがジョイントベンチャー的なプロジェクトと言っていいでしょう。 このような会社や社員という関係を飛び越えた「教える」「学ぶ」コミュニティによってウェブ解析士協会は支えられています。 世界で活躍するアナリストや、第一人者と呼ばれる人が普通にプロジェクトに関わっています。 海外のメンバーもたくさん関わっています。 テキストを出版したり、取材したり、動画を撮影したり、それぞれウェブ解析士をとったスペシャリストが関わっています。 彼らを動かしているのは「お金」ではありません。「もっと多くの人に学んでほしい」「同じ志で一緒に仕事をしたい」という思いからです。 プロとして仕事をするには誇りが大事です。誇りを感じられる一流がいつも集まって仕事している場がウェブ解析士協会です。 一方で一般社団法人という性質上、中立的な立場でどこの派閥やグループにも属していません。 そのため、本来ならライバル関係にあるような企業とも容易に連携、共存することができます。世界中のデジタルマーケティング企業と中立性を生かしたコラボレーションができ、人脈が広がるのも特長です。 中立性を生かして、本来ありえない人たちがあつまって様々なサービスやコンテンツを作ることができるのです。 そして、飲み会やイベントが多いのもウェブ解析士協会の特長です。 代表理事が羊齧協会や全日本パクチー協会などもお手伝いしているので、様々な飲み会やお食事会が開催されます。 飲み会でもみなさんほとんどウェブ解析の話ばかりしています。真面目といえば真面目ですが、それだけ皆さん好きなのですね。 仕事が好きな人があつまって仕事しているのでウェブ解析士協会はここまでやってくることが出来た、とも言えるでしょう。