This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

【インターン生インタビュー】大学1年生の私が長期インターンに飛び込んだワケ

こんにちは、vivit採用担当の中澤です!

vivitでは、営業企画マネージャーや編集/ディレクターをはじめとして、各種ポジションで働いていただける方、また長期インターン生を大募集しています。

今回は長期インターン生の黒澤さん(通称ミッフィー)に、入社理由やミッフィーから見るvivitの魅力を聞いてみました。

大学1年生にして長期インターン生に、その理由とは?

ーー経歴と今の役割を教えてください!

現在、東京理科大学の3年生です。ジョインした当時からずっとライター業務をしています。商品開発にも興味があったので、プライベートブランドに関わりたいと志願し、ECサイトを作るお手伝いもしています。

ーーインターンをやり始めたきっかけはなんでしたか?

私がvivitにジョインしたのが大学1年生の秋です。当時の自分を振り返ると、大学では後期授業が始まるのに、何もしていない!という焦燥感に駆られていました。「気づけば、就活は始まっているんじゃないか」って。そんなある日、起業家さんが講演をしてくれる大学の授業がありました。その方曰く、インターンは早めにしたほうが良いということで、とりあえずインターネットで探し始めたのがきっかけですね。

ーーそんな中、アウトドアメディアであるvivitを選んだ理由はなんですか?

大学に入る前から、商品開発をしたいという想いがありました。でも実際、何がしたいかまではよく分かっていなくて。そこで、自分が幼い頃から取り組んできたことはなんだろう、好きなことはなんだろうと考えた時に“キャンプ”に辿り着きました。初めにvivitを選んだ理由としては、「インターン キャンプ 企業」の検索ワードでヒットしたのがここだけだったということが大きいです(笑)。ただ、もちろんWantedlyの記事から業務内容を確認して、「楽しそう」「自分に向いている」と思えたので、決断に至りました。また、将来アウトドアの商品開発をしたいという夢がある中で、自分には知識が足りないという自覚がありました。そこで、アウトドアメディアのライターとして記事を書くことで、生きた知識を身につけようと思ったのも理由の一つです。


vivitでの長期インターンが持つ魅力

ーージョイン前に感じたvivitの魅力は具体的になんですか?

面接までに様々なvivitでのインターンに関する記事を読んだのですが、「成長できる」という言葉が常に使われていた点ですね。「成長したい人や意欲がある人に来てもらいたい」と、多くの記事に書かれていたことが、私の価値観とマッチしていて、ビビっときました。

ーー逆に不安はありましたか?

大きく二つありました。まずは、インターンという制度について、よく知らなかったことが一つです。当時、会社で働くことは、バイトとは違って、スーツで出社して、必死な顔で働いて…みたいなイメージを強く抱いていました。ただ実際面接に来てみると全く違う光景に驚いたのを、今でも鮮明に覚えています。皆さん私服で出社されていて、会社には音楽が流れていて。かなり価値観の変わった瞬間でしたね(笑)。また初めてオフィスに行った時から、すごく積極的に話しかけていただき、雰囲気が好きになりました!もう一つは、会社では何をすれば良いのか分からなかったという点です。もちろん業務内容は確認して面接に臨んだのですが、「会社」に対する知識がない私にとっては、具体的なイメージが湧きませんでした。それを面接で率直に伝えると、まずは体験という形で入社が決まり、実際に記事を書く経験をさせてもらえたんです。なので、そこもすぐに解消しました。

ーーなるほど、雰囲気に惹かれたということですが、実際に入社して、社員との関わりも多いですか?

入社した当初、名前の「海風(みふ)」から「ミッフィー」というあだ名をつけていただいたんです(笑)。そこでぐっと距離が縮まって、多くの社員さんとお話しする機会が増えました!もちろん記事を編集して、そのフィードバックをいただくといった関わり方はあります。ですが、それ以外に、よりプライベートなところだと、ランチに行ったり、一緒に飲みにいくインターン生もいます。かなりフランクな関係で「お兄ちゃん、お姉ちゃん」という感じです。仕事とプライベートでスイッチを切り替えながら、様々な面で社員さんと関わることができる環境です。


「やりたいことに全力で向き合う」という姿勢

ーー自身が成長を実感する瞬間はありますか?

ジョイン当初には多かった原稿の修正が如実に減ってきたことが、最近の成長の1つです。ただそれ以上に、半年に1度の「vivit awards」で、ベストインターン賞をいただいた時が最も成長を実感できました。私自身、コツコツ頑張っていることを他人に認められた瞬間が、最も成長を感じるんですよね。「賞」という結果で評価されることは、とても分かりやすくて良い制度です。

ーーインターン生同士の仲は良いんですか?

インターン生同士も良い意味でフランクに関われています。前述の「vivit awards」のような制度があると、悪い関係になるのではないかと思われがちです。しかし、全員が「そりゃそうだよね」と納得できるほど努力をしている人に与えられる賞なので、受賞の瞬間は「おめでとう!」の言葉が飛び交うほど、日々切磋琢磨しています。また、アウトドアイベントの手伝いにも参加することがありますが、必然的にインターン生同士の交流も増え、その度に仲良くなることが多いです。

ーー働いていて心動く楽しい瞬間はありますか?またどんな時でしょう?

先日アウトドアメーカーの取材をさせていただき、先方の社員さんとお会いすることで、将来像をより明確に持つことができました。元々アウトドアメーカーに勤めたいという想いが強いので、実際の働き方についても教えていただき、とても勉強になりました!これは、普通の学生ではなかなか体験できないことだと思います。とても楽しく、心動いた経験でした。また、自身が「hinata」に深く関わりを持つにつれて、SNS等で「いつも見てます!」といった生の声をいただくことが増えています。その度に、「これからも頑張ろう!」という気持ちが沸々と湧き上がってくるので、とてもワクワクする瞬間ですね。

ーー最後にこれからvivitにジョインする仲間に向けて、メッセージをお願いします!

私は、アウトドアに興味があったのはもちろんですが、やりたいことができるという環境を求めてジョインしました。ただ、アウトドアに興味がなくても、目的+やる気があれば、何でも出来る環境です。まずは恐れずに、飛び込んできてほしいと思います!

vivit株式会社's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more