This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

できたてほやほやの「キャンプ手当制度」を使って、ソロキャンプを満喫してきました!!

こんにちは。vivitで編集・ディレクターをしている犬塚です。2019年7月にvivitで導入された制度「キャンプ手当」をご存知ですか?なんと、キャンプにかかる費用を会社が負担してくれるという、キャンパーにとっては神のような制度なんです!これは、キャンパーなら使わない手はない!ということで、早速キャンプ手当を使って、キャンプに行ってきました!


今回訪れたのは、千葉県にある「昭和の森フォレストビレッジ」。この日はあいにくの雨でしたが、逆に人が少なくてラッキーだな、というポジティブシンキングでキャンプに出かけました!


今回は、珍しくソロキャンプ。ソロキャンプなのに、せっせとランステを設営して、一人の時間を楽しみました。僕は車を持っているわけではないので、キャンプへ行くときはレンタカー。4~5人で割り勘するならいいですが、ソロキャンプでレンタカーを借りるとなると、かなり割高になってしまいますよね。。。今までであれば、レンタカーで行くソロキャンプは費用面も考えると足が遠のいてしまっていました。その点、このキャンプ手当ができたことで、心置きなくソロキャンプを楽しむことができるようになったのです♪

もっと足繁くキャンプに行きたいけれど、多少は費用面も気になってしまいますよね...。その点、vivitのメンバーは、「キャンプ手当制度」ができたことで、心置きなくキャンプを楽しむことができるようになりました!!

vivitは、アウトドアwebマガジン「hinata」をはじめ、アウトドアに関するto Cサービスを展開する会社です。そのため、アウトドアに出かければ出かけるほど、自分たちのサービスをユーザー視点で見つめ直す機会になります。「遊びを仕事に還元できる」というのは、かなり魅力的じゃないですか!?そして、アウトドアに出かけることを会社がサポートしてくれるのも、手前味噌ですが、とても素敵だなと感じています!


vivitは現在、多方面で絶賛人員募集中。キャンプやアウトドアが好きな方からのご応募、お待ちしてます!キャンプ手当を使って、一緒にキャンプに行きましょう!!

vivit株式会社's job postings
5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more